コントロールの種類

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Types of Controls コントロールの種類

いくつかのツールではカスタマイズされたインターフェース要素が使用されますが、大部分のツールはスライダー、アングルホイール、チェックボックスを組み合わせて変更されています。

Slider Controls スライダコントロール

スライダコントロールは、ある範囲の値から単一の値を選択するために使用されます。

スライダーをドラッグするか、値を編集ボックスに入力して値を変更します。

これは、スライダーのかなり標準的な動作です。

ただし、スライダを使用して変更を加えるときに生産性を向上させる追加の機能があります。

ハンドルの左右にある溝をクリックすると、値が増減します。

コマンド(Mac OS X)またはCtrlキー(Windows)を押しながらガターをクリックすると、値が少しずつ調整されます。 Shiftキーを押しながらクリックすると、値が大きく調整されます。

コマンドまたはCtrlを押しながらガターをクリックすると、少しずつ増減します

スライダーハンドルを直接クリックすると、左右の矢印キーを使用して値を変更できます。 コマンド/ CtrlキーとShiftキーを使用して、値を大きくまたは小さく変更することができます。

スライダコントロールは最小値と最大値の範囲を使用しますが、その範囲外の編集ボックスに値を入力すると、スライダの範囲が広がり、新しい値が反映されることがあります。

たとえば、ぼかしサイズのスライダのデフォルトの最大値が100であっても、ぼかしサイズコントロールに500を入力することは可能です。

スライダは、これらの大きな値を入力できるように最大表示値を自動的に調整します。

 

スライダがデフォルト値から変更されている場合、小円形のインジケータがガターの下に表示されます。

この円をクリックすると、スライダーがデフォルトにリセットされます。

デフォルトのインジケータをクリックしてスライダをリセットすることができます

Thumbwheel サムホイール

サムホイールコントロールは、最大値または最小値を持たないことを除き、スライダと同じです。

調整を行うには、中央部分を左右にドラッグするか、値をエディットボックスに直接入力します。

サムホイールコントロールは、通常、角度パラメータで使用されますが、他の用途にも使用されます

サムホイールはX、Y、Zの回転を微調整して調整します。

コントロールの両端にある矢印を使用して調整を微調整することができます。

ドラッグまたは矢印キーを使用してサムホイールを選択したら、キーボードの左右の矢印を使用して値をさらに調整できます。

スライダコントロールと同様に、Command / CtrlキーとShiftキーを使用して、値の増減を増減できます。

サムホイールがデフォルト値から変更されている場合は、小さな円形のインジケータがサムホイールの下に表示されます。

この円をクリックすると、サムホイールがデフォルトにリセットされます。

 

  1. コントロールパネルの概要
  2. コントロールパネルインターフェイス
  3. コントロールウィンドウのスケーリングとパン
  4. コントロールパネルの表示設定
  5. コントロールヘッダによる選択と表示
  6. コントロールの種類

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。