今回はCanon XC10+Beholder DS1 で1/4スローモーションビデオを撮ってみました。

実はCanon XC10で1/4スローモーションビデオを撮ってみたのは初めてです。

以前から、スタビライザーとスローモーションの相性が良いことは解っていました。

それは、編集時にスローモーションにしたことがあり、とても不思議な印象を覚える映像になったからです。

ですが、撮影時にスローモーションにしたことが一度もなかったのです。

実際にやってみると編集時にスローモーションにするより、とても絵が綺麗な事を感じました。

今回はISO感度を上げているので粒子の多い映像になっていますが、Film LooK的かもしれないですね。

とても見やすい映像になりました。

これから多用しそうな気がします。

今回はスタビライザーとの相性も良いことがわかりますね。

スローモーションにしたほうが、スタビライザーでの粗が見えづらいようです。