カラーチャンネルの選択

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Choosing Color Channels カラーチャンネルの選択

合成時には、イメージ全体のRGBカラー全体を処理するだけで、イメージ内の個々のカラーコンポーネントまたはチャネルを処理します。

ビューアとサブビューは、画像を構成する別々のカラー、アルファ、およびデプスチャンネルを表示できます。

デフォルトのビューは完全なRGBカラーチャンネルですが、表示されるチャンネルを変更するには、チャンネルツールバーボタン、ビューアのコンテキストメニュー、またはキーボードショートカットを使用できます。

色、アルファ、および深度チャンネルを切り替えるためのチャンネルツールバーボタン

ボタンを直接クリックすると、完全なRGBカラーとアルファ、または現在表示されているチャンネルが切り替わります。ツールバーボタンの右側にある三角形は、チャンネルのリストを表示します。

次のホットキーは、アクティブビューに表示されているチャンネルを切り替えることができます。

  • C – フルRGBカラー表示
  • R – 赤チャンネルを表示する
  • G – 緑のチャンネルを表示する
  • B – 青のチャンネルを表示する
  • A – アルファチャンネルを表示する
  • Z – Zバッファーチャンネルを表示する

非カラーチャンネルの表示

ビューアは、キーボードショートカットを使用してRGBAおよびZチャンネルをサポートしますが、他のチャンネルもサポートしています。 Open EXRなどのファイル形式には、レンダリングされた3D画像を合成する際に、より多くの制御を提供する補助画像データが含まれていることがよくあります。ビューアで補助画像データを表示するには、RGBボタンの右にある矢印をクリックしてポップアップメニューを表示するか、ビューアを右クリックしてチャンネルを選択します。 [Channels]サブメニューから、表示する補助チャンネルを選択します。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択

 

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。