Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

A/B Buffers A / Bバッファ

各ビューアには2つのバッファがあり、それぞれに画像を格納できます。

各バッファは、同じビューアペイン内の完全で別個のビューアと見なすことができます。

デフォルトでは常にAバッファが使用されるため、ツールのビューアインジケータをクリックすると、選択したビューア上のAバッファにイメージがロードされます。

ヒント:バッファは異なる表示タイプに設定できます。 たとえば、ヒストグラムを示すBバッファを使用してイメージを示すAバッファを持つことができます。

バッファ間の切り替え

ツールバー

バッファを切り替える最も一般的な方法は、ビューアツールバーにあるバッファボタンをクリックすることです。

AまたはBのラベルが付いたボタンをクリックすると、関連するバッファーに切り替わります。


ビューアバッファボタンは、バッファを切り替えるために使用されます

キーボード

「Buffer」ボタンには、キーボードに相当するものがあります。

コンマ(、)キーは、アクティブなビューアをAバッファに選択します。

ピリオド(。)キーは、アクティブビューアをBバッファに設定します。

ビューアで2つのバッファの分割表示を見たい場合は、スラッシュ(/)キーを押します。

スプリットワイプ画像

A、Bバッファを使用すると、2つのバッファを画面上で比較できる分割画面表示を有効にすることができます。

ディスプレイは赤いスプリッターバーで区切られています。

スプリッタをドラッグすることにより、スプリッタバーを任意の方向または角度で移動および回転させることができます。

Shiftキーを押しながらドラッグすると、それを最も近い45度の角度に「スナップ」します。


スプリッタバーは、AおよびB画像の異なる領域を比較するために調整することができます

 

A | Bボタンをクリックしてスプリットワイプを有効にした後、AまたはBバッファに切り替えることでスプリットワイプを無効にします。

スプリットワイプが有効になっている間は、ビューアは1つのバッファだけを表示しているのと同じ機能を持ちます。

新しいツールをドラッグしていずれかのバッファにドロップして、表示されるイメージを変更することもできます。

1つのバッファをパンまたはズームすると、他のバッファと同じパンまたはズームが実行され、同期が維持されます。

異なるチャネル、ビューLUT、または他の表示オプションを各バッファごとに個別に選択することができます。

スプリットワイプモード中にチャンネルやLUTなどを簡単に比較したり、ホットキーでAとBのバッファをすばやく切り替えることができます。

時には、ビューで表示されなくなるスプリッターからズームインまたはパンすることがあります。

Command + Option(Mac OS X)またはCtrl + Alt(Windows)を押しながら画像の任意の場所をクリックすると、スプリッタが現在のカーソルにジャンプします。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ