バッファLUTの適用

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Applying Buffer LUTs バッファLUTの適用

バッファーLUTは、ビューアーを右クリックし、グローバルオプション>バッファーLUT>有効化オプションを選択することによって、すべてのビューアーに設定されます。

Buffer LUTサブメニューには、マクロとヒューズを含むすべての既知のLUTタイプのリストが含まれています。

ビューアのコンテキストメニューにあるバッファLUTオプション。

 

バッファLUTは、通常はプロジェクト間で変更されないモニタ補正を適用する場合に便利です。

バッファLUTを削除するには、グローバルオプション>バッファLUT>有効を選択します。

 

Opening the LUT Editor  LUTエディタを開く

視聴者は、色補正が評価される主な領域であるため、視聴者のために再生されるときのコンテンツの外観を正確に表現することが重要です。

LUTエディタでは、最終的な再生デバイスのガンマとカラーの特性に合わせて、別々のカラーチャンネルを変更することができます。

ルックアップテーブルエディタを開くには、次のいずれかの操作を行います。

  1.  ViewerツールバーのLUTボタンをクリックして有効にします。
  2.  ViewerツールバーのLUTポップアップメニューからEditを選択します。または
  3.  Viewerで右クリックし、コンテキストメニューからLUT> Editを選択します。


デフォルトのFusion View LUT用のLUTエディタ。

カラーカーブツールと同様に、Fusion View LUTエディタはスプラインベースのカラー補正を使用します。

個別のカラーチャンネルを変更する機能に加えて、LUTにはゲインスライダとガンマスライダがあります。

[ゲイン]スライダは、表示された画像を一時的に明るくするか暗くするために役立ち、影やハイライトの詳細を簡単に調べることができます。

ガンマおよびアルファガンマスライダは、最終的な出力デバイスのガンマ値を複製するために使用されます。

たとえば、ビデオモニタはガンマ値が1.7ですが、コンピュータモニタは1.6から2.2の範囲です。

アルファガンマは、画像のアルファチャンネルを表示しているとき、またはマスクを表示しているときにのみ適用されます。

 

 

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更
  16. クワッドビュー
  17. エフェクトマスク
  18. ガイド
  19. ガイドフレームのアスペクト
  20. ルックアップテーブル(LUT)の管理
  21. バッファLUTの適用

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。