4K動画作成への道

Contents

(グラフィックボード編)
quadro_k2200_011

6月に4Kビデオカメラを購入することになったのですが、問題が二つ発生しました。

一つはモニターの問題。
もう一つはグラフィックボードの問題です。
今回は、後者のグラフィックボードをどうするかを考えてみました。
私が現在使っているグラフィックボードは、NVIDIA GeFoce GT560Tiです。
購入当時は、良い製品だと思っていましたが、今となると型遅れ。技術の進歩についていけません。
調べてみると、4Kモニターをつなぐことも出来ませんでした。(^^ゞ
長年、PCを使っている割には、つけてればいいのだろう位にしか考えていませんでした。
今回、4Kモニターと繋ぐ事を前提にグラフィックボードの交換を考えました。
さて、私の環境に合うグラフィックボードは何なんだろうと調べてみると結構問題が沢山ありました。
グラフィックボードには、対応する解像度が違うそうです。
何馬鹿な事、言っているんだと言われそうですが、そんなことさえ知りませんでした。
対応する最大外像度は、ビデオチップの性能とインターフェイスのデータ伝送量の大きさで決まるそうです。
まず、ビデオチップの性能と言うのは当然判ります。
しかし、驚いたのはインターフェイスが高い解像度に対応しないことがあるそうです。
これには驚きました。
そして、一番大事な問題4Kを描写するためのインターフェイスは何が必要かと言うことです。
私は現在まで、D-sub 15pinやHDMIを使用していました。
しかしながら、D-sub 15pinは2048×1536までしか対応していません。
HDMIはバージョン2.0でなければリフレッシュレート 60Hzで4Kに対応していないそうです。
一番良いインターフェイスは、DisplayPortだそうです。
ほとんどの解像度に対応しています。
私は、現在までDisplayPortと言うものを見たことがありません。
そこで、HDMIのバージョン2.0の物を選んだら良いのかと思ったのですが、対応した解像度が、かなり少ないのです。
実際の話、HDMIのバージョン2.0などは、最近のグラフィックボードしか対応していないのです。
私としては、グラフィックボードだけは中級クラスが欲しいと思い、NVIDIA GeForce GTX 960にしようかと考えてインプレッションを読んだりしましたが、イマイチよくわかりません。
仕事で使うのであればNVIDIA Quadroシリーズが良いと聞いていましたが、仕事ではないので選択肢にはありませんでした。
興味本位で、NVIDIA QuadroとNVIDIA GeForce GTXの違いを読んでみました。
見た目には、NVIDIA GeForce GTXの方がゴッツイし凄く仕事をしそうですよね。
スペックも、良さそうな気がします。
結論から言いますとGeForceシリーズはゲーム用Quadroシリーズはクリエイティブ用途だと言うことです。
ざっとしすぎてますかね。
GeForceがDirectXに最適化されているのに対して、QuadroはOpenGLに最適化されている。そうです。
一つ大きな違いは、出力できる画面の数がQuadroの方が圧倒的に多いと言うことだそうです。
後は、処理能力の違いですよね。
ソフトによっては、GeForceが勝利するものもありますがQuadroの方が多分に速いと言うことです。
これを読んで、私の気持ちはQuadroに移りました。
さて、Quadroの特徴とは。HPから転載させていただきます。
NVIDIA Quadroシリーズは、3DCG、CAD及びデジタルコンテンツクリエーションなどのプロフェッショナルアプリケーションのために最適化されたグラフィックスボードです。
NVIDIAが各ソフトウェアメーカーとドライバを開発、検証することで、75社以上からISV認証を取得。OpenGL、DirectXのパフォーマンスを向上させるので3DCG、CAD、映像編集などのアプリケーションをより高速で正確な描写が可能となります。また、3年の長期保証など、プロフェッショナルの現場を強力にサポートするグラフィックスソリューションです。
いかに、エラーを無くすかを考えたグラフィックボードのようですね。
そしてどんな種類があるのか。

ウルトラハイエンドモデル

NVIDIA Quadro M6000

nvidia_quadro_m6000_box_card
  • NVIDIA Quadro M6000
  • GDDR5 12GB
  • PCI-Express 3.0 x16
  • DisplayPort x 4
  • DVI-I x 1

NVIDIA Quadro K6000

  • NVIDIA Quadro K6000
  • GDDR5 12GB
  • PCI-Express 3.0 x16
  • DVI x 2
  • DisplayPort x 2

NVIDIA Quadro K5200

  • NVIDIA Quadro K5200
  • GDDR5 8GB
  • PCI-Express 3.0 x16
  • DVI x 2
  • DisplayPort x 2

NVIDIA Quadro K5000

  • NVIDIA Quadro K5000
  • GDDR5 4GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DVI x 2
  • DisplayPort x 2

NVIDIA Quadro K5000 for Mac

  • NVIDIA Quadro K5000
  • GDDR5 4GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 2
  • DVI x 2
  • Mac

ハイエンドモデル

NVIDIA Quadro K4200

  • NVIDIA Quadro K4200
  • GDDR5 4GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 2
  • DVI-I x 1

NVIDIA Quadro K4000

  • NVIDIA Quadro K4000
  • GDDR5 3GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 2
  • DVI-I x 1

ミドルレンジモデル

NVIDIA Quadro K1200

nvidia_quadro_k1200_box_card
  • NVIDIA Quadro K1200
  • GDDR5 4GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • Mini DisplayPort x 4

NVIDIA Quadro K2200

  • NVIDIA Quadro K2200
  • GDDR5 4GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 2
  • DVI-I x 1

NVIDIA Quadro K2000

  • NVIDIA Quadro K2000
  • GDDR5 2GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 2
  • DVI-I x 1

NVIDIA Quadro K2000D

  • NVIDIA Quadro K2000
  • GDDR5 2GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • Mini DisplayPort x 1
  • DVI-I x 1
  • DVI-D x 1

エントリーモデル

NVIDIA Quadro K620

  • NVIDIA Quadro K620
  • DDR3 2GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 1
  • DVI-I x 1
  • Low Profile

NVIDIA Quadro K600

  • NVIDIA Quadro K600
  • DDR3 1GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 1
  • DVI-I x 1
  • Low Profile

NVIDIA Quadro K420

  • NVIDIA Quadro K420
  • DDR3 1GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 1
  • DVI-I x 1
  • Low Profile

NVIDIA Quadro 410

  • NVIDIA Quadro 410
  • DDR3 512MB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 1
  • DVI-I x 1
  • Low Profile
沢山の種類があります。
そこで、私が選んだボードは、ミドルレンジモデル
NVIDIA Quadro K2000

  • NVIDIA Quadro K2000
  • GDDR5 2GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 2
  • DVI-I x 1

だったのですが、注文してから
NVIDIA Quadro K2200

  • NVIDIA Quadro K2200
  • GDDR5 4GB
  • PCI-Express 2.0 x16
  • DisplayPort x 2
    • DVI-I x 1
      これが、6000円違いであるのに気が付き、K2000をキャンセルしてK2200を購入しました。
      違いは、GDDR5 4GBとGDDR5 2GBの違いですが
      この違いは大きいと思い、急遽変更いたしました。
      私としては、かなり奮発した買い物でした。
      これが、どのような効果をもたらすかは、到着してからのインプレッションとさせていただきます。

コメントを残す

トラックバック URL

http://eishya-jin.link/%ef%bc%94k%e5%8b%95%e7%94%bb%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%81%93%ef%bc%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e7%b7%a8%ef%bc%89/trackback/

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。