Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Color Wheel and Picker  カラーホイールとピッカー

[カラーピッカー]は、パラメータがテキスト+ツールの[塗りつぶし]または[アウトライン]のように、値として色を必要とする場合はいつでも表示されます。

選択した色は、選択ボタンの下にある色見本に表示されます。 スワッチには2つの半分があります。

左半分は色を示し、右半分はチェッカーボードの背景にオーバーレイされた色を示し、透明度をプレビューします。

透明度プレビューを使用した色見本

カラーピッカーは非常に柔軟性が高く、色を選択して表示する4つの異なるテクニックがあります。

ヒント:[環境設定]> [一般]パネルで目的の範囲を設定することで、色を0-1,0.255、または0 – 65000で表すことができます

Mac OS XおよびWindowsのカラーツール[選択]ボタンをクリックすると、オペレーティングシステムの標準カラー選択ツールが表示されます。

Mac OS Xカラーパネル

Windowsカラーダイアログ

各オペレーティングシステムのレイアウトは若干異なりますが、一般的な考え方は同じです。

提供された色見本、Mac OS Xのカラーホイール、またはWindowsのカラーパレットから色を選択できます。

ただし、色を選択した場合は、選択を適用するにはOKをクリックする必要があります。

カラーホイール内蔵のカラーホイールにアクセスするには、ピックボタンの上にある小さな開示矢印をクリックします。

内蔵のカラーホイールには、グレースケール値のルミナンスバーと、色相、彩度、輝度の編集ボックスがあります。

テキスト+ツールのカラーホイール

イメージからの色の選択
ビューアーで画像の色を一致させる場合は、カーソルを「選択」ボタンの上に押し、カーソルをビューアーにドラッグします。

カーソルが点眼薬に変わり、あなたが上に乗っている色とその値でポップアップスウォッチがカーソルの上に現れます。

あなたが望む色を超えたら、マウスボタンを放して色を設定します。

色見本付きの点眼薬

カラーピッカーは通常、画像内の1つのピクセルから選択しますが、アイドロップを使用してビューアにドラッグし、コマンド(Mac OS X)またはCtrlキー(Windows)を押しながら矩形をドラッグして選択範囲のサイズを調整できますあなたが望むサンプル側のために。サイズ変更は、サイズが再び変更されるまで、すべてのカラーピッカーに適用されます。

グラジエント

[グラデーションコントロール]バーは、色の間に段階的なブレンドを作成するために使用されます。

グラデーションバーには、最初から最後まで使用された色のプレビューが表示されます。

デフォルトでは、開始色を決定する左側に1つ、終了色を決定する右側に1つずつ、2つの三角形のカラーストップがあります。

グラデーションタイプ

[グラデーションタイプ]ボタンの配列は、グラデーションの描画に使用するフォームを選択するために使用します。

Linearは、開始カラーストップから終了カラーストップまでの直線に沿ってグラデーションを描画します。

線形勾配

Reflectは、開始点のいずれかの側で直線勾配をミラーリングすることによって勾配を描画します。

勾配を反映

Squareは、開始点が画像の中央にある場合に、正方形のパターンを使用してグラデーションを描きます。

四角勾配

始点が画像の中心にあるときに十字は十字パターンを使用して勾配を描画します。

クロスグラデーション

始点が画像の中央にある場合、Radialは円形パターンで勾配を描きます。

放射グラジエント

開始点が画像の中心にあるとき、角度は反時計回りの掃引で勾配を描画します。

角度勾配

開始位置と終了位置

開始位置と終了位置のコントロールには、グラデーションの開始位置と終了位置を微調整するのに便利なXとYの編集ボックスがあります。

位置の設定は、ビューアのスクリーンコントロール上の2つの十字線でも表されます。

これは、初期位置決めの方が実用的かもしれません。

グラデーションカラーバー

[グラデーションカラー]バーは、グラデーションのブレンドカラーを選択するために使用します。

デフォルトの2色停止は開始と終了の色を設定します。

グラデーションで使用する色を変更するには、カラーストップを選択し、アイドロップまたはカラーホイールを使用して新しい色を設定します。

カラーバーを使用してグラデーションの色を追加、移動、コピー、削除することができます。

グラデーションカラーバーにカラーストップを追加するには、次の手順を実行します。

  1.  グラデーションカラーバーの下部にある任意の場所をクリックします。
  2.  アイドロップまたはカラーホイールを使用してカラーストップの色を設定します。

カラーバーのカラーストップを移動するには、次の操作を行います。

  • グラデーションカラーバーに沿ってカラーストップを左右にドラッグします。

カラーバーのカラーストップをコピーするには、次の手順を実行します。

  • コマンドを保持(Mac OS X)またはCtrlキー(Windows)を押しながらカラーストップをドラッグします。

カラーバーからカラーストップを削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  •  カラーストップをグラデーションバーの上にドラッグします。
  • カラーストップを選択し、赤いXボタンをクリックして削除します。

グラディエント補間法

[勾配補間法]ボタン配列を使用すると、カラーストップ間の色を計算するために使用する色空間を選択できます。

グラデーション補間法ボタン配列

オフセット

オフセットコントロールを調整すると、グラデーションの位置が開始マーカーと終了マーカーに対して相対的に移動します。このコントロールは、以下に説明するリピートモードとピンポンモードと組み合わせて使用​​すると最も便利です。

一度/繰り返し/ピンポン

これらの3つのボタンは、オフセットコントロールが開始位置と終了位置を過ぎてグラデーションをスクロールするときに、グラデーションの動作を設定するために使用されます。

オフセットが終了色を超えたときに開始色までループを繰り返します。

ピンポンは色のパターンを逆に繰り返します。

 

 

  1. コントロールパネルの概要
  2. コントロールパネルインターフェイス
  3. コントロールウィンドウのスケーリングとパン
  4. コントロールパネルの表示設定
  5. コントロールヘッダによる選択と表示
  6. コントロールの種類
  7. レンジコントロール
  8. カラーホイールとピッカー