User Interface Overview ユーザーインターフェイスの概要

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

User Interface Overview ユーザーインターフェイスの概要

Fusionをインストールしてアプリケーションを開くと、新しい空のプロジェクトが開きます。

フュージョンで作成するプロジェクトは、コンポジションまたは「コンプ」と呼ばれます。

コンプで作業を開始するときは、5つの主要な領域を使用します。

Viewers, Work Panel, Control Panel, Time Ruler, Tools Bar:ビューア、ワークパネル、コントロールパネル、タイムルーラ、ツールバー
Viewers ビューア

Fusionには、ワークパネルの上に表示される2つの同一のビューアがあります。モニターは、設定した3D環境だけでなく、コンポジションの2D画像も表示できます。

いずれかのビューアにイメージをロードするか、イメージ用に1つのビューアを使用し、他のビューアに波形、ヒストグラム、およびベクトルスコープを表示できます。

追加の視聴者が必要な場合は、フローティングビューアを作成したり、DeckLinkカードをインストールして外部ビデオモニタを使用したりすることができます。


グラフィックハードウェアを使用してデュアルビューアを高速化。

Work Panel ワークパネル

ワークパネルは、Fusionでコンポジションを構築するために使用する3つの主要な編集パネルを切り替えます。

3つのメインパネルは、フローノードエディタ、タイムラインエディタ、およびスプラインエディタです。

スクリプトコンソール、コメントウィンドウ、チャットウィンドウに切り替えるためのタブもあります。


ワークパネルは、右上のタブを使用して異なるエディタに切り替えます。


Flow Node Editor フローノードエディター

フローノードエディタは、デフォルトのワークパネルビューであり、コンポジションを構築するために使用する主要な作業領域です。

フローノードエディタを使用して、レイヤリストを使用してグラフィックスアプリケーションの要素をまとめる方法と同じように、コンポジションの構造を作成して表示します。

剛体レイヤーの代わりに、コンポジションはスケマティックまたはフローチャートとして表示され、各画像、マスク、フィルターエフェクト、グラフィック、およびその他の要素はツールと呼ばれるタイルで表されます。

フローノードエディタは、イメージの処理方法を変更するツールを相互に接続するために使用されます。

デフォルトでは、フローのツールは左から右に接続されますが、上から下へ、またはすべての方向から同時に流れるように設定できます。

フローの方向は、フローの処理方法とは関係ありません。

例えば、下流のノードは上流のノードの下にある必要はありません。

なぜなら、Fusionはフローではなく矢印に従うからです。

スケマティックビューは、ツールの出力を別々の画像処理ストリームに分岐し、タイルのグループ全体を折りたたみ、いくつかのツールの出力の単一サムネイル画像を表示する機能を含む、ツールを接続するための柔軟性を提供します。

コンポジションを作成するためのツールが接続されたフローノードエディタ

Control Panel コントロールパネル

コントロールパネルは、ツールのパラメータを変更するために使用する、Fusionウィンドウの右側にあるタブ付きのパネルです。

フローノードエディタでツールを選択すると、そのパラメータと設定がコントロールパネルに表示されます。

コントロールパネルには、選択したツールのパラメータが表示されます。

Time Ruler タイムルーラ

ワークパネルの下にあるタイムルーラーには、プロキシレベルやモーションブラーなどのコンポジションオプションの設定だけでなく、再生のトランスポートコントロールも含まれています。

タイムルーラの再生ヘッドは、モニターに表示されるフレームを決定します。

タイムルーラは再生ヘッドを使用して特定のフレームに移動します。

Toolbar ツールバー

Fusionウィンドウの上部にあるツールバーを使用すると、一般的に使用されるツールや機能に素早くアクセスできます。

ツールバーは2つのカスタマイズ可能なセクションに分かれています.1つはプリセットレイアウト用、もう1つはツール、マクロ、スクリプト用です。

各ツールバーセクションは、インターフェイスの他の部分に切り離して移動することができ、必要に応じて追加のツールバーを作成することもできます。

カスタマイズ可能なツールバーは、一般的に使用されるツールと機能を表示できます。

Timeline Editor タイムラインエディタ

タイムラインエディタは、コンポジション内の要素のタイミングを調整するために使用されます。

タイムラインを使用して、クリップのトリミングと延長、アニメーションスプラインのタイミング調整、または画像処理エフェクトのトリムをトリムすることができます。

レイヤーベースのアプリケーションとは異なり、タイムラインはコンポジション内のレイヤーの順序を決定しません。フローノードエディターだけがこれを行います。


タイムラインエディタは、要素やアニメーションのタイミングを調整するために使用します

Spline Editor スプラインエディタ

スプラインエディタには、グラフビュー、ツリービュー、およびツールバーの3つのメインエリアがあります。

グラフビューには、2つの軸に沿ったアニメーションスプラインが表示されます。横軸は時間を表し、縦軸はスプラインの値を表します。

ツリービューでは、グラフビューにどのスプラインが表示されるかを決定します。各名前の横にあるチェックボックスは、そのスプラインが現在グラフビューに表示されているかどうか、およびスプラインが編集可能かどうかを表示するために使用されます。

スプラインエディタの上部にあるツールバーは、スプラインに適用される最も一般的な操作に素早くアクセスするために使用されます。

スプラインエディタを縦方向に走る薄い赤色のバーは、コンプの再生ヘッドを表します。

スプラインエディタは、グラフィックスビュー、ツリービュー、およびツールバーに分かれています。



Introduction to Fusion フュージョン入門

System Requirements システム要求

User Interface Overview ユーザーインターフェイスの概要

Navigating the Interface インターフェイスのナビゲート

About Compositions コンポジットについて

Example Workflow ワークフローの例

コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。