Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Tool Settings  ツール設定

ツールがフローノードエディタに追加されると、そのパラメータはデフォルト値に設定されます。

これらのデフォルト値は、[グローバル]> [パスマップ]> [デフォルト]プリファレンスに基づいて、ハードドライブの[デフォルト]フォルダに保存されます。 ツールのパラメータをフローに追加するとすぐにツールのパラメータを調整することができたら、ツールを右クリックして[設定]> [デフォルトに保存]を選択して、独自のカスタムデフォルトでデフォルト設定を上書きできます。

デフォルトの保存サブメニュー

すべてのツールの設定は、名前のテンプレートを使用して保存されます。 名前テンプレートはINTERNALNAME_PUBLICNAME.settingsです。

たとえば、ぼかしツールのデフォルト設定は、Blur_Blur.settingsと呼ばれます。

これは、部分的には、Fusionツールと同じ名前のプラグインツールがFusionツールのデフォルトを上書きしないようにすることです。

保存したデフォルト設定を削除するには、次のいずれかの操作を行います。

  • Defaultsフォルダからsettingsファイルを削除します。
  • ツールを右クリックし、[設定]> [デフォルトに戻す]を選択します。

コントロールパネルを使用してツールのパラメータ値を変更すると、それらの値をツールの設定として保存し、後で再利用することができます。

ツールバーまたはビンに設定をロードして、ツールコンテキストメニューから設定を取得することができます.

1つまたは複数のツールの設定を保存するには、次のいずれかを実行します。

  • ツールを右クリックし、コンテキストメニューから[設定]> [名前を付けて保存]を選択します。
  • ツールをビンにドラッグします。

[ファイルを保存]ダイアログが表示され、設定に名前を付けてハードドライブに保存することができます。

保存されたデフォルトとは異なり、.settingsファイルはファイルシステムのどこにでも保存できます。

デフォルト設定フォルダに入れる必要はありません。

ビンにドラッグすると、[ファイルの保存]ダイアログに基づいて設定が保存されますが、保存された設定のショートカットがビンに追加されます。

1つまたは複数のツールに保存された設定を読み込むには、次のいずれかを実行します。

  1. 設定を適用するツールを選択します。
  2. ツールを右クリックし、ツールのコンテキストメニューから[設定]> [読み込み]を選択します。

保存された設定は、設定ファイルをツールバー、ビンまたは標準のファイルブラウザからのフローにドラッグすることで、新しいツールを作成するためにも使用できます。

 

  1. フローノードエディタの概要
  2. ノードベース合成とは?
  3. フローノードエディタのナビゲートフローナビゲータ
  4. フローノードエディタツールタイル
  5. フローノードエディタへのツールの追加
  6. ツールバーからのツールの追加
  7. コンテキストメニューからのツールの追加
  8. ビンからのツールの追加
  9. ファイルブラウズからのツールの追加 ツールの削除
  10. ツールを表示する
  11. ビューアにドラッグアンドドロップする
  12. フロー内のツールを接続する
  13. 上流と下流のツール
  14. ツールを切断する
  15. フローを通してパイプをトレースする
  16. 分岐する
  17. 接続タイプ
  18. ツールを挿入する
  19. フローを整理する
  20. ツールを選択する
  21. 移動する ツール
  22. 切り取り、コピー、および貼り付けツール
  23. 貼付ツール設定
  24. テキストエディタからのコピーと貼り付け
  25. ツールの名前を変更する
  26. ライニングアップツール
  27. ツールをグリッドにスナップする
  28. グループ
  29. グループの展開と折りたたみ
  30. サブフローでのパンとスケーリング
  31. グループ化ツールのグループ解除
  32. グループの保存と再利用
  33. Instancing Tools
  34. コントロールのインスタンス化解除と再インスタンス化
  35. タイル画像の表示
  36. ツールの検索
  37. ツール設定