•  私がバンドで初めてキャラ(設定)を感じたのは、聖飢魔IIのデーモン閣下だった。
    彼は実年齢に10000万歳プラスして年齢を語る。
    ステージに立つ姿が本来であって、ステージ以外は世を忍ぶ仮の姿だといい切る。

    その後はアイドルでゆうこりんが、かぼちゃの馬車に乗ってこりん星からやってきたと言って、キャラ設定を最後まで押し通そうとしていた。
    ももいろクローバーZは、ファンをモノノフと呼び、BABY METALは、キツネ様が降臨しているといい切る。
    これって、日本だけの文化なのだろうか?
    まあ、ハードロックやメタルの世界では悪魔が良く登場してくるので、キッスなどを見ていると万国共通なのかなとも思う。

    そんな中、メイドをキャラ(設定)にしたバンドがある。
    それがBAND-MAIDだ最初バンド・エイドのパクリか?と思ったらメイドだった。^^;
    彼女たちはメイドだけに、ファンを「ご主人様とお嬢様」と呼ぶ。
    ライブは「給仕」ライブに来てくれたことを「ご帰宅」と言う徹底ぶり。

    そういう彼女たちは勿論メイドの恰好なのだが、ボーカルだけは何となく女王様ぽい。
    マイクと鞭を持ったほうが似合う気がする。
    これは、ギャップを狙っているのだろうか?

    私は、彼女たちの存在は知っていたが、海外でもこれだけ知られているとは思っていなかった。
    メイドの恰好なのだが正統派のハードロックを聞かせてくれる。
    そんな彼女たちの演奏PVをまとめてみた。

    最近出した順に並べてみたので御覧ください。

    BAND-MAID / Don’t you tell ME

    BAND-MAID / YOLO

    BAND-MAID / Before Yesterday

    BAND-MAID / the non-fiction days

    BAND-MAID / alone

    BAND-MAID / Don’t let me down

    BAND-MAID / REAL EXISTENCE

    BAND-MAID / Thrill(スリル)

    「おかえりなさいませ、ご主人様、お嬢様」

    1st Single『愛と情熱のマタドール』、2nd mini album『New Beginning』より
    BAND-MAID®の真骨頂とも言えるハードロック・ナンバー『Thrill(スリル)』のMV