ルックアップテーブル(LUT)の管理

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Managing Look Up Tables (LUTs) ルックアップテーブル(LUT)の管理

ルックアップテーブル、またはLUTは、最終的な出力先とビューアの外観を一致させるのに役立ちます。

基本的には、画像データではなくビューアにのみ影響を与える色補正ツールです。

LUTが色変換を計算する基本的な2つの方法があります。最初は単純な1D LUT、もう1つはより洗練された3D LUTです。

1D LUT

LUTの最も単純な形式は1D LUTです。

一度に1つのカラーチャネルを占めるため、全体的な色調の変更を行うことができますが、色の変更はあまり具体的ではありません。

3D LUT

3D LUTは、それぞれの可能な色の値(赤、緑、青)を個別に調べます。

3D LUTを使用すると、非常に特定の色の変化だけでなく、大域的な変化も非常に迅速に画像に適用できます。

How Lookup Tables Work in Fusion

ルックアップテーブルがFusionでどのように機能するか

ルックアップテーブル(LUT)は、画像の色と輝度を変換するために使用される値の表です。

1D LUTは入力カラーと出力カラーに2つのカラムテーブルを使用し、3D LUTはより多くのマトリックスを使用します。

LUTは、主に、モニタの分散または画像のソース色空間を補正するために使用されます。

すべてのビューアにLUTを適用するか、個々のLUTを各2Dビューアに適用するかを選択できます。

イメージLUT

イメージLUTは、AおよびBバッファ用の別個のLUTを含む各ビューアに適用されます。

これらのLUTは2Dシーンにのみ適用でき、3Dシーンには適用できません。

画像LUTは、色空間を参照する1つのシーンから別のシーンを取得するために日常的に使用されます。

画像は、異なるデバイスや標準でどのように見えるかを知りたいときに便利です。 彼らはしばしばツールやタスクに特化しています。

バッファLUT

Buffer LUTは、3Dシーン、3Dマテリアル、サブビュータイプなどの内容にかかわらず、すべてのビューアに適用されます。

1つのバッファLUTしか適用できません。 画像LUTが適用された状態で2D画像が表示されている場合、バッファLUTは画像LUTの結果に適用される。

バッファーLUTは、通常、あなたが座っている特定のモニターを説明するために使用されます。

たとえば、DCI-P3プロジェクタの設定からsRGBモニタの設定に切り替えるなどです。

今日の多くのデジタルシネマカメラからの非線形ファイルを処理する場合、現代のワークフローはローダのコントロールパネルからすべてを線形にしてから、フローノードエディタで色補正と合成を実行することです。

最後に、出力デバイスプロファイルと一致するイメージLUTまたはバッファLUTを適用します。

より精巧なプロダクションパイプラインでは、複数のLUTを連続して適用する必要があります。

Types of LUTs LUTのタイプ

業界標準の1Dおよび3D LUTとは別に、スクリプトベースのヒューズツールLUTや標準ツールから組み立てられたマクロなど、他のタイプのLUTもサポートされています。

一般に、LUT処理は、グラフィックスカードのGPU上でリアルタイムに実行されるが、マクロベースのLUTの性能は、その中に含まれるツールに基づいている。

Fusion View LUT

フュージョンビューLUTは、デフォルトの最も頻繁に使用されるLUTタイプです。

IN / OUT値のペアを割り当てるために使用できるRGBAカーブを提供します。

このコントロールは、カラーカーブツールで提供されるコントロールと同じです。

しかし、View LUTの目的は、モニタやファイルの色空間に変更を加えずに修正することであるため、これらのスプラインをアニメートすることはできません。

Log-Lin View LUT

Log-Lin LUTは、対数データを線形に、またその逆に変換します。

これは、対数データを必要とする提供されたLUTファイルと組み合わせて使用​​すると特に便利です。

Cineon Logツールに似ています。

マクロLUT

どのマクロツールも、LUTとして使用することができます。

マクロの.settingファイルを、[グローバル>パスマップ]環境設定のLUTパスマップで指定されたディレクトリの1つに保存するだけです。

マクロには、1つのイメージ入力と1つのイメージ出力が必要です。

マクロで公開されているコントロールは、LUTで[編集]オプションが選択されている場合に使用できます。

マクロの詳細については、第14章、スクリプティング、マクロ、および式を参照してください。

ヒューズLUT

ヒューズは、アプリケーションと一緒にインストールされる、またはFusionで作成するスクリプト可能なプラグインです。 CT_ViewLUTPluginという名前のヒューズをLUTとしてビューアに適用することができます。

リアルタイム処理のためにLUTに組み込まれたグラフィックハードウェアシェーダを使用するヒューズをスクリプト化することもできます。

ヒューズLUTはシェーダ対応グラフィックスハードウェアを必要とするため、ソフトウェアでは適用できません。

ヒューズの詳細については、第14章「スクリプティング」、「マクロと式」を参照してください。

イメージLUTの適用

ビューアツールバーのLUTボタンは、イメージLUTのオン/オフを切り替えるために使用します。

デフォルトのLUTタイプは、最初はフラットな標準のフュージョンビューLUTです。

これを有効にすると、画像に明らかな変更はありません。

別のLUTタイプを選択するには、ボタンの右にある矢印をクリックすると、マクロとヒューズを含むすべての既知のLUTタイプのリストが表示されたLUTメニューが表示されます。

LUTメニューは、ビューアのコンテキストメニューのサブメニューとしても表示されます。

ビューアに適用された画像LUTを変更するために使用できるLUTポップアップメニュー

LUTを削除するには、もう一度LUTボタンをクリックします。

 

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更
  16. クワッドビュー
  17. エフェクトマスク
  18. ガイド
  19. ガイドフレームのアスペクト
  20. ルックアップテーブル(LUT)の管理

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。