Panasonic HC-WX990Mでマニュアルフォーカステストをしてみました。

今まで使っていた、ハンディタイプのビデオカメラはマニュアルフォーカスでピントを合わせるのがとても大変でした。
それはCANON XC10でも同じで、メカニカルでは無いのでハイとローモードがありながら全然早くないのです。
またピンが来ているかどうかもわかりづらい。
それに比べて、このPanasonic HC-WX990Mは、手持ちでピント合わせしているのにもかかわらず、とてもスムーズ。
映像を見てもらってもわかるように、ピント合わせ時のカメラブレが見られません。
それは、ピントリングと言うかローラーと言うか、カメラ前方の下についているローラーを回すのですが、とても回しやすいしピントが合うのも早い。画面上でピントが合っているかどうかは、ピントが合っている所が青く塗りつぶされるので一目瞭然。

この映像は、手持ちと三脚を使ったものです。
撮って出しなので、撮影後のエフェクトは使っておりません。
それにしても、このカムコーダーこんなに使いやすいとは思っても見ませんでした。

いやー買った時は酷評しましたが、使い方が分かってくると愛着が湧いてきました。
良いカムコーダーに出会えて良かったです。
モニターも見やすい気がしました。
ほぼ新品の新古だったら5万円台で買える4Kカムコーダーです。
良い時代になったものです。

>パナソニック(Panasonic) デジタル4Kビデオカメラ HC-WX990M-K 64GB プレミアムモデル ブラック

価格:116,440円
(2017/4/5 20:50時点)
感想(0件)