Canonが単焦点レンズをリニューアル“EF50mm F1.8 STM”を発売を発表

ef50-f18stm

私も長年愛用している、CanonEF50mm F1.8がリニューアルします。

マウントが金属に変更されて、ピントもSTMに変更されて性能UPしているようです。
その分、価格も倍近くになっていますが、現在のレンズの中では安価ですよね。

フルサイズでは標準レンズとして、APS-Cでは中望遠として使えポートレートでは、とても使いやすい画角となります。

それでは、CanonのHPより内容を転載してみます。

おもな特長

“EF50mm F1.8 STM”は、1990年12月の発売以来好評を博し、現在も全世界で月産7万本以上を誇るロングセラーとなっているEFレンズ「EF50mm F1.8 II」の後継機種です。

小型・軽量設計でF1.8の明るい開放絞り値の単焦点レンズ

本レンズは、人間の視覚に近い50mmの標準画角とF1.8の明るい開放絞り値を持った小型・軽量のEFレンズです。定評ある光学設計を継承し、デジタルカメラでの撮影に適したコーティングを採用しています。また、絞りを5枚羽根から円形絞りの7枚にしたことで、背景を円形で美しくぼかした撮影表現を可能としました。APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したEOSシリーズに装着した場合には、35mm判換算で焦点距離イメージが約80mm相当となり、ポートレート撮影に最適です。

従来機種よりも静かなAF駆動の実現に加えて操作性が向上

ギアタイプのステッピングモーター(STM)を採用することにより、従来機種と比べて静かなAF駆動を達成しています。加えて、AFでの合焦後に、AFモードのままマニュアルフォーカスを可能とするフルタイムマニュアルフォーカス機構も搭載しています。また、35cmの最短撮影距離と0.21倍の最大撮影倍率を実現しており、従来機種よりクローズアップした撮影が可能になるなど、映像表現の幅を広げ、操作性の向上も実現しています。

  • カメラのAFモードがワンショットAFの時。

高品位な外観デザイン

外装に施した質感のある梨地塗装のほか、鏡筒の外周部分にブラックリングを採用し、マウント部には金属を採用するなど高級感のある外観デザインに仕上げています。

持っていない方には、是非持っていただきたい一本ですね。

キヤノン EF50mm F1.8 STM 《5月下旬発売予定》

キヤノン EF50mm F1.8 STM 《5月下旬発売予定》
価格:16,090円(税込、送料込)