Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Changing 3D Viewpoints 3D視点の変更

3Dシーンを合成するには、さまざまな角度からシーンを表示して、位置とアニメーションが必要なものであることを確認する必要があります。

3Dビューアは、任意の角度から3Dシーンを見ることができるパースペクティブカメラを使用します。

3Dビューアを切り替えて、正面、上面、左面または右面から3Dシーンを表示することもできます。

シーンにカメラやスポットライトがある場合は、それらのオブジェクトの視点からシーンを切り替えることもできます。

 

3Dビューポイントを変更するには、ビューアを右クリックし、コンテキストメニューから[カメラ]サブメニューを選択します。

選択肢には、パースペクティブ、フロント、トップ、左および右が含まれます。


3Dビューポイントのコンテキストメニューの[カメラ]サブメニュー

3Dシーンに1つ以上のカメラオブジェクトがある場合、それらはコンテキストメニューのオプションとしてリストされます。

シーン内のスポットライトやその他のライトやオブジェクトは、その他のサブメニューに表示されます。こ

れらのオブジェクトのいずれかを選択すると、3Dビューアがジャンプして、選択したオブジェクトの視点からシーンを表示します。

ビューアは、オブジェクト、回転、パンまたはズームを「スルー」しながら、代わりにカメラ、ライトまたは他のオブジェクトの回転、位置およびスケールを変更します。

デフォルトのパースペクティブビューを使用してシーンを設定することは多くありますが、その視点をメインカメラの視点にしたいと思っています。

ビューアに表示されている現在の視点に一致するように、カメラ、ライト、または他のオブジェクトを簡単に配置して方向を設定することができます。

ビューアの視点をカメラにコピーするには、次の手順を実行します。

  1. 必要な視点で3Dビューアを設定します。
  2.  3Dシーンにカメラを追加します。
  3.  3Dビューアを右クリックしてコンテキストメニューを表示します
  4. 「カメラ」>「コピー先のコピー」>「camera3D#

上の例の手順では、camera3Dのコントロールはビューアの位置と角度の値を継承します。

ヒント:[Copy PoV to]コマンドは、オブジェクト自身の座標空間を使用します。 他のツールによって下流で実行される変換は考慮されません。

ビューポイントを切り替えると、ビューアの下隅にあるテキストラベルを使用して、現在表示されているビューポイントを追跡することができます。

上のラベルまたはその上の軸コントロールを右クリックすると、Cameraサブメニューのショートカットとして機能し、別の視点を簡単に選択できるようになります

ライティング

3Dシーンにライトを追加する前に、デフォルトのライティングが用意されています。

この基本的な照明を使用すると、追加する必要なくオブジェクトの陰影を確認し、ビューアにライトの可視光アイコンを設定できます。

シーンのデフォルトライトの効果を確認するには、ツールバーのライトボタンをクリックします。

ライトボタンは、3Dシーンのライトを有効または無効にします。

シーンに独自のライティングを追加する準備ができたら、[ツール]> [3D]> [ライト]を選択し、サブメニューからライトタイプを選択します。

追加するライトは、Merge 3DツールとMerge 3Dツールに接続する必要があります。

または、ライトの効果を確認するために、さらに下流のツールを3Dビューアに表示する必要があります。

Merge 3Dツールにライトを接続すると、デフォルトのライティングは無効になります。

イメージプレーン、カメラ、ライトが接続された3Dマージツール

ヒント:ライトツールを単独でビューアにロードすると、何も表示されずに空のシーンのみが表示されます。 ライトの効果を確認するには、ライトに接続するMerge 3Dを表示します。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更