レンジコントロール

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Range Controls  レンジコントロール

レンジコントロールは、実際には2つの別々のコントロールです.1つは低レンジ値を設定し、もう1つは高レンジ値を設定します。

値を調整するには、範囲バーの両端のハンドルをドラッグします。

範囲の上限値と下限値を同時にスライドさせるには、範囲バーの中央からドラッグします。

Commandキー(Mac OS X)またはCtrlキー(Windows)を押しながらレンジバーの両端をドラッグすることで、範囲を対称的に拡大または縮小することもできます。

マットコントロール、クロマキーラー、ウルトラキーヤーのような、高いスレッショルドと低いスレッショルドが必要なパラメータには、Rangeコントロールがあります。

マット・スレッショルド範囲コントロール

ヒント:[範囲]コントロールに浮動小数点値を入力するには、[低および高]数値入力ボックスを使用して値を入力します。

Checkboxes チェックボックス

チェックボックスは、オンまたはオフのいずれかの値を持つコントロールです。

チェックボックスコントロールをクリックすると、選択された状態と選択されていない状態が切り替わります。

チェックボックスにはアニメーションを付けることができ、Offには0、Onには1.0以上の値を使用できます。

カラーチャンネルの選択に使用するチェックボックス

Drop down Lists ドロップダウンリスト

ドロップダウンリストは、メニューから1つのオプションを選択するために使用されます。

メニューが開いたら、項目の1つを選択するとその項目が選択されます。

メニューが閉じられると、選択がコントロールパネルに表示されます。

テキストツールのフォントのリストをドロップダウン

ドロップダウンメニューの選択肢は、リスト内の最初の項目を表す0の値、2番目の項目を表す1などのように、アニメートすることができます。

ボタン配列

ボタン配列は、さまざまなオプションから選択できるボタンのグループです。

ボタン配列の場合、利用可能なオプションをすべて一目で見ることができるという点を除いて、メニューコントロールをドロップダウンする機能はほぼ同じです。

色深度ボタン配列

 

  1. コントロールパネルの概要
  2. コントロールパネルインターフェイス
  3. コントロールウィンドウのスケーリングとパン
  4. コントロールパネルの表示設定
  5. コントロールヘッダによる選択と表示
  6. コントロールの種類
  7. レンジコントロール

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。