まるでオリンピックでのショーの如く、会場と一体化したパフォーマンスには感動を覚える。
あんな高いところからの登場で、ただ降りてくるのではなく回転技を見せている。
 
最初レディー・ガガが少し太ったと思ったら、吊り下げるための装具が付いていて、装具とは思えない綺羅びやかさ。
キーボードを抱え歩きながら歌うシーンは、ダンサーにマイクを持たせるなど面白いパフォーマンスだ。
これだけ広い会場だから口パクかとも考えたが、立膝でピアノを引きながら歌っているところでは息遣いも感じた。
とにかく何もかもが桁違いに思えた。

パフォーマンスを撮影する者としてカメラマンを探すのだが、何処にも見当たらないのが本当に凄い。
どうやって、あのカメラワークをしているのだろうと不思議に思った。
何度も見たくなる映像で永久保存版にしたいものだ。