【DaVinci Resolve 12.5|250の新機能】
1. 全体的なパフォーマンスの向上。これまでより速い、滑らか、使いやすい。
 2. Fusion Connect。VFXソフトウェア、Fusionと緊密な連携。どっちも無償版でも、ちゃんと使えます。
 3. ソースビューワーでオーディオ波形を同時表示。これでカチンコのタイミングも一目瞭然。
 4. プライマリーパレットに、色温度とティントの設定を追加。誰でも簡単に色温度を変えられます。なんで今までなかったのか不思議なくらい。
 5. 全22種類のResolve FX。レンズフレア、レンズブラー、フィルムグレイン、グロー、エンボス、ミラー、リプル、モザイク・・・。もはや有償プラグインは必要なし。
 6. 空間的ノイズリダクションの飛躍的な進化。こいつ、なかなかやりまっせ。※有償版のみ。
 7. HDR機能の充実。HDRモードがあったり、スコープがニッツ表示になったり、HDMI 2.0aのメタデータに対応したり。はい、流行には敏感なんです。※有償版のみ
8. カラーホイールのログモードの成長。オフセットで黒レベルを設定→コントラストを拡張→ オフセットで色調整→オフセット以外で色と明るさを調整。Log映像の料理法の一つ。

9. ノードエディターの発展。コピー、スワップ、取り外し、挿入、複合ノード化など。ますます直感的に使えます。

10. マーカー機能の向上。たかがマーカー、されどマーカー。
11. タイトルツールの向上。オンスクリーンコントロールもできるようになりました。グイグイ動かしちゃってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
早速ダウンロードして触ってみたのですが、少し早くなったかなぁ位しか今のところ実感がありません。
しかし以前に比べると使いやすくなっている気がします。詳しいことが知りたい方は、コチラからリンク先へ飛んでください。

お試しあれ。