Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Connecting Tools in the Flow  フロー内のツールを接続する

フローノードエディタにツールを追加したら、それらを一緒に接続して操作を実行する必要があります。

各ツールタイルは、タイルの端に小さなカラーのノットを表示します。

矢印のついた結び目は1つ以上の入力を表し、灰色または赤の正方形の結び目はツールの処理された出力を表します。

Input、Output、Mask knoを使ったぼかしツール

出力を入力に接続することで、あるツールから次のツールへのフローを構築し始めます。

たとえば、イメージをカラーコレクタツールに接続するには、ローダツールの出力ノットをクリックし、カラーコレクタの入力ノットに接続をドラッグします。

この2つのツールの間には、パイプと呼ばれる細い線が描かれ、その接続を表します。

 

出力から入力へのパイプの接続

 

接続パイプを描画する順序は重要ではありません。

入力ノットから出力ノットまで逆方向に簡単にドラッグして同じ結果を得ることができます。

どちらの方法で接続しても、接続が確立されると、マルチチャンネルとシングルチャンネルの画像データ、3Dシーンと素材データ、またはパーティクル情報が1つのツールから別のツールに伝送されます。

各入力で必要とされ、出力によって生成されるデータの正確なタイプは、特定のツールの「ツールリファレンス」ドキュメントで説明されています。 それでもすべてのツールとその入力を把握している間に、ノットの上にカーソルを置くと、ノットの名前のツールチップが表示されます。

ヒント:異なるノットタイプを覚えているのではなく、マウスの右ボタンを押しながら、OptionキーとAltキーを押しながらツールの出力から別のツールの中心にドラッグします。 マウスを離すと、接続するノットを選択できるツールチップが表示されます。

 

  1. フローノードエディタの概要
  2. ノードベース合成とは?
  3. フローノードエディタのナビゲートフローナビゲータ
  4. フローノードエディタツールタイル
  5. フローノードエディタへのツールの追加
  6. ツールバーからのツールの追加
  7. コンテキストメニューからのツールの追加
  8. ビンからのツールの追加
  9. ファイルブラウズからのツールの追加 ツールの削除
  10. ツールを表示する
  11. ビューアにドラッグアンドドロップする
  12. フロー内のツールを接続する
  13. 上流と下流のツール
  14. ツールを切断する
  15. フローを通してパイプをトレースする
  16. 分岐する
  17. 接続タイプ
  18. ツールを挿入する
  19. フローを整理する
  20. ツールを選択する
  21. 移動する ツール
  22. 切り取り、コピー、および貼り付けツール
  23. 貼付ツール設定
  24. 並べ替えツール
  25. ツールの名前を変更する74ツールをグリッドにスナップする