コントロールウィンドウのスケーリングとパン

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Scaling and Panning the Control Window

コントロールウィンドウのスケーリングとパン

 

コントロールパネルとワークパネルまたはビューアの間で垂直スプリッタをドラッグすると、パネル全体の幅を広げることができます。

ほとんどのコントロールはパネルとともにサイズ変更されます。

これにより、スライダ、アングルその他のツールでより高い精度が得られます。


仕切りをドラッグしてコントロールパネルの幅を増減させます

コントロールの幅は約280ピクセルです。 その点を超えてパネルのサイズを小さくすると、サイズが変更されるのではなく、クロップされます。

コントロールパネルを上下にパンして、画面の表示部分からスクロールした部分を表示することができます。

コントロールパネルを上下にパンするには、次のいずれかの操作を行います。

  •   コントロールパネルの右側で、スクロールバーを上下にドラッグします。
  •   マウスの中ボタンを押し、コントロールパネル内で上下にドラッグします。

  1. コントロールパネルの概要
  2. コントロールパネルインターフェイス
  3. コントロールウィンドウのスケーリングとパン

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。