Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Saving and Reusing Groups グループの保存と再利用

グループの最高の機能の1つはグループの機能であり、後で他のプロジェクトで使用するためにその設定を保存することができます。

グループは、フローノードエディタからビンにグループをドラッグするか、グループをクリックし、コンテキストメニューから[設定]> [名前を付けて保存]を選択することで保存できます。

グループを再利用するには、グループをコンピュータまたはファイルブラウザから直接フローノードエディタにドラッグします。

このようにして、フロー内に同じタイルを持つ新しいタイルを作成します。

また、すでに同じツールを含むグループがある場合は、フローノードエディタでグループを右クリックし、コンテキストメニューから[設定]> [読み込み]を選択して設定を読み込むことができます。

グループの保存と読み込みが必要な場合の例。

あなたのスタジオの主任アーティストは、マスターコンプを設定して、特にグリーンスクリーンをキー入力するためのグループを作成することができます。

そのキーグループは、キーを洗練し、マットを作り、クリップをきれいにする別のアーティストに渡すことができます。マスターに戻るバージョンが改善されると、これらの設定をリロードしてマスターコンプを更新することができます。

 

  1. フローノードエディタの概要
  2. ノードベース合成とは?
  3. フローノードエディタのナビゲートフローナビゲータ
  4. フローノードエディタツールタイル
  5. フローノードエディタへのツールの追加
  6. ツールバーからのツールの追加
  7. コンテキストメニューからのツールの追加
  8. ビンからのツールの追加
  9. ファイルブラウズからのツールの追加 ツールの削除
  10. ツールを表示する
  11. ビューアにドラッグアンドドロップする
  12. フロー内のツールを接続する
  13. 上流と下流のツール
  14. ツールを切断する
  15. フローを通してパイプをトレースする
  16. 分岐する
  17. 接続タイプ
  18. ツールを挿入する
  19. フローを整理する
  20. ツールを選択する
  21. 移動する ツール
  22. 切り取り、コピー、および貼り付けツール
  23. 貼付ツール設定
  24. テキストエディタからのコピーと貼り付け
  25. ツールの名前を変更する
  26. ライニングアップツール
  27. ツールをグリッドにスナップする
  28. グループ
  29. グループの展開と折りたたみ
  30. サブフローでのパンとスケーリング
  31. グループ化ツールのグループ解除
  32. グループの保存と再利用