プレビューを作る

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Making Previews プレビューを作る

ツールの出力を表示するだけでなく、視聴者はフリップブックのプレビューを表示したり、ディスクから直接画像シーケンスやAVIまたはMOVムービーファイルを再生することもできます。

RAM Flipbookプレビュー

ビューアでクリップやツールの出力を再生するには、RAMフリップブックを使用できます。 RAM Flipbook Previewは、RAM内に完全に存在するプレビューレンダーで、再生スピードでツールの出力を見ることができます。

Flipbookプレビューは、Option(Mac OS X)またはAlt(Windows)を押しながらツールをViewerにドラッグするか、ツールのコンテキストメニューからCreate / Play Previewを選択することで作成されます。

いずれにしても、フリップブックプレビューを呼び出すと、フリップブックプレビューの画質、解像度、モーションブラーの設定を変更できるプレビューレンダリングダイアログが開きます。


Flipbook Preview Renderダイアログ

ダイアログをバイパスし、デフォルト設定または最後に選択した設定を使用する場合は、ツールをビューアにドラッグしながらShift + Option(Mac OS X)またはShift + Alt(ウィンドウ)を押します。設定ダイアログが表示されず、プレビューのレンダリングがすぐに開始されます。

設定

Preview RenderダイアログのSettingsセクションには、フリップブックプレビューの全体的な品質と外観を決定する3つのボタンがあります。これらのボタンは、レンダリング時間にも大きな影響を与えます。


Flipbook Preview RenderダイアログのSettingsボタン

HiQ

この設定を有効にすると、プレビューは完全な画質でレンダリングされます。ツールの最終出力がどのように表示されるかを確認する必要がある場合は、HiQ設定を有効にします。アニメーションをテストするための粗いプレビューを作成している場合は、この設定を無効にすることで時間を節約できます。

 MB

この設定のMBは、モーションブラーの略です。この設定を有効にすると、ツールがモーションブラーを生成するように設定されている場合、モーションブラーが適用されてレンダリングされます。

大まかなプレビューを生成していて、アニメーション要素のモーションブラーに関心がない場合は、この設定を無効にすることで時間を節約できます。

一部

一部を有効にすると、プレビューしているツールの画像を生成するために特に必要なツールだけがレンダリングされます。

サイズ

RAMフリップブックのプレビューではRAMが使用されるため、メモリが不足する前にRAMにレンダリングできるフレーム数を知ることは非常に役立ちます。

Flipbook Previewダイアログは、現在使用可能なメモリを計算し、RAMに収まるフレームの数を表示します。

コンピュータに少量のRAMがあり、必要なフレームの範囲全体をレンダリングできない場合は、プレビューで最高の品質/継続時間の比率を提供する設定に解像度を下げることを選択できます。

RAMに収まるフレーム数によるサイズ設定

ネットワーク

Fusion Studioはネットワークレンダリングノードを使用して、プレビューをレンダリングするプロセスを分散できます。第18章ではネットワークレンダリングの設定について説明します。

ネットワークグループペインには、レンダリングに使用できる追加のコンピュータが表示されます

シュートオン

時には、1フレームごとにレンダリングしたくない場合もありますが、レンダリング時間を節約してより速いフィードバックを得るために、2番目、3番目または4番目ごとにレンダリングしたいことがあります。

Stepパラメーターを使用して、フレームがレンダリングされる間隔を決定できます。

Shoot Onパラメータは、レンダリング中にフレームをスキップするために使用されます。

フレーム範囲このフィールドは、レンダリングの開始フレームと終了フレームを決定するために、タイムルーラの現在のレンダリングイン/アウト範囲を使用します。範囲を変更して、より多くのフレームまたはより少ないフレームをレンダリングすることができます。

フレーム範囲は、フリップブックプレビューの開始フレームと終了フレームを決定します

構成

個人プレビューの設定が完了したら、後で使用するために[追加]をクリックして個人設定の新しい名前を入力して永久保存することができます。

設定領域は、将来のフリップブックプレビュー用の設定を保存するために使用できます

プレビューを再生する

プレビューがレンダリングされると、フリップブックがビューアにロードされます。ビューアの隅にフレームカウンタが表示され、ビューアの下部ツールバーの右側に再生/一時停止ボタンが追加されます。コントロールパネルの下のFusionウインドウの右下隅に、より完全な再生コントロールのセットが表示されます。

フリップブックプレビューは、ビューアのツールバーの再生/一時停止ボタンを使用してプレビューします。

フリップブックを見たら、ビューアから削除して、ビューアを右クリックして、コンテキストメニューからプレビューを削除することで、RAMを解放することができます。

ビューアのコンテキストメニューのFlipbook Previewのオプション

フリップブックのプレビューをビューアに読み込んだままにすると、ビューアのコンテキストメニューにループまたはピンポンの再生を有効にするオプションがあります.Fusionのインターフェイスの残りの部分を使わずにクリップにフォーカスするフルスクリーンモードに入ることもできます。

クリップを見た後、フルスクリーンモードを終了するには、コンテキストメニューからフルスクリーンの選択を解除するか、Escキーを押します。

最初または最後の数フレームの再生をスキップするために、フリップブックを「トリム」することも可能です。

これは、Fusionのウィンドウの右下に表示されるトランスポートコントロールのスクラブバーを使用して行うことができます。

コマンド(Mac OS X)またはCtrlキー(Windows)を押しながら、スクラブバーの開始または終了をドラッグして、再生するフレームを設定または変更します。

スクラブバーを右クリックすると、イン点とアウト点をリセットできるコンテキストメニューが表示されます。

トランスポートコントロールを使用して、フリップブックの最初と最後からフレームをトリムすることができます

 

プレビューの更新

Rotocopingとペイントのフレームごとのインタラクティブフレーム用に設計されたオプションは、そのコンテキストメニューからPreview to Updateを設定することです。アクティブにすると、プレビューされたツールで変更されたフレームは、プレビューの再生時に自動的に更新されます。これにより、RAMを予約して再生することができます。別のビューアで作業している間は、ループやピンポンで再生を続けられます。

マウスとキーボードのショートカット

フリップブックプレビューがビューアにロードされている間、マウスまたはキーボードのみを使用して再生またはスクラブできます。

マウスでフリップブックを再生するには、次の手順を実行します。

  •  Viewerをダブルクリックして再生を開始します。

マウスを使用してフリップブックをスクラブするには、次の手順を実行します。

  • マウスの右ボタンを押しながらマウスを左右にドラッグすると、フレームをスクラブできます。

キーボードを使用してフリップブックを再生するには、次のいずれかの操作を行います。

  • スペースバーを押して、再生を開始または停止します。
  • Shiftキーを押しながらスペースバーを押して、逆方向に再生します。

キーボードを使用してフリップブックフレームをスクラブするには、次のいずれかの操作を行います。

  • 左または右の矢印キーを押すと、前または次のフレームに移動します。
  • Shiftキーを押しながら左右の矢印キーを押すと、10フレーム前後にジャンプできます。
  • Command(Mac OS X)またはCtrl(Windows)の左矢印キーを押すと、最初のフレームにジャンプします。
  • Command(Mac OS X)またはCtrl(Windows)の右矢印キーを押すと、最後のフレームにジャンプします。

ヒント:マウスとキーボードのショートカットは、フルスクリーンモードでも機能します。

ファイルシーケンスプレビュー

ローダーツールで読み込んだファイルシーケンスまたはムービーファイルを再生する場合は、フリップブックプレビューを作成する必要はありません。コントロールパネルの下部に表示されるトランスポートコントロールを使用できます。

再生ボタンを押すと、画像はできるだけ早くビューアに表示されます。

デフォルトでは、左側のビューアが使用されますが、そのデフォルトはプレビュー環境設定を使用して変更できます。

これらの設定を変更することで、インストールされたビデオハードウェアにファイルシーケンスを再生することもできますが、再生のパフォーマンスが低下する可能性があります。

フリップブックの場合と同様に、トランスポートコントロールのスクラブバーを使用して、イメージシーケンスプレビューのイン点とアウト点をトリムすることができます。

デフォルトでは、ローダーツールが選択されている間にスクラブバーでトリミングが行われると、ローダーのトリムイン/アウトコントロールに反映されます。

これは、スクラブバーのコンテキストメニューを使用して無効にすることができます。

ファイルシーケンスのプレビューが有効な間、そのビューアへのツールの通常の表示は無効になります。

ビューアにツールを表示する準備が整ったら、フローノードエディタの別のツールまたは空の領域を選択します。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る

 

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。