Canon XC10 意外な弱点

Canon XC10を購入して、説明書を読んでから知ったことなのですが、このカメラは防水・防塵構造になっていないのです。

これはかなりのプレッシャーです。

注意書きの一番初めが、ホコリなどの多い場所で使わないですから。

カメラを使う場所って、意外とそういうところが多いでしょう。
特に私の家は、通りに面しているので車の粉塵がすごくホコリが多い場所でもあります。

それから、雨の多い日本ですから突然の雨にも注意しなければなりません。

一番問題は、EXHAUST VENT(排気口)なのだと思います。
PCでも排気口から入るホコリは多いことですからね。

なぜ、排気口があるか?

それはもちろんカメラ内の熱を放出するためです。

そのために、デジイチでは一回に撮影できる時間が決められていますが、このカメラはビデオカメラなのでACアダプターからの電力で長時間撮影できるようになっています。

こんなところからも水が入りやすいのだと思います。

そしてレンズも、交換式ではないので、もし何かあると本体ごと修理に出す必要がでて大変そうですよね。

もし、購入を考えていらっしゃる方には、必要な情報ではないかと思い書き込みました。

その辺十分気を付けましょう。

プロ機は、この辺をしっかり作ってあるものが多いので、ついと言うこともあるかもしれませんね。

トラックバック URL

http://eishya-jin.link/2015/07/17/canon-xc10-%e6%84%8f%e5%a4%96%e3%81%aa%e5%bc%b1%e7%82%b9/trackback/

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。