ビューアのパフォーマンスと設定

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Viewer Preferences and Settings ビューアのパフォーマンスと設定

各ビューアのデフォルト設定は、環境設定のビューアパネルを使用して変更できます。

各フローティングビューアの位置とサイズは、[環境設定]の[レイアウト]メニューを使用して保存することもできます。

レイアウトとビューアの環境設定の使い方の詳細については、第16章「環境設定」をお読みください。

ビューアの設定

作業中は完全に異なるビューア構成に切り替えることが望ましいことがよくあります。

たとえば、キー入力中は、メインビューアに画像が表示され、アルファチャンネルはサブビューに表示されます。

プロジェクトの最後に向かうビューアの設定は、ヒストグラム、ベクトルスコープ、波形、およびクワッドビューに設定されたビューの画像で構成されます。

Fusionでは、ビューアの設定をすばやくロードして保存できるため、ある構成から別の構成に変更するのに必要な作業量を削減できます。

ビューアの設定を保存するには、次の手順を実行します。

  1. 保存するビューアを右クリックします。
  2. コンテキストメニューから、設定>新規保存を選択します。
  3. 設定の名前を入力し、[保存]をクリックします。

ビューアの設定を読み込むには、次の手順を実行します。

  1. 設定をロードするビューアを右クリックします。
  2. コンテキストメニューから、[設定]> [設定名]を選択します。

ビューアのデフォルトの読み込みと保存

ビューアは、新しいデフォルトを保存し、ビューのコンテキストメニューの[設定]部分にある[デフォルトの読み込み]および[デフォルトの保存]オプションを使用して、デフォルトに戻すことができます。

 

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。