Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Subviews サブビュー

サブビューは、メインビューア内にドッキングする小さなビューアです。 これは、画像に関するさまざまな視覚情報を表示するためによく使用されます。


「ヒストグラム」サブビューが表示された「サブビュー」メニュー

たとえば、RGBチャンネルはメインビューアで表示でき、アルファチャンネルはサブビューに表示されます。

ほとんどの場合、Subviewは独自のコンテキストメニューとオプションを備えた完全に機能的なミニビューアです。

他のビューアと同じキーボードショートカットおよびナビゲーションコントロールに応答します。

ただし、Navigator、Magnifier、Color Inspector、Image Infoなど、Subviewでのみ使用できるように設計されたいくつかのビュータイプがあります。

サブビューの表示/非表示

サブビューを有効にするには、表示ツールバーの[サブビュー]ボタンをクリックするか、コンテキストメニューから[ビュー]> [サブビュー]> [有効]を選択します。

Vキーは、アクティブなビューアでサブビューをオン/オフに切り替えるトグルとして機能します。

ビューアツールバーの[サブビュー]ボタン

サブビュータイプの変更

[サブビュー]ボタンは、デフォルトのヒストグラムサブビューまたは選択した最後のサブビューを有効または無効にします。

表示されるサブビュータイプを変更するには、サブビューボタンの右側にある小さな矢印をクリックしてポップアップメニューを表示するか、サブビューを右クリックしてサブビューのコンテキストメニューを表示します。

[サブビュー]ポップアップメニューとコンテキストメニューには、使用可能なすべてのサブビュータイプが表示されます。

リストから選択すると、選択が表示され、[サブビュー]ボタンを使用して、選択したサブビュータイプを有効または無効にすることができます。

メインビューでのサブビューのスワップ

キーボードのShift-Vを押すと、メインビューアとサブビューが入れ替わります。ビューアのコンテキストメニューから、ビュー>サブビュー>スワップを選択することもできます。

カラーインスペクタや拡大鏡などの特定のビュータイプは、サブビューでのみ使用できます。

このような場合、スワップは行われません。

ビューアとサブビューの種類

ビューアを変更してイメージに関するさまざまな情報を表示することはできますが、すべてのビュータイプを常に利用できるわけではありません。

たとえば、3Dビューアは2Dツールでは使用できず、一部の測定ビューアはサブビューとしてしか使用できません。

利用可能なさまざまなビューの種類に関する詳細情報は以下のとおりです。

2Dビューア

2Dビューアは画像を表示するためのデフォルトのタイプです。サブビューとして使用すると、ツールをサブビューにドラッグすると、メインビューアで使用されていない別のツールが表示されます。

これは、メインビューア内の同じツールの異なるビューだけではない、唯一のサブビュータイプです。


別のビューアとして使用されたSubview

3D画像ビューア

3D画像ビューアは、3Dカテゴリからツールを表示するときに使用できます。

サブビューとしての3D画像ビューア

ヒストグラム

ヒストグラムは、画像のコントラストおよびダイナミックレンジの問題を特定するために使用できる分析ツールです。 グラフには、浮動小数点画像の範囲外の色を含む、画像内の色の度数分布が表示されます。 横軸は、影からハイライトまでの色を示しています。 縦軸は、各レベルで発生する画像内のピクセル数を示しています。

ヒストグラムビューアにはグラデーション情報も表示されます。 From ImageおよびPerturb修飾子を使用してグラデーションを出力できます。 ヒストグラムに表現されたグラデーションを表示する必要がある場合は、モディファイアのタイトルバーをビューアにドラッグします。


イメージのコントラストとカラーキャストを評価するためのヒストグラムビューアタイプ

3Dヒストグラム

この高度なヒストグラムタイプは、3Dキューブ内の画像内のカラー分布を示します。

3Dヒストグラムの利点の1つは、浮動小数点および高ダイナミックレンジの画像でよく見られる範囲外の色を正確に表すことができることです。

位置、標準、速度などのベクトル画像を見るためにも使用できます。

他の3Dビューと同様に3Dキューブをナビゲートし、中マウスボタンでOption(Mac OS X)またはAlt(Windows)を押しながら回転するようにドラッグします 。


範囲外の色を評価するための3Dヒストグラムビューアの種類

ベクトルスコープ

Vectorscopeは、特定のタイプのビデオテスト装置の動作を複製し、クロミナンス信号の強度を視覚化するのに役立つ循環グラフを表示します。

画像のクロミナンスを評価するためのベクトルスコープビューアタイプ

 

波形

波形は、特定のタイプのビデオテスト装置の動作を複製し、放送信号の電圧または輝度を視覚化するのに役立つ線または棒グラフを表示します。


画像の輝度を評価するための波形ビューアタイプ

ナビゲータ

ナビゲータはサブビューでのみ使用できます。

これは、画像全体の小さな概観を提供し、長方形は、実際にメインビューアに表示される画像の部分を示します。

これは、メインビューで画像を拡大するときに便利です。


拡大表示中に画像をパンするナビゲータサブビュー

拡大鏡

拡大鏡はサブビューでのみ使用できます。 これは、メインビューアのカーソルの下にあるピクセルの拡大バージョンを表示します。


ズームしたイメージのバージョンを表示するための拡大鏡サブビュー

画像情報

Image Infoビューは、サブビューでのみ使用できます。

[画像情報]タブには、画像の上部に横棒が表示され、表示される画像のフレームサイズ、ピクセルアスペクト、および色深度に関する情報が表示されます。


サイズ、ピクセルアスペクト、および色深度情報を表示するためのImage Infoサブビュー

カラーインスペクタ

カラーインスペクタは、サブビューでのみ使用できます。

カラーインスペクタは、カーソルの下のピクセルのカラーチャネルに関する情報を表示します。

Zバッファ、XYZ法線、UVマッピングチャンネルなどの補助チャンネルであっても、すべてのチャンネルが表示されます。


画像の色を評価するためのカラーインスペクタサブビュー

メタデータ

このSubviewの内容は、あなたのイメージのメタデータの量に完全に基づいています。

ほとんどのローダーは画像の色空間とファイルパスを与えます。 そ

れがイメージに存在する場合、より多くの情報を表示することができます。


埋め込みメタデータを表示するためのメタデータサブビュー

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー