avigating the Interface インターフェイスのナビゲート

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

avigating the Interface インターフェイスのナビゲート

このセクションでは、Fusionインターフェイスのメインパネルの位置とスケールを調整する方法について説明します。ここで説明するメソッドは、一般的にFusionのすべての部分に適用されます。

様々なパネルはまた、パンニングおよびスケーリングのための追加の方法を提供することができる。

このパネルについては、その章で詳しく説明します。

これらの例には、フローのナビゲータウィンドウとスプラインエディタの軸ラベルがあります。

Panning and Scaling:パンとスケーリング

コンパニオンのサイズが大きくなると、作業したい要素が画面から外れることがよくあります。

フローノードエディタにはナビゲータウィンドウがあり、大規模なコンプに表示する領域を選択することができます。

マウスを使ってパンすることもできます。

オフスクリーンのパラメータまたはツールにアクセスするための「ナビゲータ」ウィンドウ。

To pan a panel do one of the following:パネルをパンするには、次のいずれかの操作を行います。
  • マウスの中ボタンを押したまま、任意の方向にドラッグします。
  •  Command-Shift(Mac OS)またはCtrl-Shift(Windows)を押しながらパネル内をドラッグします。
  • Mac OSでは、Apple Mouseを使用して任意の方向にスワイプします。
To smoothly adjust the scale of a panel: パネルのスケールを円滑に調整するには
  • 左と中央のマウスボタンを押したまま、パネル内をドラッグします。
  • ポインタを左に動かすと、パネルがズームアウトします。
  • 右に動かすとズームインします。 Mac OSでは、コマンドを押しながらスワイプしてズームインするか、スワイプダウンしてズームアウトします。
To scale a panel in steps do one of the following:パネルを段階的に拡大/縮小するには

マウスまたはキーボードのショートカットを使用します。
ステップごとにパネルをスケールするには、次のいずれかの操作を行います。

  • 中央のマウスボタンを押したままにしてから、左のマウスボタンをクリックして拡大します。
  • 中央のマウスボタンを押したままにして、マウスの右ボタンをクリックしてズームアウトします。
  • テンキーの+を押して拡大します。テンキーの – を押して縮小します。
To scale a panel using the contextual menu do the following:コンテキストメニューを使用してパネルを拡大/縮小するには、次の操作を行います
  • ポインターがビューアーまたはワークパネル上にある間にマウスの右ボタンを押し、ビューアーのコンテキストメニューから「スケール」を選択します。

コンテキストメニューを使用して、スケールの割合を選択できます。

Changing the Layout:レイアウトの変更

プリセット構成を使用して各パネルの全体サイズを変更するか、手動で調整することができます。ビューアとワークパネルは互いに逆です。ワークパネルを表示するために使用されるスペースが多いほど、視聴者に利用可能なスペースが少なくなります。パネルのサイズを変更するには、パネルの端を囲む隆起した境界線のどこかを手動でドラッグします。

パネルの端をドラッグするとサイズが変更されます。

レイアウトツールバーには、4つのプリセットパネルレイアウトが用意されています。最初の2つは、1人の視聴者と2人の視聴者の間で切り替わり、Fusionウィンドウの右側全体に沿ってフルサイズのコントロールパネルを残します。

2番目の2つのレイアウトは、1人の視聴者と2人の視聴者を切り替えることもできますが、コントロールパネルの半分の高さをディスプレイビューの一番下に合わせることで視聴者を拡大します。

これらのモードを切り替えるには、ツールコントロールの左上隅にある小さな矢印ボタンをクリックします。

ディスプレイビューは幅を調整して自動的に補正します。

デュアルビューアを使用した半分の高さのコントロールパネル

キーボードのF4キーを押すと、マウスポインタの下にあるパネル以外のすべてのインターフェイスパネルが折りたたまれ、画面全体がほぼ完全に引き継がれます。

ビューアで詳細を表示したり、大きなグラフのフローグラフでタイルを移動したりする場合は、非常に便利です。 F4キーはトグルです。

もう一度押すと元のレイアウトに戻ります。


Tabbed Layout:タブ付きレイアウト

Fusionのタブ付きレイアウトパネルは、個人のワークフローに合わせて配置することができます。

メインウィンドウとフローティングビューの両方に配置することができます。

To add a tab to an existing panel do the following:既存のパネルにタブを追加するには、次の手順を実行します。
  1. 任意のビューアまたはタブの右上隅を右クリックします。
  2.  [ビューの追加]メニューから、リストから目的のビューを選択します。

ビューを追加するには、ビューアまたはパネルの角を右クリックします。

カーソルを目的の位置にドラッグしてタブの順序を変更することができます。タブを元の位置からドラッグすると、9つのドロップゾーンが表示された表示の整列メニューが表示されます。

5つのドロップゾーンは、カーソルが上に乗っているパネルの中央に配置され、4つのドロップゾーンがFusionインターフェイスの外周に沿って配置されています。

表示配列メニュー

上、左、右または下のドロップゾーンを使用すると、タブはポインタが上にあるパネルを分割し、タブを独自のパネルに追加します。中央ドロップゾーンを使用すると、分割するのではなく、パネルの現在のタブセットに新しいタブが追加されます。

境界ドロップゾーンはFusionウィンドウを分割し、それぞれの位置にタブを追加します。

「ウィンドウ」>「レイアウトの表示」を選択してデフォルトのレイアウトに戻すか、任意のパネルの空の右上隅の領域を右クリックして、「レイアウトの表示」メニューを表示して「タブの削除」または「取り消し」を選択できます。

ここでタブを表示または非表示にすることもできます。

メニューバーからアクセスするビューレイアウトメニュー。



Introduction to Fusion フュージョン入門

System Requirements システム要求

User Interface Overview ユーザーインターフェイスの概要

Navigating the Interface インターフェイスのナビゲート

About Compositions コンポジットについて

Example Workflow ワークフローの例


コメントは受け付けていません。

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。