コントロールパネルの表示設定

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Control Panel Display Preferences コントロールパネルの表示設定

 

デフォルトでは、コントロールパネルで選択したツールのみが表示され、アクティブなツールのみがコントロールを表示するように展開されます。

ただし、Fusion> Preferences(Mac OS X)またはFile> Preferences(Windows)を選択し、User Interfaceプリファレンスを開いてこの動作を変更することもできます。

ユーザーインターフェイスの環境設定では、コントロールの表示を管理する2つのチェックボックスがあります。


[一般]カテゴリの設定を制御します。

自動コントロール非表示

[自動制御の非表示]オプションが有効になっている場合は、現在選択されているツールのみが表示されます。

他のすべてのコントロールはコントロールパネルから削除され、クラッタを軽減します。

これはデフォルトで有効になっています。

ツールが選択されるとこのチェックボックスが無効になると、コントロールは常にコントロールパネルに残ります。

自動制御ツールを閉じる

Auto Control Closeチェックボックスが有効になっていると、選択されているアクティブなツールのコントロールパネルのみが拡張されたコントロールになります。

選択したすべてのツールのコントロールは、コントロールパネルで自動的に折りたたまれます。

このチェックボックスのデフォルトは有効です。

  1. コントロールパネルの概要
  2. コントロールパネルインターフェイス
  3. コントロールウィンドウのスケーリングとパン
  4. コントロールパネルの表示設定

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。