映写人はイタリアの歌姫Marzia Gaggioliを 応援しています。

Marzia02

Marzia Gaggioliは、イタリアのシンガー・ソングライターです。
ポーランドでは、ワン・ダイレクションを抑えてトップに踊り出ました。
そんなMarzia Gaggioliを応援しております。

フェイスブックで、彼女の日本版ファンサイトを開設いたしました。
只今、YouTubeにUPされた曲を古い物から順に紹介しております。
また、彼女の写真をモチーフにしたコラージュ作品を展示しております。

今後共、Marzia GaggioliそしてMarzia Gaggioli Fanをよろしくお願いいたします。

Marzia Gaggioli Fanはこちらから。

Tuka3desuTVはEishya-Jinに統合いたします。

YouTubeで、色々なコンテンツを制作してきましたTuka3desuTVはEishya-Jinに統合することにいたしました。

もともと、tuka3desuと言う名で色々なコンテンツ映像を作ってまいりましたが、グーグルのシステム変更時に、誤って400位上あったコンテンツ映像を一瞬のうちに消し去るという悲惨な出来事によりtuka3desuはTuka3desuTVとして再出発を始めましたが、失敗の影響は大きく2年ほど続けてきた結果Tuka3desuTVは、以前の試聴回数の何百分の一になってしまいました。

そんな時、自分のコンテンツばかりではなく、気になったコンテンツをリンクしていこうと新しいサイト「映写人=Eishya-jin」を開設することとなりました。

2015年4月を迎えるにあたり、Tuka3desuTVは映写人の一コンテンツとして続けていくこととなりました。

どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

IMG_3714 のコピー

花畑園芸公園で桜を見てきました。

桜まつりが行われている、花畑園芸公園へ仕事を抜けだして行ってきました。
年に一度の大イベントだけあって、沢山の方がいらしていました。

休憩時間1時間でカメラスタビライザーを身にまとい、風に翻弄されながら撮影しました。
相変わらずの揺れっぷりです。

今年は、天候にも恵まれ素敵な桜を見ることが出来て本当に良かったです。

今回の動画では、初めてのナレーションを入れてみました。
おしゃべりソフトで入れようと考えていましたが、面倒くさいので結局自分が喋ったほうが早かったです。
ただ、PCに問題が出てフリーズの嵐。4時間も編集にかかってしまいました。
それからレンダリングに1時間40分 UPに40分ほど掛かってようやく完成した時には2;00を過ぎております。
久々に頑張りました。

もう、噛み噛みのナレーションですが、無いよりはいいかぁという感じになってます。
是非ご覧ください。

 

日本製の電動オートバイ「zecOO(ゼクー)」が、3月25日に発売開始

slide_412804_5214080_free

日本製の電動オートバイ「zecOO(ゼクー)」が、3月25日に発売開始されました。
上記の写真は、Designを担当した根津孝太さん(トヨタ自動車出身の元カーデザイナー)だそうです。

価格は、888万円 4時間の充電で160Km 走行可だそうです。49台限定生産で全て手づくりだそうですよ。

プレミアがつきそうですね。
AKIRAの実写版が撮れそうなバイクです。

slide_412804_5214076_free

記事の写真・内容はTHE HUFFINGTON POSTからの転載です。
詳しくは、THE HUFFINGTON POSTを御覧ください。

 zecOO(ゼクー)のオフィシャルサイトはこちらから

Marzia Gaggioliの新譜クラシック曲「Sonata Op.38 N.2 in G Minor 」が公開されました。

名称未設定 1

2015/03/24 にYouTubeへMarzia Gaggioliの新譜クラシック曲「Sonata Op.38 N.2 in G Minor 」公開されました。

早いテンポの3/4拍子で暗さの中に、明るさを少しだけ含んだ宗教音楽的な曲となっています。ピアノとブラス系の音色です。
映像は、Marzia自身が書き下ろした宗教画のスライドショーとなっています。

YouTubeでの公開ですが、「Marzia Gaggioli Only Classical」というクラシック曲だけを集めたページに公開されました。

https://www.youtube.com/channel/UCX0nVSytiSSZzP7UfOOKDqw

ネットTVも4Kになって見えすぎて困っちゃうらしいです。

02

 

4Kのテレビも、広告に出だした昨今、ひかりTVが4Kになるそうだ。
4Kと言っても、なんのこっちゃッて思う人も少なく無いでしょう。
4Kとは、HDのテレビの4倍画素数が多いと言うことです。

4倍多いとどうなるかと云いますと、アナログテレビがHDテレビになった感動は、つい最近の事だったので覚えている方も多いと思います。

出演者としては、アナログテレビからHDテレビになって何が困ったかといいますと、HD対応メイクと言って毛穴を見せなくするメイクをしないといけなくなった事らしいです。これが意外と高価とか?

その4倍粒子が細かくなると、そのメイクでも隠せないシワなどが見えてしまうと言うことですね。

相撲中継などでは、後ろの人まで顔がしっかり見えてしまうことになるでしょう。

さて、見る方としては4Kになることでメリットはあるのでしょうか?
40型以上のテレビならメリットは有ると思います。
今回、4Kになっただけではなく60Pと言って、1秒間に60枚の絵を見ることとなります。
現在までは、30Pなので、静止画にすると絵が流れて見えるところもスローモーションのように綺麗に見えるわけです。
ちなみに映画は24Pなんですよ。

4Kの60Pなら、一場面を切り取って写真にしてもきれいな画像となります。

映画などでは、風景の映像にも臨調感がでますよね。

NHKはオリンピックまでに8Kを目指すと言っていますから、これから4Kが主流になってくると思います。

4Kで見てみたいコンテンツは、はやり映画でしょうね。

基本的に映画はスクリーンサイズで横に長い画像で大型スクリーンを使用しますので4Kは理にかなっているのですよね。

グラビア好きな方は、本当にそこにいるような映像になるのかな?
まあ、これから出てくるものを興味深く見て行きたいなと思います。

ひかりTV4Kはこちらから

http://www.hikaritv.net/4k/pioneer/?cid=fb_150323
01

アイスクリーム型BGカメラスタビライザーS Monster Stabilizerの映像が初公開されました。

ken

日本のステディカム・フリークKen asanoさんが開発したアイスクリーム型BGカメラスタビライザー「S Monster Stabilizer」でで撮影された映像が公開されました。
BGカメラスタビライザーは、ここ数年で素晴らしい進化を遂げましたね。
これは、ドローンの開発と関係が深いです。
ドローンにカメラを取り付けるためにブレないジンバルを必要としセンサーやモーターモジュールが出てきて、それを手持ちにしたのが最初なのでしょう。
いつの間にか個人レベルでここまでのものが出来るようになっています。
つい数年前まではアナログのスタビライザーしかなく、練習を必要としたものですが、このBGカメラスタビライザーの登場で子供でも使える物となりました。
この先、どう進化していくのかが楽しみです。

ビデオSALONの4月号でも紹介されています。
http://www.genkosha.com/read/vs1504/index.htm

Ken asanoさんのYouTubeページはこちら。
https://www.youtube.com/channel/UCaMMPKuFLyDLRs0NG0Sq5fg

HPはこちら。
http://kenasano.net/archives/7773305.html

 

 

DYS HHG5D DSLR BL ジンバル with 3軸 ブラシレス ジンバル コントローラー

DYS HHG5D DSLR BL ジンバル with 3軸 ブラシレス ジンバル コントローラー
価格:208,862円(税込、送料込)

舞台演出も凄いことになってます。

今話題になっているPerfumeのライブビデオですが
映像好きとしては、見逃せない演出となっています。
LEDのボードを使いBGVでの演出、もちろんレーザー光線やプロジェクションなど、様々な電子的映像を使っての演出です。

しかし昨日のニュースではそのLEDパネルが倒れてダンサーが下敷きになった事故も報じられていて、舞台演出も随分派手になっていくのもいかがなものかなぁと感じております。

話は戻り、Perfumeの映像ですが、カメラのスイッチング時のトランジションなのか、ウニョウニョとパンしたりズームしたりと、何でも出来るんだなぁと言う感じの映像となっています。

仕掛けを知りたいと思う反面、乱視が強い私としては、実際に見ていると気持ちが悪くなるかもしれないと思いました。

色々実験段階でもあるのでしょうね。
こういう演出が好みかどうかは、個人差があるでしょう。
これからどうなっていくのだろうという楽しみはありますね。

Nina McIntireさんの新譜Earth Lullaby – Nina – Ivory FantasyがUPされました。

親愛なる友人Nina McIntireさんの新譜Earth Lullaby – Nina – Ivory FantasyがUPされました。

この曲には、ブラームスとマイケル・ジャクソンのメロディーをアレンジして盛り込まれています。
やはり知っているメロディーが入ると耳を傾けやすくなりますね。

PVに出てくる画像も、とても素敵な風景で心地よくご覧いただけると思いますよ。

Nina – Ivory Fantasy

ドローンもこういう事に使ってほしい。

このところ、メディアでもドローンを取り扱う番組が増えてきました。
NHKのドラマなどに多く使われてからでしょうか。
価格も、子供のおもちゃ位の物もあります。

さて、今日紹介する映像は、ドローンを使ってスターウォーズの一場面を再現するドーロンを作った人がいる話です。
この映像を見てください。

スターウォーズの中に出てくるキャラクターです。(フォースシリーズのスピーダーバイクハスブロパワー)

この飛行する姿は、カッコイイですね。

これは、クワッドコプターにEbayで購入したプラモデルを利用して作ったそうです。

このクアッドコプターにバイクを乗せた時、人形の重さを減らさなければならなかったそうです。
そこで内部は自作で作り、それにカブトや鎧を着けたとか。上手いものです。
そしてもっと凄いと思ったのは、カブトの中にカメラを仕掛けることで飛んでいる風景も撮影することが出来たそうです。



私は工作が苦手なので、こういうものを作る人は本当に尊敬します。
そのうちアトラクションで、自分が運転する模型バイクが飛んでカメラで映し出された
映像で疑似体験できるようになるかもしれないですね。

以前、大きなゲームセンターの模型レーシングカーにカメラを積んで走る様子を見ながら
操縦するものが既にあったので、応用すれば簡単に出来そうな気もします。

ドローンの使い道には沢山の利点もありますが、悪用されることも十分にあります。
なんでも娯楽や楽しいことに使ってほしいものです。

この写真や映像は、作者のブログで詳しく見ることが出来ます。

どうぞご覧ください。

http://makezine.com/projects/fpv-star-wars-speeder-bike-quadcopter-puts-you-in-the-drivers-seat/

Adam Woodworth さんのブログより転載

楽譜作成&作曲ソフト「Notion5日本語版」が発売されました。

楽譜作成&作曲ソフト「Notion5日本語版」が発売されました。

楽譜作成&作曲ソフトとしては、安価な部類に入るソフトですが
とても高性能で、ギターリストやベーシストにも優しいソフトです。
タブ譜も綺麗に作ることが出来ますよ。

そして、再生機能ではプロフェッショナル音源を使って高品位な楽曲を再生することができます。

私の説明では拙いので、説明文をコピペさせていただきます。

イギリス生まれの楽譜作成&作曲ソフトウェアNotion日本語版は、優れたサウンド・クオリティ、スピーディなワークフロー、クロス・プラットフォーム、リッチな機能性で高い評価を受けています。楽器数/ページ数無制限、TAB譜/コードネーム/歌詞入力、鍵盤/フレット/ドラムパッドなどのインタラクティブな入力ツール、一流プレイヤーによる8GB以上の音源、MIDI/MusicXML/GutarPro/WAV/VST/ReWireサポート、64BItネイティブ、そしてStudio Oneプラグインとミキシング機能に加え、Studio Oneへのダイレクト・エクスポートが可能など、Notionにより楽譜作成は新たなステージへ突入します。
Notion 5日本語版|パッケージ版:17,500円|ダウンロード版:16,500円

サンプル音源
https://soundcloud.com/mi7japan/notion_demomix

あなたの楽譜をワールドクラスのミュージシャン達が演奏

Notionは、そのサウンド・クオリティが高く評価されています。それもそのはず。オーケストラ・サウンドはアビー・ロード・スタジオでレコーディングしたロンドン交響楽団、ギター・サウンドはニール・ザザ、ベース・サウンドはヴィクター・ウッテンなど、一流のプレイヤーの演奏をトップ・エンジニアが最高の機材を使用して余すところなく収録した8GB以上の内蔵音源が含まれています。これにより、驚くほどのダイナミクス、アーティキュレーション、パフォーマンス・テクニックを提供しているのです。

↓ 詳しく読む

鍵盤、フレット、ドラムパッド!インタラクティブなツールで直感的に楽譜化

Notionは、ミュージシャン向けのインタラクティブな入力ツールを用意しています。ギタリスト/ベーシスト向けのバーチャル・フレットボード、キーボーディスト向けのバーチャル・キーボード、そしてドラマー向けのバーチャル・ドラムパッド。これらを演奏すれば、そのまま楽譜になるのです。また、豊富なコード・ライブラリから特定のコードを素早く選択したり、独自のコードも作成できます。さらに、ギター・タブ譜作成ソフトウェアGuitar Proのファイルをインポート可能です。
↓ 詳しく読む

本物のクロス・プラットフォーム、iPad用Notionアプリもラインアップ

MacやWindows上のNotionで作成したスコアを、iPad用Notionアプリで編集できます。逆に、iPad用Notionアプリで作業をスタートさせてから、MacまたはWindows上のNotionで編集を行うことも可能です。このようなワークフローは、ソフトウェアとアプリを自社で手掛けるPreSonusならではです。革新的な作曲家であり指揮者でもあるエサ=ペッカ・サロネン氏も愛用するiPad用Notionアプリで、いつでもどこでも音楽に集中できます。
エサ=ペッカ・サロネン氏のiPad Airストーリーを読む

↓ 詳しく読む

映像を確認しながらフィルム・スコアリング

64Bitネイティブ・ソフトウェアのNotionなら、映画、CM、テレビ映像用の作曲/オーケストレーションもサクサクこなします。しかも最新の映像フォーマットで。
↓ 詳しく読む

優れた連携。MIDI、WAV、VST、ReWire、MusicXML、Guitar Proに対応!
そしてStudio Oneへステムのエクスポート

Notionは、iPad用Notionアプリだけでなく様々なフォーマット/プラットフォームとも連動できます。MIDIファイルのインポート/エクスポート、WAVファイルのインポート/エクスポート、VSTインストゥルメント/エフェクト、ReWire、MusicXMLのインポート/エクスポート、Guitar Proのインポート、SoundCloudへのダイレクト・アップロード、そしてStudio Oneのチャンネル・ストリップを搭載し、Studio Oneへステムのエクスポートがダイレクトに可能。しかもStudio Oneには無料版のFREEがラインアップ!Notionの可能性は無限大です。
↓ 詳しく読む

楽譜再生だけじゃない、演奏やプロデュースも可能

Notionでは、楽譜をライブ演奏したり、高品位なStudio Oneのプラグインを収録しデジタル・オーディオ・ワークステーションのような機能も実装しています。
↓ 詳しく読む

MIDIパートをキャプチャ、そしてスコアで編集

MIDIデータの録音と編集もNotionならば簡単。MIDIとスタンダード記譜を同時にオーバーレイ表示させることができるNotionならではの機能です。
↓ 詳しく読む

64Bitネイティブ対応、タッチスクリーンにも対応

楽譜作成は新たなステージに!Notionは、Mac OS XおよびWindows上で32Bitまたは64Bitネイティブ・ソフトウェアとして動作しますが、これだけではありません、Windows 8のタッチスクリーンに対応し、スタイラスペン等でスマートな楽譜作成も可能です。そして、MacのRetinaディスプレイにも対応し美しく高解像度な楽譜表示も可能です。

Pre Sonus HPより転載

とても安価で、高品位なサウンドを作ることが出来るソフトの紹介でした、

PRESONUS NOTION5 在庫あります!

PRESONUS NOTION5 在庫あります!
価格:17,500円(税込、送料込)

Sinfonia Op.12 N.3 in G Major (Sonata)- Marzia GaggioliがUPされました。

Marzia Gaggioliの新譜が発表されました。
今回は、クラシック曲でSinfonia Op.12 N.3 in G Major (Sonata)です。

とても情緒のある曲になっています。
ピアノとストリングス系音色で構成されています。

Marzia gaggioli

Show-Ya Fanとしては見逃せない映像がUPされました。

SHOW-YA カバーアルバム第2弾『Glamorous Show Ⅱ』リリースツアー!
7月東名阪決定!チケット先行受付3/3(火)21:00~開始されました。


50代になっても、意気盛んなShow-Yaの秘蔵映像もUPされています。
日本のハードロックガールズバンドの元祖Show-Yaの特別サイトはこちら。
http://show-ya.jp/showya30/
今まで割りとニュートラルだったドラムのミッタンのメイクもバッチリ宝塚ふうです。
昨年デビュー30周年企画の第1弾としてリリースした初のカヴァー・アルバム『Glamorous Show』が大好評!そして第2弾となるカヴァー・アルバム『Glamorous Show Ⅱ』のリリースが決定!
時代を超えた、時代を代表する“男性ソロアーティスト”のマスターピースを、よりハードに、より男前にカヴァーする。『Glamorous Show Ⅱ』では、プロデューサー笹路正徳に加え、アレンジャーにマーティ・フリードマンを迎え、さらにパワーアップしたSHOW-YAサウンドを炸裂させる。
1970年代から2010年代までにわたる数々の名曲とSHOW-YAサウンドがどんな化学反応を起こすであろうか、要注目!!

さらにリリースを記念してSHOW-YAメンバー、マーティ・フリードマンから動画コメントが到着!さらにレコーディング風景が少しだけ見られる動画も公開!必見です!

■30周年記念リリース第2弾 『Glamorous ShowⅡ』
発売日:2015年5月27日(水)
価格:3,000円(税込)/2,778円(税抜) UICZ-4326

<収録予定曲>
1.眠れない夜 (泉谷しげる ’74)
2.ゴロワーズを吸ったことがあるかい (かまやつひろし ’75)
3.青空、ひとりきり (井上陽水 ’75)
4.黒く塗りつぶせ (矢沢永吉 ’77)
5.勝手にしやがれ (沢田研二 ’77)
6.悲しみは雪のように (浜田省吾 ’81)
7.So Young (佐野元春 ’82)
8.い・け・な・い ルージュマジック (忌野清志郎+坂本龍一 ’82)
9.Gang★ (福山雅治 ’01)
10.やさしくなりたい (斉藤和義 ’11)

※オリジナル年代順 ※カッコ内オリジナル・アーティスト

ユニバーサルミュージック
http://www.universal-music.co.jp/show-ya/

 

http://show-ya.jp/genuinediamond/

MarziaのPVメイキングハプニング集第二弾がUPされました。

Behind The Scenes – Part 2 by Marzia Gaggioli
MarziaのPVメイキングハプニング集第二弾がUPされました。
すごく地味と言いますか、努力の上にビデオが作られているんだなぁと関心します。
笑っちゃいけないけど笑っちゃう映像が沢山ありますよ。(^O^)
最初の扇風機なんていうのは、宇宙人の声を作るにも良さそうなセットですね。
撮影されている、お母様も笑いが絶えず、元気に長生きされそうです。
親孝行なMarziaでした。