DaVinci Resolve 14.3 Studioアップデート

DaVinci Resolve 14ソフトウェアについて

データベース管理に関する重要な情報

DaVinci Resolve 14.3では、DaVinci Resolve 14.2.1およびそれ以前のバージョンからデータベースをアップグレードする必要があります。

アップグレードを実行する前に、既存のデータベース(DiskDBとPostgreSQLの両方)をバックアップすることを強くお勧めします。

DaVinci Resolve 14.3の新機能

  • Blackmagic Design URSAブロードキャストカメラのサポートが追加されました
  • Sony Venice / CineAltaVカメラからRAWフッテージのサポートを追加
  • 網膜モニター上のメディアプールと編集ページのタイムラインのサムネイルの品質を改善
  • フッテージを読み込む際のPanasonic Varicamメタデータの読み込みサポートの追加
  • MXFへのエンコード時にソニーの色空間とガンマメタデータを書き出すサポートが追加されました
  • RED SDK v7.0.6のサポートが追加されました
  • [配信]ページのオーディオセクションがメインバスではなくタイムライントラックにデフォルト設定される問題を解決しました
  • トランジションの編集でクラッシュが発生することがあった問題を解決しました
  • 異なるサンプリングレートのオーディオにビデオを同期させると、オーディオの同期やピッチのオーディオが正しくないという問題が解決されました
  • ミキサーUIレイアウトの変更がデュアルスクリーン設定で保存されないという問題を解決しました
  • キーフレームカーブエディタを開いた後、矢印キーを押してボリュームキーフレームを移動できない問題を解決しました
  • クリップの切り替え時に選択するノードを選択するオプションの問題を解決しました。
  • グループを削除した後でプロジェクトの保存に失敗する問題を解決しました
  • 特定の取り消し/やり直し操作後にプロジェクトが保存に失敗する問題を解決しました
  • DaVinci Resolve StudioのアクティベーションウィンドウにUIアーチファクトの問題を解決しました
  • LUTを持つプロジェクトがWindows上で正しくエクスポートされない問題を解決しました
  • 現在のプロジェクトをデータベース間でコピーできない問題を解決しました。
  • ビット深度の高いTIFFファイルに再リンクするとクラッシュする問題を解決しました
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上

Macの最小システム要件

  • macOS 10.12.6 Sierra
  • 16 GBのシステムメモリが推奨され、8 GBがサポートされている最小メモリです
  • Blackmagic Designデスクトップビデオバージョン10.4.1以降
  • CUDAドライババージョン8.0.63
  • NVIDIAドライバのバージョン – GPUの必要に応じて
  • RED Rocket-Xドライバ2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降
  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

Windowsの最小システム要件

  • Windows 10 Pro
  • 16 GBのシステムメモリが推奨され、8 GBがサポートされている最小メモリです
  • Blackmagic Designデスクトップビデオバージョン10.4.1以降
  • NVIDIA / AMD / IntelのGPUドライバーのバージョン – GPUの必要に応じて
  • RED Rocket-Xドライバ2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降
  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

Linuxの最小システム要件

  • CentOS 6.8
  • 32 GBのシステムメモリが推奨され、16 GBはサポートされている最小メモリです
  • Blackmagic Designデスクトップビデオバージョン10.4.1以降
  • NVIDIA / AMDドライバのバージョン – GPUの必要に応じて
  • RED Rocket-Xドライバ2.1.34.0およびファームウェア1.4.22.18以降
  • RED Rocket Driver 2.1.23.0およびファームウェア1.1.18.0以降

MacでのPostgreSQLデータベースサーバのアップグレード

DaVinci Resolve 12.5.2まで、MacインストーラはPostgreSQLバージョン8.4.2とともに出荷されていました。 macOS Sierra 10.12以降、PostgreSQLバージョン8.4はサポートされなくなりました。 最新のOSにアップグレードする場合は、macOSをアップグレードする前に、PostgreSQLデータベースサーバをバージョン9.5.4にアップグレードする必要があります。 PostgreSQLのインストールがアップグレードされ、データが移植されたら、macOSのアップグレードを続行できます。

私たちはあなたのMacであなたのPostgreSQLバージョンのアップグレードを簡単にするアプリを提供しています。アプリケーションと手順については、

Library/Application Support/Blackmagic Design/DaVinci Resolve/Upgrade PostgreSQL

今回のソフトウェアップデートは、新しいBlackmagic URSA Broadcastカメラのサポートに加え、Sony Venice/CineAltaVカメラからのRAWファイルのサポートを追加。さらにDaVinci Resolve 14.3アップデートは、Retinaディスプレイでメディアプールのサムネイルの品質を改善、フッテージの読み込み時のPanasonic Varicamのメタデータの読み取りサポートの追加、SonyカラースペースおよびガンマのメタデータのMXFファイルへの書き出しを追加、オーディオのデリバリーにおける問題を修正。ファイル保存時の信頼性も向上し、全般的なパフォーマンスと安定性も改善