カスタムLUTの保存

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Saving Custom LUTs カスタムLUTの保存

Fusionで異なるビューLUTを作成して使用するには、さまざまな方法があります。

ビューアの設定を保存するときにLUTを保存したり、Fusionや他のアプリケーションからエクスポートされたLUTをインポートしたり、サポートされているさまざまなLUTファイルタイプのいずれかを開くことができます。

さらに、Fusionの標準ツールを使用してマクロを作成し、保存してLUTとして使用することもできます。

LUTの設定

Fusion ViewのLUTエディタを使用して作成したLUTを保存する最も簡単な方法は、ViewerのコンテキストメニューにあるLUT>保存メニューを使用することです。

設定は、LUTsフォルダに拡張子.viewlutのASCIIファイルとして保存されます。そのフォルダ内にあるこの拡張子を持つファイルは、ロードを容易にするためにImage LUTメニューに表示されます。ビューアのコンテキストメニューからLUT>読み込みを選択することで、メニューにない設定を読み込むこともできます。

ビューア設定の使用

LUTを変更した場合、ビューアのコンテキストメニューから[設定]> [新規保存]を選択すると、すべてのLUT曲線とゲイン/ガンマ値を含むビューアの設定がすべて保存されます。

ビューアのコンテキストメニューから[設定]> [ファイル名]を選択すると、これらのファイルを別の名前で保存し、各設定ファイルをいつでも再ロードできます。同じメニューから「デフォルトを保存」を選択すると、これらの設定がすべての新しいコンポジションの標準になります。

LUT曲線の使用

View LUT編集ウィンドウは、LUTカーブのインポートとエクスポートに使用できます.

LUTカーブをASCII形式または保存形式でエクスポートできます。 ASCII(.alut)ファイル形式は、他のソフトウェアとLUTカーブを共有するのに便利ですが、よりコンパクトで正確で、さらに編集することができるため、Saved(.lut)ファイル形式がFusionに適しています。 ASCII LUTファイル形式の詳細については、ASCIIインポートの付録を参照してください。

LUTをエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1.  ViewerツールバーのLUTボタンをクリックして有効にします。
  2.  ViewerツールバーのLUTポップアップメニューをクリックして、Editを選択します。
  3.  LUTカーブエディタを右クリックし、LUTの書き出しを選択します。
  4. ファイルブラウザウィンドウの下部にあるLUT形式を選択します。
  5.  LUTの名前を入力し、[保存]をクリックします

LUTインポートオプションは、LUTファイルをカーブエディタにロードします。

または、ファイルがFusionのLUTsフォルダ(Fusion>環境設定>グローバル>パスマップ> Mac OS X上のLUTSまたはファイル>環境設定>グローバル>パスマップ> WindowsのLUTS)、LUTポップアップメニューのリストに表示されます。

これは、ビューア間、またはカラーカーブツールまたはFusionの他のLUTエディタとの間でLUTを移動する方法の1つです。

LUTファイル

LUTsフォルダ内のサポートされているLUTファイルは、LUTポップアップメニューまたはビューアのコンテキストメニューから選択することで使用できます。

これには、Fusionの.lut、.alut、.alut3フォーマット、.shlut、.look、.3dl、.itxフォーマットなどの1Dおよび3D LUTが含まれます。

これは、異なるプロジェクトの標準フォーマットのLUTファイルにアクセスする便利な方法です。

 

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。