色深度

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Color Bit Depths:色深度

ビット深度という用語は、イメージを構成するために使用されるカラーパレットで使用可能なカラーの数を表します。
ビット深度が高いほど、画像内の色の精度が高くなり、従って、色の再現が大きくなる。
微妙な変化を伴うグラデーションでは、より高い精度が最も明白です。
ビット深度の低い勾配は顕著なバンディングアーチファクトを有し、ビット深度の高い画像はより多くの色を再現することができるので、バンディングアーチファクトがある場合にはそれが少ない。
Fusionは、チャンネルごとに8ビットの整数、16ビットの整数、16ビットの浮動小数点および32ビットの浮動小数点ビットを使用して画像を処理するように設定できます。

一般的に、8ビットの整数カラー処理は、ビデオフォーマットで最も低いビット深度です。
8ビット画像は、古いまたはコンシューマーグレードのビデオ機器からのものです。
8ビットイメージで重要なガンマ補正または色補正を実行しようとすると、より目立つバンディングが見られることがよくあります。

16ビット整数の色深度は、8ビット整数画像よりも精度が倍増し、グラデーションをステップ実行してカラーの解像度を向上させる問題を排除します。
16ビットの整数色は、標準のデジタルフィルム処理で表現できるすべての色を快適に含みます。
8ビットクリップに対して16ビットの整数処理を選択することはできますが、元のファイルにすでに存在するバンディングを減らすことはできませんが、クリップにエフェクトを追加するときに精度を高めることができます。
さらに、多くの10ビットYUVフォーマットでは、8ビットではなく16ビットのRGBAをロードすると利点があります。
ただし、16ビット整数は、シャドウとハイライトを0〜1、黒を0、白を1に制限します。

これは、Blackmagicなどの多くのデジタルカメラが、0より下のシャドウ領域と1より上の鏡面ハイライトでオーバーレンジ値をキャプチャできる形式で記録することを認識するまで、完璧に再現されます。

16ビットの浮動小数点の色の深さは、標準の16ビット整数の色深度からわずかな精度を犠牲にして、0より小さく1より大きい色の値を格納できるようにします.16ビットの浮動小数点は、 OpenEXR形式であり、ほとんどのフィルムとテレビの目的に十分なダイナミックレンジを含んでいますが、フルフロートの32ビット画像に必要なメモリと処理時間が大幅に短縮されます。

オーバーレンジ値を維持すると、ハイライトを維持したまま露出を変更することができます

32ビット浮動小数点数は、0より下のシャドウ領域と1より大きい浮動小数点数を扱うことができます。

 

プロジェクトの設定

画像の読み込み

色深度

色深度の設定

イメージをリニアカラースペースに変換する

 

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。