Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Shadows 影

ライトと同様に、デフォルトの3Dビューアはシャドウをオフにしています。

3Dビューアでシャドウを表示するには、ツールバーのシャドボタンをクリックするか、ビューアを右クリックして3Dオプション/シャドウを選択する必要があります。

[3Dオプション]コンテキストサブメニューの[シャドウ]コマンド

シャドウを有効にすると、照明がまだオンになっていない場合は自動的にオンになります。 ディスプレイビューに表示される影は、ぎこちないエッジになります。 ソフトウェアレンダラでは、ソフトシャドウを使用できます。

 

透明性

画像平面と3Dオブジェクトは、3D空間内のX、Y、Z位置座標に基づいて、シーン内の他のオブジェクトによって隠されます。

どのポリゴンが隠れているか、それらの座標に基づいて表示されているかを調べるプロセスは、Zバッファリングと呼ばれます。

このプロセスは非常に高速ですが、シーン内の複数の透明なレイヤーを扱うときは必ずしも正確ではありません。

Zバッファリングはデフォルトですが、これらの複雑な3Dシーンには別のオプションもあります。ソートされたメソッドは、一部のシーンではかなり遅くなることがありますが、透明度のレイヤーが何枚あっても正確な結果が得られます。

ビューアのデフォルトの動作はZバッファリングを使用することですが、シーンにSortedメソッドが必要な場合は、ビューアツールバーの[高速]ボタンをクリックしてZバッファリングを無効にするか、3Dビューアを右クリックして[ 「透明度」サブメニューから「クイックソート」を選択します。

クイックソートは、シーン内のポリゴンを前後に並べ替えて、より正確な透明度のレンダリングを実現します。

完全ソートは、すべてのポリゴンをZ順にレンダリングして、最も正確な透明度のレンダリングを取得します。

2D Viewerツールバーの[高速]ボタン

グリッド

3Dビューアには、3Dシーンの参照ポイントを提供するのに役立つグリッドが含まれています。

グリッドは、サイズが24 x 24単位で、原点を中心に(0,0,0)、2単位の大きな正方形と0.25単位の小さな正方形に細分されています。

グリッドの表示を無効にするには、右クリックして[3Dオプション]サブコンテキストメニューから[グリッド]を選択します。


x = 0、y = 0、z = 0の原点を持つ3Dビューアグリッド

頂点法線

法線は、3Dジオメトリの各頂点がどの方向を向いているかを示し、オブジェクトのライティングとテクスチャリングを計算するときに使用されます。

イメージプレーンまたは完全なFBXメッシュを含む任意の種類の3Dジオメトリを表示すると、シーン内の各オブジェクトの法線を表示できます。

シーンの法線を表示するには、ビューアを右クリックし、コンテキストメニューから3Dオプション>頂点法線を選択します。


3Dシーンで見られる法線

 

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更