以前行った同じ対戦相手ですが、今回は土俵を同じにしてHD画質での対決となりました。

Canon XC10の上にCanon SX280HSを乗せた形での対戦です。

IMG_20150820_151127

前回はCanon XC10の画質を4Kにしたために、手ブレ補正機能は通常のものとなり、Canon SX280HSの完勝となりました。

その次の対戦でCanon XC10とCanon EOS7Dの対戦では、同じ土俵のHD対戦となり、Canon XC10の完勝となりました。

そこで、リベンジ対決と言うことで、今回はHD対戦で同じカードを組んだわけです。

結果は見ての通り序盤はXC10の攻勢で、そのまま逃げ切ると思いきや最後のランゾーンで転倒したかのようなアクシデント。

この結果から、XC10のDynamic IS機能は、普通に歩くには良い結果をもたらすが、駆け足になると破綻するという結果でした。

やはりXC10は、スタビライザーを必要とするカメラだと言うことが明らかとなりました。