Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Position and Layout 位置とレイアウト

compのビューアのサイズを変更してレイアウトを変更すると、その設定は常にcompで保存されます。

だからあなたがコンプを開くたびに、サイズとレイアウトが記憶されます。

グローバルレイアウトの環境設定で[リコールレイアウト]チェックボックスを無効にすると、この現象を防ぐことができます。

すべての新しいコンポジションを特定のビューアレイアウトで開く場合は、2つのプライマリビューアのレイアウトを設定し、グローバルレイアウトプリファレンスのグラブレイアウトボタンを使用して、新しいコンポジションのレイアウトを覚えてください。

フローティングビューアの位置とサイズを保存するには、グラブプログラムレイアウトボタンを使用します。

最後に、Fusionを開いたときにフローティングビューアを自動的に開くには、[フローティングビューの作成]チェックボックスをオンにします。

レイアウトツールバー

Fusionウインドウの上部にあるレイアウトツールバーを使用して、4つのプリセットレイアウトを使用してビューアとパネルを設定できます。

レイアウトツールバー

一番目ののボタン

このオプションを使用すると、単一のビューア(Viewer 1)を最大化し、コントロールパネルを画面の一番上に合わせることができます。

2番目のボタン

このオプションは、コントロールパネルを画面の上部に合わせて、2人の視聴者に使用します。これがデフォルトレイアウトです。

3番目のボタン

このオプションを使用すると、コントロールパネルをフローノードエディタの上部に合わせて、単一のビューア(Viewer 1)を最大にすることができます。

4番目のボタン

このオプションは、コントロールパネルをフローノードエディタの上部に合わせて、デュアルビューアに使用します。

 

Splitter Bars スプリッターバー

 

左右のビューアの相対的なサイズは、それらの間にある水平スプリッタバーを使用して変更できます。

スプリッターをドラッグして、1人の視聴者が使用するスペースの量を増減します。隣接するビューアは、新しいレイアウトに合わせて調整されます。

両方の視聴者に利用できる垂直方向のスペースの量は、ビューワとその下の作業領域の間で水平スクロールバーをドラッグすることで調整できます。


ビューアスプリッタバー

ヒント:コントロールパネルの上にある高さボタンを使用してコントロールパネルを半分の高さに縮小すると、ビューアに追加の水平方向のスペースが与えられます。コントロールパネルの詳細については、第4章を参照してください。

フルスクリーンビューア

フローティングビューアは、レイアウトツールバーのボタンの影響を受けません。

ビューアウィンドウの任意の角をドラッグするか、ビューアのタイトルバーをダブルクリックして、フローティングビューアのサイズを調整します。

さらに、ビューアを右クリックし、コンテキストメニューから[グローバルオプション]> [フルスクリーン]を選択すると、フローティングビューアをフルスクリーンに拡大縮小できます。

ビューアにカーソルを合わせ、F4キーを押すと、固定ビューアの1つをフルスクリーンに最大化できます。

フルスクリーンビューアを元のレイアウト位置に戻すには、もう一度F4キーを押します。

このショートカットを使用して、ビューアの下のワークエリアを最大化することもできます。

ヒント:フルスクリーンオプションは、Fusion Studioでのみ使用できます。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト