Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Tool Contextual Menu  ツールコンテキストメニュー

ツールを右クリックすると、そのツールのコンテキストメニューが表示されます。

このメニューで使用できるオプションについては、この章の前半で詳しく説明していない限り、以下で説明します。

見る

このオプションは、使用可能なビューアまたは外部ビデオモニタのサブメニューを提供します。

Viewerを選択すると、ツールの出力がどこに表示されるかが決まります。

作成/再生プレビューオン

サブメニューから使用可能なビューアの1つを選択すると、ツールの出力のプレビューを再生できます。

メニューからビューアを選択するときにShiftキーを押しながらレンダーダイアログをバイパスし、デフォルト設定またはプレビューの作成に使用された最後の設定を使用してプレビューの作成をすぐに開始します。

「作成/再生プレビュー」メニューコマンド

切り取り、コピー、貼り付け

切り取り、コピー、およびクリップボードとの間でツールを貼り付けます。

詳細については、この章の「切り取り、コピー、および貼り付け」のセクションを参照してください。

ペースト設定

アクティブなツールの設定を、クリップボードのツールの設定に置き換えます。

詳細については、「ツールのコピーと貼り付け」を参照してください。

Delete

選択したツールをフローから削除します。

詳細については、「ツールの削除」を参照してください。

グループ/グループ解除このコマンドは、選択したツールをグループにまとめたり、既存のグループを展開解除したりします。

詳細については、グループを参照してください。

マクロ

このメニューを使用して、編集する既存のマクロを開くか、編集する別のフォルダーからマクロを選択します。

選択

選択サブメニューを使用して、アクティブツールの直下(出力に接続)またはアップストリーム(入力に接続)のツールを選択できます。

現在の選択範囲にツールが追加されます。

それはそれを置き換えません。

ダウンストリーム出力に複数のツールが接続されている場合は、それらのすべてが選択されます。

見せる

このサブメニューのオプションは、タイルがサムネイル画像を表示するかどうか、その名前、またはキャッシュ状態およびロック状態を表すアイコンなど、ツールタイルに関する追加情報の表示を有効または無効にします。

詳細は、この章の「タイル画像の表示」を参照してください。

入力を入れ替える

Merge、Merge 3D、Dissolveツールなどの複数入力ツールでのみ使用可能なこのメニューコマンドは、マージツールのフォアグラウンドとバックグラウンドなどのプライマリとセカンダリの入力を入れ替えます。

Command-W(Mac OS X)またはCtrl-W(Windows)のキーボードショートカットを使用して、選択したツールの入力を入れ替えることもできます。

スプラインの編集

このメニューコマンドは、選択したツールのスプラインを表示して編集可能にして、ワークパネルをスプラインエディタに切り替えます。

名前を変更する

[名前の変更]コマンドでは、選択したツールの名前を変更できるダイアログが表示されます。

ディスクにキャッシュする

このメニューコマンドは、ディスクキャッシュの作成と管理に使用するダイアログを表示します。

ディスクキャッシュの詳細については、このマニュアルの「ネットワークレンダリング」の章を参照してください。

「ディスクにキャッシュ」ダイアログ

色を設定する

デフォルトでは、フロー内のすべてのツールのタイル表示色は薄い灰色です。

タイル内のタイルまたはテキストの色は、[カラーの設定]サブメニューで選択したオプションに応じて変更できます。

モード>コントロールを表示

Show Controlsを有効にすると、アクティブなツールはそのパラメータをコントロールパネルに表示します。

無効にすると、パラメータはコントロールパネルに表示されなくなります。

また、画面上のコントロールは視聴者に表示されなくなります。 このオプションは、デフォルトで有効になっています。

モード>パススルー
通過されたツールは、レンダリング時にイメージやマスクを処理しません。

ツールは無視されます。

モード>ロック
ツールをロックすると、コントロールパネルのパラメータに変更が加えられなくなります。

モード>更新
このオプションを有効にすると、ツールを変更すると再描画されます。

このオプションを無効にすると、ツールは引き続きパラメータの変更を許可しますが、更新オプションが有効になるまでイメージは処理されません。 大きなコンプを使用している場合は、このオプションを一時的に無効にすることで、フローがレンダリングされるのを待つことなく、さまざまなツールでパラメータ調整をすばやく行うことができます。

このオプションは、デフォルトで有効になっています。

モード>強制キャッシュ
このオプションを有効にすると、現在のフレームのツールの出力は非常に高いキャッシュ優先度を持ち、基本的にメモリにキャッシュされたままにしておく必要があります。

クラスタ
このオプションを使用すると、ツールの出力が1台以上のマシンによって自動的にプリレンダリングされます。

このオプションについては、このマニュアルの後半にあるNetwork Renderingの章で詳しく説明しています。

レンダー範囲の設定
[レンダー範囲の設定]メニューコマンドは、レンダリング範囲を選択したツールの長さに制限します。

これは、たとえば、特定のローダーの継続時間に合わせてレンダー範囲を設定する場合に便利です。

 

  1. フローノードエディタの概要
  2. ノードベース合成とは?
  3. フローノードエディタのナビゲートフローナビゲータ
  4. フローノードエディタツールタイル
  5. フローノードエディタへのツールの追加
  6. ツールバーからのツールの追加
  7. コンテキストメニューからのツールの追加
  8. ビンからのツールの追加
  9. ファイルブラウズからのツールの追加 ツールの削除
  10. ツールを表示する
  11. ビューアにドラッグアンドドロップする
  12. フロー内のツールを接続する
  13. 上流と下流のツール
  14. ツールを切断する
  15. フローを通してパイプをトレースする
  16. 分岐する
  17. 接続タイプ
  18. ツールを挿入する
  19. フローを整理する
  20. ツールを選択する
  21. 移動する ツール
  22. 切り取り、コピー、および貼り付けツール
  23. 貼付ツール設定
  24. テキストエディタからのコピーと貼り付け
  25. ツールの名前を変更する
  26. ライニングアップツール
  27. ツールをグリッドにスナップする
  28. グループ
  29. グループの展開と折りたたみ
  30. サブフローでのパンとスケーリング
  31. グループ化ツールのグループ解除
  32. グループの保存と再利用
  33. Instancing Tools
  34. コントロールのインスタンス化解除と再インスタンス化
  35. タイル画像の表示
  36. ツールの検索
  37. ツール設定
  38. 保存された設定のカスタムビンアイコン
  39. フローオプション
  40. ツールコンテキストメニュー