Changing the Display Format
表示形式の変更

現在の時間編集ボックスとタイムルーラのマーカーは、通常、フレーム数でカウントされますが、オプションで、SMPTEタイムコードまたはフィルムのFeet +フレームのいずれかに表示するように設定することもできます。

現在の書式を変更するには、「表示」>「タイムコードを表示」と選択します。

Show Timecodeオプションを有効にすると、View> Timecode Formatを使用して、SMPTEまたはFeet + Framesを表示として選択できます。


[表示]メニューの[タイムコードのフォーマット]サブメニュー

コンポジションの[フレームフォーマット]設定パネルのオプションによって、タイムコードに使用されるフレームレート、または1フィートのフィルムに含まれるフレーム数が決まります。

ヒント:多くのエディットボックスで数式を使用できます。 たとえば、ほとんどの編集ボックスで2.0 + 4.0と入力すると、値は6.0になります。

現在の時間編集ボックスのSMPTEタイムコードでは、+記号をセパレータ記号として使用するため、表示形式がフレームモードに設定されている場合でも、+記号を使用する数式は正しく編集されません。

  1. タイムルーラーの概要
  2. レンジ
  3. 合成品質オプション
  4. プロキシと自動プロキシ
  5. 選択的な更新
  6. 表示形式の変更