共通コントロールタブ

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

The Common Controls Tab 共通コントロールタブ

Common Controlsタブは放射性アイコンで表され、サードパーティーのプラグインを含むほとんどすべてのツールのコントロールパネルにあります。このタブには、通常はすべてのツールに表示される標準コントロールが含まれています。


コントロールパネルの[共通]タブ

[共通コントロール]タブには次のコントロールがありますが、一部のコントロールはすべてのツールに表示されない場合があります。

たとえば、Motion Blurの設定はCineon Logツールでは目的がありません。

ブレンド

Blendコントロールは、LoaderおよびCreatorツールを除くすべてのツールにあります。

これは、ツールの変更されていないイメージ入力とツールの最終修正出力イメージをブレンドするために使用されます。

ブレンド値が0.0の場合、出力画像は入力画像と同じです。

通常、これによりツールは処理を完全にスキップし、入力をそのまま出力にコピーします。

このツールのデフォルトは1.0で、修正された画像を100%出力します。

ブレンドが0.0の場合のプロセス

このチェックボックスを使用すると、入力値がゼロでイメージ出力がイメージ入力と同じ場合でもツールが処理されます。

これは、特定のツールや、あるフレームから次のフレームに値を格納するサードパーティーのプラグインで役に立ちます。

この方法で動作するツールでこのチェックボックスを無効にすると、Blendが0に設定されたときにツールがスキップされ、後続のフレームで不正な結果が生成されます。

赤/緑/青/アルファチャンネルのチェックボックス

Red、Green、Blue、Alphaの4つのチェックボックスは、ツールの効果を特定のカラーチャンネルに制限する場合に使用します。

このフィルタは、ツールが処理された後に適用されることがよくあります。たとえば、下のグラフィックでは、変換操作は選択されたチャンネル(緑、青、アルファ)に限定されています。

トランスフォームツールで赤いチェックボックスを無効にした結果

いくつかの例外があります。たとえば、チャンネルの選択を解除すると、そのチャンネルの処理がスキップされます。

この方法で動作するツールには、通常、ツールの別のタブにある赤、緑、青、およびアルファのチェックボックスの同じセットが含まれます。

このような場合、共通制御チャネルチェックボックスは、ツールの他の場所にあるチャネルボックスにインスタンス化されます。

マスクを適用する

Apply Mask Invertedチェックボックスを有効にすると、ツールのマスクチャンネルが反転します。

マスクチャネルは、ツールに適用されたすべてのマスクの結合結果です。

ヒント:[マスクマスクの適用]チェックボックスは、エフェクトマスクでのみ動作し、ガベージマスクでは動作しません。

Multiply By Mask

このオプションを選択すると、マスクされた画像のRGB値にマスクチャンネルの値が乗算されます。

これにより、マスクに含まれていない画像のすべてのピクセル(すなわち、0に設定されたピクセル)が黒になる。

これは、しばしば事前乗算画像と呼ばれるものを作成します。

オブジェクトの使用/マテリアルの使用(マスキングの場合)

一部の3Dソフトウェアは、追加のチャンネルをサポートするファイル形式にレンダリングすることができます。

注目すべきは、Open EXRファイルフォーマットは、エフェクトのマスクとして使用できるオブジェクトおよびマテリアルIDチャネルをサポートしていることです。

このチェックボックスは、使用可能な場合にチャネルが使用されるかどうかを決定します。

影響を受ける特定のマテリアルIDまたはオブジェクトIDは、次のコントロールセットを使用して選択されます。

コントロールを選択

ピックコントロールは、オブジェクトの使用または素材の使用チェックボックスが有効になっている場合にのみ表示されます。

これらのコントロールは、画像に保存されたオブジェクトまたはマテリアルチャンネルからマスクを作成するために使用されるIDを選択します。

カラーピッカーを使用してカラーを選択するのと同じように、ピックボタンを使用してビューアのイメージからIDを取得します。

画像またはシーケンスは、それらのチャンネルを含む3Dソフトウェアパッケージからレンダリングされていなければならない。

エッジを修正する

[オブジェクトを使用する]または[素材を使用する]チェックボックスが有効になっている場合にのみ、[エッジの補正]チェックボックスが表示されます。

「エッジ補正」チェックボックスをオンにすると、カバレッジと背景色のチャンネルを使用して、オブジェクトのエッジの周りのエフェクトが分離され、改善されます。

無効になっている(またはカバレッジまたはバックグラウンドカラーチャネルが使用できない)場合、マスクのエッジでエイリアシングが発生することがあります。

モーションブラー

[モーションブラー]チェックボックスは、ツールのモーションブラーのレンダリングを有効または無効にします。

このチェックボックスを有効にすると、ツールの予測された動きが、仮想カメラのシャッターに起因するぼかしを生成するために使用されます。

コントロールが無効になると、モーションブラーは作成されません。

品質

[品質]スライダは、[モーションブラー]チェックボックスが有効な場合にのみ表示されます。

スライダは、ぼかしを作成するために使用されるサンプルの数を決定します。

デフォルトの画質設定2では、オブジェクトの実際の動きの両側に2つのサンプルが作成されます。

値を大きくすると結果はより滑らかになりますが、レンダリング時間は長くなります。

シャッター角度

[シャッター角]スライダーは、[モーションブラー]チェックボックスがオンの場合にのみ表示されます。

シャッターアングルは、モーションブラーエフェクトを生成するために使用される仮想シャッターの角度を制御します。

角度を大きくするとぼかしが増えますが、レンダリング時間が長くなります。

値360は、1フレーム全体の露出でシャッターを開いていることに相当します。

より高い値が可能であり、興味深い効果を作り出すために使用することができます。

このスライダーのデフォルト値は100です。

センターバイアス

[中央のバイアス]スライダは、[モーションブラー]チェックボックスが有効な場合にのみ表示されます。

このスライダは、モーションブラーの中心の位置を変更します。

値を調整することで、トレイルタイプのエフェクトを作成することができます。

サンプルスプレッド

[サンプルスプレッド]スライダは、[モーションブラー]チェックボックスが有効な場合にのみ表示されます。

このコントロールを調整すると、各サンプルに与えられた重み付けが変更されます。

これは、品質スライダで設定したサンプルの明るさに影響します。

  1. コントロールパネルの概要
  2. コントロールパネルインターフェイス
  3. コントロールウィンドウのスケーリングとパン
  4. コントロールパネルの表示設定
  5. コントロールヘッダによる選択と表示
  6. コントロールの種類
  7. レンジコントロール
  8. カラーホイールとピッカー
  9. 共通コントロールタブ

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。