Fusion マニュアル クワッドビュー

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

クワッドビュー

3D合成では、さまざまな視点からシーンを表示する必要があります。

ビューアを異なる視点に切り替えたり、ビューアを分割して4つの角度を同時に表示することができます。

これはクワッドビューと呼ばれます。


3Dシーンのクワッドビュー

クワッドビューには4つの部分がありますが、4つのビューはすべて同じシーンです。

クワッドビューを使用して3D環境を表示する場合は、前面、左、上、下、および遠近法の正射投影ビューを表示するか、シーンに存在するカメラまたはスポットライトによるビューを選択します。

クワッドビューは2Dシーンでも使用でき、各パートを使用して異なるビュータイプを表示できます。たとえば、1つの象限は画像を表示し、他の象限はアルファチャネル、ベクトルスコープ、およびヒストグラムを表示できます。

クワッドビューの表示を切り替えるには、次のいずれかの操作を行います。

  •  Viewerで右クリックし、コンテキストメニューからViews> Quad Viewを選択します。
  • キーボードのCommand(Mac OS X)またはCtrl(Windows)-Qを押します。
  • Dビューアツールバーのクワッドボタンをクリックします。

4つの等しいサイズのパネルから、より大きな単一パネルの底部に3つの小さなパネルを持つようなさまざまな四角形のレイアウトがあります。

別のクワッドビューレイアウトに切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. クワッドビューを有効にします。
  2. ビューアを右クリックし、「ビュー」>「四角いレイアウト」と選択します。
  3.  [Quad Layouts]サブメニューからレイアウトを選択します。

クワッドビューレイアウトのサブメニュー

 

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更
  16. クワッドビュー

 

Fusion マニュアル 影

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Shadows 影

ライトと同様に、デフォルトの3Dビューアはシャドウをオフにしています。

3Dビューアでシャドウを表示するには、ツールバーのシャドボタンをクリックするか、ビューアを右クリックして3Dオプション/シャドウを選択する必要があります。

[3Dオプション]コンテキストサブメニューの[シャドウ]コマンド

シャドウを有効にすると、照明がまだオンになっていない場合は自動的にオンになります。 ディスプレイビューに表示される影は、ぎこちないエッジになります。 ソフトウェアレンダラでは、ソフトシャドウを使用できます。

 

透明性

画像平面と3Dオブジェクトは、3D空間内のX、Y、Z位置座標に基づいて、シーン内の他のオブジェクトによって隠されます。

どのポリゴンが隠れているか、それらの座標に基づいて表示されているかを調べるプロセスは、Zバッファリングと呼ばれます。

このプロセスは非常に高速ですが、シーン内の複数の透明なレイヤーを扱うときは必ずしも正確ではありません。

Zバッファリングはデフォルトですが、これらの複雑な3Dシーンには別のオプションもあります。ソートされたメソッドは、一部のシーンではかなり遅くなることがありますが、透明度のレイヤーが何枚あっても正確な結果が得られます。

ビューアのデフォルトの動作はZバッファリングを使用することですが、シーンにSortedメソッドが必要な場合は、ビューアツールバーの[高速]ボタンをクリックしてZバッファリングを無効にするか、3Dビューアを右クリックして[ 「透明度」サブメニューから「クイックソート」を選択します。

クイックソートは、シーン内のポリゴンを前後に並べ替えて、より正確な透明度のレンダリングを実現します。

完全ソートは、すべてのポリゴンをZ順にレンダリングして、最も正確な透明度のレンダリングを取得します。

2D Viewerツールバーの[高速]ボタン

グリッド

3Dビューアには、3Dシーンの参照ポイントを提供するのに役立つグリッドが含まれています。

グリッドは、サイズが24 x 24単位で、原点を中心に(0,0,0)、2単位の大きな正方形と0.25単位の小さな正方形に細分されています。

グリッドの表示を無効にするには、右クリックして[3Dオプション]サブコンテキストメニューから[グリッド]を選択します。


x = 0、y = 0、z = 0の原点を持つ3Dビューアグリッド

頂点法線

法線は、3Dジオメトリの各頂点がどの方向を向いているかを示し、オブジェクトのライティングとテクスチャリングを計算するときに使用されます。

イメージプレーンまたは完全なFBXメッシュを含む任意の種類の3Dジオメトリを表示すると、シーン内の各オブジェクトの法線を表示できます。

シーンの法線を表示するには、ビューアを右クリックし、コンテキストメニューから3Dオプション>頂点法線を選択します。


3Dシーンで見られる法線

 

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更

Fusion マニュアル 3D視点の変更

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Changing 3D Viewpoints 3D視点の変更

3Dシーンを合成するには、さまざまな角度からシーンを表示して、位置とアニメーションが必要なものであることを確認する必要があります。

3Dビューアは、任意の角度から3Dシーンを見ることができるパースペクティブカメラを使用します。

3Dビューアを切り替えて、正面、上面、左面または右面から3Dシーンを表示することもできます。

シーンにカメラやスポットライトがある場合は、それらのオブジェクトの視点からシーンを切り替えることもできます。

 

3Dビューポイントを変更するには、ビューアを右クリックし、コンテキストメニューから[カメラ]サブメニューを選択します。

選択肢には、パースペクティブ、フロント、トップ、左および右が含まれます。


3Dビューポイントのコンテキストメニューの[カメラ]サブメニュー

3Dシーンに1つ以上のカメラオブジェクトがある場合、それらはコンテキストメニューのオプションとしてリストされます。

シーン内のスポットライトやその他のライトやオブジェクトは、その他のサブメニューに表示されます。

これらのオブジェクトのいずれかを選択すると、3Dビューアがジャンプして、選択したオブジェクトの視点からシーンを表示します。

ビューアは、オブジェクト、回転、パンまたはズームを「スルー」しながら、代わりにカメラ、ライトまたは他のオブジェクトの回転、位置およびスケールを変更します。

デフォルトのパースペクティブビューを使用してシーンを設定することは多くありますが、その視点をメインカメラの視点にしたいと思っています。

ビューアに表示されている現在の視点に一致するように、カメラ、ライト、または他のオブジェクトを簡単に配置して方向を設定することができます。

ビューアの視点をカメラにコピーするには、次の手順を実行します。

  1. 必要な視点で3Dビューアを設定します。
  2.  3Dシーンにカメラを追加します。
  3.  3Dビューアを右クリックしてコンテキストメニューを表示します
  4. 「カメラ」>「コピー先のコピー」>「camera3D#

上の例の手順では、camera3Dのコントロールはビューアの位置と角度の値を継承します。

ヒント:[Copy PoV to]コマンドは、オブジェクト自身の座標空間を使用します。 他のツールによって下流で実行される変換は考慮されません。

ビューポイントを切り替えると、ビューアの下隅にあるテキストラベルを使用して、現在表示されているビューポイントを追跡することができます。

上のラベルまたはその上の軸コントロールを右クリックすると、Cameraサブメニューのショートカットとして機能し、別の視点を簡単に選択できるようになります

ライティング

3Dシーンにライトを追加する前に、デフォルトのライティングが用意されています。

この基本的な照明を使用すると、追加する必要なくオブジェクトの陰影を確認し、ビューアにライトの可視光アイコンを設定できます。

シーンのデフォルトライトの効果を確認するには、ツールバーのライトボタンをクリックします。

ライトボタンは、3Dシーンのライトを有効または無効にします。

シーンに独自のライティングを追加する準備ができたら、[ツール]> [3D]> [ライト]を選択し、サブメニューからライトタイプを選択します。

追加するライトは、Merge 3DツールとMerge 3Dツールに接続する必要があります。

または、ライトの効果を確認するために、さらに下流のツールを3Dビューアに表示する必要があります。

Merge 3Dツールにライトを接続すると、デフォルトのライティングは無効になります。

イメージプレーン、カメラ、ライトが接続された3Dマージツール

ヒント:ライトツールを単独でビューアにロードすると、何も表示されずに空のシーンのみが表示されます。 ライトの効果を確認するには、ライトに接続するMerge 3Dを表示します。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更

 

Fusion マニュアル 3Dビューア

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

The 3D Viewer 3Dビューア

3D空間でのコンポジットの構築には、従来の2Dコンポジットとは異なる要件があります。

3Dカテゴリまたは一部のパーティクルシステムのツールが選択されると、3Dビューアがシーンを表示するために使用されます。 3

D Viewerは、真のOpenGLaccelerated 3D環境でコンポジットの表現を表示します。

3Dコントロールの詳細については、第12章「3Dで作業する」を参照してください。

ビューの回転、パンおよびスケーリング

ほとんどの場合、3Dビューアのナビゲーションは2Dビューアのナビゲーションと同じです。パンとズームは同じですが、3Dビューアでもビューアをシーンの周りで回転させることができます。

ビューアで回転するには、次のいずれかの操作を行います。

  • オプション(Mac OS X)またはAlt(Windows)を押しながら、マウスの中央ボタンを使用して左右にドラッグします。
  • 左右のマウスボタンを左右にドラッグしたままにしておきます。

回転はビューの中央に配置されます。

ヒント:3Dヒストグラムのサブビューでも回転コントロールを使用できます。

ワイヤーフレーム

3Dコンポジットは、イメージプレーン上の2D画像で動作するだけでなく、パーティクルシステムで生成されたもの、テキスト3Dツール、インポートされたFBXメッシュ、3Dツールセットの基本プリミティブなどの真のジオメトリを統合することもできます。

ワイヤーフレームビューを使用すると、メッシュ全体を見たり、ジオメトリの密度を表示したりすることができます。

ワイヤフレーム内のImagePlane3DのSubdivisionレベルの変更が、レンダリングされたイメージを表示するよりもはるかに簡単です。

3Dビューアツールバーのワイヤフレームボタン

ワイヤーフレームに3Dジオメトリを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ビューアツールバーの[ワイヤ]ボタンをクリックします。
  •  3Dビューアを右クリックし、コンテキストメニューから3Dオプション>ワイヤフレームを選択します
  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア

 

Fusion マニュアル カラーチャンネルの選択

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Choosing Color Channels カラーチャンネルの選択

合成時には、イメージ全体のRGBカラー全体を処理するだけで、イメージ内の個々のカラーコンポーネントまたはチャネルを処理します。

ビューアとサブビューは、画像を構成する別々のカラー、アルファ、およびデプスチャンネルを表示できます。

デフォルトのビューは完全なRGBカラーチャンネルですが、表示されるチャンネルを変更するには、チャンネルツールバーボタン、ビューアのコンテキストメニュー、またはキーボードショートカットを使用できます。

色、アルファ、および深度チャンネルを切り替えるためのチャンネルツールバーボタン

ボタンを直接クリックすると、完全なRGBカラーとアルファ、または現在表示されているチャンネルが切り替わります。ツールバーボタンの右側にある三角形は、チャンネルのリストを表示します。

次のホットキーは、アクティブビューに表示されているチャンネルを切り替えることができます。

  • C – フルRGBカラー表示
  • R – 赤チャンネルを表示する
  • G – 緑のチャンネルを表示する
  • B – 青のチャンネルを表示する
  • A – アルファチャンネルを表示する
  • Z – Zバッファーチャンネルを表示する

非カラーチャンネルの表示

ビューアは、キーボードショートカットを使用してRGBAおよびZチャンネルをサポートしますが、他のチャンネルもサポートしています。 Open EXRなどのファイル形式には、レンダリングされた3D画像を合成する際に、より多くの制御を提供する補助画像データが含まれていることがよくあります。ビューアで補助画像データを表示するには、RGBボタンの右にある矢印をクリックしてポップアップメニューを表示するか、ビューアを右クリックしてチャンネルを選択します。 [Channels]サブメニューから、表示する補助チャンネルを選択します。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択

 

Fusion マニュアル サブビュー

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Subviews 

サブビューは、メインビューア内にドッキングする小さなビューアです。 これは、画像に関するさまざまな視覚情報を表示するためによく使用されます。


「ヒストグラム」サブビューが表示された「サブビュー」メニュー

たとえば、RGBチャンネルはメインビューアで表示でき、アルファチャンネルはサブビューに表示されます。

ほとんどの場合、Subviewは独自のコンテキストメニューとオプションを備えた完全に機能的なミニビューアです。

他のビューアと同じキーボードショートカットおよびナビゲーションコントロールに応答します。

ただし、Navigator、Magnifier、Color Inspector、Image Infoなど、Subviewでのみ使用できるように設計されたいくつかのビュータイプがあります。

サブビューの表示/非表示

サブビューを有効にするには、表示ツールバーの[サブビュー]ボタンをクリックするか、コンテキストメニューから[ビュー]> [サブビュー]> [有効]を選択します。

Vキーは、アクティブなビューアでサブビューをオン/オフに切り替えるトグルとして機能します。

ビューアツールバーの[サブビュー]ボタン

サブビュータイプの変更

[サブビュー]ボタンは、デフォルトのヒストグラムサブビューまたは選択した最後のサブビューを有効または無効にします。

表示されるサブビュータイプを変更するには、サブビューボタンの右側にある小さな矢印をクリックしてポップアップメニューを表示するか、サブビューを右クリックしてサブビューのコンテキストメニューを表示します。

[サブビュー]ポップアップメニューとコンテキストメニューには、使用可能なすべてのサブビュータイプが表示されます。

リストから選択すると、選択が表示され、[サブビュー]ボタンを使用して、選択したサブビュータイプを有効または無効にすることができます。

メインビューでのサブビューのスワップ

キーボードのShift-Vを押すと、メインビューアとサブビューが入れ替わります。ビューアのコンテキストメニューから、ビュー>サブビュー>スワップを選択することもできます。

カラーインスペクタや拡大鏡などの特定のビュータイプは、サブビューでのみ使用できます。

このような場合、スワップは行われません。

ビューアとサブビューの種類

ビューアを変更してイメージに関するさまざまな情報を表示することはできますが、すべてのビュータイプを常に利用できるわけではありません。

たとえば、3Dビューアは2Dツールでは使用できず、一部の測定ビューアはサブビューとしてしか使用できません。

利用可能なさまざまなビューの種類に関する詳細情報は以下のとおりです。

2Dビューア

2Dビューアは画像を表示するためのデフォルトのタイプです。サブビューとして使用すると、ツールをサブビューにドラッグすると、メインビューアで使用されていない別のツールが表示されます。

これは、メインビューア内の同じツールの異なるビューだけではない、唯一のサブビュータイプです。


別のビューアとして使用されたSubview

3D画像ビューア

3D画像ビューアは、3Dカテゴリからツールを表示するときに使用できます。

サブビューとしての3D画像ビューア

ヒストグラム

ヒストグラムは、画像のコントラストおよびダイナミックレンジの問題を特定するために使用できる分析ツールです。 グラフには、浮動小数点画像の範囲外の色を含む、画像内の色の度数分布が表示されます。 横軸は、影からハイライトまでの色を示しています。 縦軸は、各レベルで発生する画像内のピクセル数を示しています。

ヒストグラムビューアにはグラデーション情報も表示されます。 From ImageおよびPerturb修飾子を使用してグラデーションを出力できます。 ヒストグラムに表現されたグラデーションを表示する必要がある場合は、モディファイアのタイトルバーをビューアにドラッグします。


イメージのコントラストとカラーキャストを評価するためのヒストグラムビューアタイプ

3Dヒストグラム

この高度なヒストグラムタイプは、3Dキューブ内の画像内のカラー分布を示します。

3Dヒストグラムの利点の1つは、浮動小数点および高ダイナミックレンジの画像でよく見られる範囲外の色を正確に表すことができることです。

位置、標準、速度などのベクトル画像を見るためにも使用できます。

他の3Dビューと同様に3Dキューブをナビゲートし、中マウスボタンでOption(Mac OS X)またはAlt(Windows)を押しながら回転するようにドラッグします 。


範囲外の色を評価するための3Dヒストグラムビューアの種類

ベクトルスコープ

Vectorscopeは、特定のタイプのビデオテスト装置の動作を複製し、クロミナンス信号の強度を視覚化するのに役立つ循環グラフを表示します。

画像のクロミナンスを評価するためのベクトルスコープビューアタイプ

 

波形

波形は、特定のタイプのビデオテスト装置の動作を複製し、放送信号の電圧または輝度を視覚化するのに役立つ線または棒グラフを表示します。


画像の輝度を評価するための波形ビューアタイプ

ナビゲータ

ナビゲータはサブビューでのみ使用できます。

これは、画像全体の小さな概観を提供し、長方形は、実際にメインビューアに表示される画像の部分を示します。

これは、メインビューで画像を拡大するときに便利です。


拡大表示中に画像をパンするナビゲータサブビュー

拡大鏡

拡大鏡はサブビューでのみ使用できます。 これは、メインビューアのカーソルの下にあるピクセルの拡大バージョンを表示します。


ズームしたイメージのバージョンを表示するための拡大鏡サブビュー

画像情報

Image Infoビューは、サブビューでのみ使用できます。

[画像情報]タブには、画像の上部に横棒が表示され、表示される画像のフレームサイズ、ピクセルアスペクト、および色深度に関する情報が表示されます。


サイズ、ピクセルアスペクト、および色深度情報を表示するためのImage Infoサブビュー

カラーインスペクタ

カラーインスペクタは、サブビューでのみ使用できます。

カラーインスペクタは、カーソルの下のピクセルのカラーチャネルに関する情報を表示します。

Zバッファ、XYZ法線、UVマッピングチャンネルなどの補助チャンネルであっても、すべてのチャンネルが表示されます。


画像の色を評価するためのカラーインスペクタサブビュー

メタデータ

このSubviewの内容は、あなたのイメージのメタデータの量に完全に基づいています。

ほとんどのローダーは画像の色空間とファイルパスを与えます。 そ

れがイメージに存在する場合、より多くの情報を表示することができます。


埋め込みメタデータを表示するためのメタデータサブビュー

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー

 

Fusion マニュアル A / Bバッファ

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

A/B Buffers A / Bバッファ

各ビューアには2つのバッファがあり、それぞれに画像を格納できます。

各バッファは、同じビューアペイン内の完全で別個のビューアと見なすことができます。

デフォルトでは常にAバッファが使用されるため、ツールのビューアインジケータをクリックすると、選択したビューア上のAバッファにイメージがロードされます。

ヒント:バッファは異なる表示タイプに設定できます。 たとえば、ヒストグラムを示すBバッファを使用してイメージを示すAバッファを持つことができます。

バッファ間の切り替え

ツールバー

バッファを切り替える最も一般的な方法は、ビューアツールバーにあるバッファボタンをクリックすることです。

AまたはBのラベルが付いたボタンをクリックすると、関連するバッファーに切り替わります。


ビューアバッファボタンは、バッファを切り替えるために使用されます

キーボード

「Buffer」ボタンには、キーボードに相当するものがあります。

コンマ(、)キーは、アクティブなビューアをAバッファに選択します。

ピリオド(。)キーは、アクティブビューアをBバッファに設定します。

ビューアで2つのバッファの分割表示を見たい場合は、スラッシュ(/)キーを押します。

スプリットワイプ画像

A、Bバッファを使用すると、2つのバッファを画面上で比較できる分割画面表示を有効にすることができます。

ディスプレイは赤いスプリッターバーで区切られています。

スプリッタをドラッグすることにより、スプリッタバーを任意の方向または角度で移動および回転させることができます。

Shiftキーを押しながらドラッグすると、それを最も近い45度の角度に「スナップ」します。


スプリッタバーは、AおよびB画像の異なる領域を比較するために調整することができます

 

A | Bボタンをクリックしてスプリットワイプを有効にした後、AまたはBバッファに切り替えることでスプリットワイプを無効にします。

スプリットワイプが有効になっている間は、ビューアは1つのバッファだけを表示しているのと同じ機能を持ちます。

新しいツールをドラッグしていずれかのバッファにドロップして、表示されるイメージを変更することもできます。

1つのバッファをパンまたはズームすると、他のバッファと同じパンまたはズームが実行され、同期が維持されます。

異なるチャネル、ビューLUT、または他の表示オプションを各バッファごとに個別に選択することができます。

スプリットワイプモード中にチャンネルやLUTなどを簡単に比較したり、ホットキーでAとBのバッファをすばやく切り替えることができます。

時には、ビューで表示されなくなるスプリッターからズームインまたはパンすることがあります。

Command + Option(Mac OS X)またはCtrl + Alt(Windows)を押しながら画像の任意の場所をクリックすると、スプリッタが現在のカーソルにジャンプします。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ

 

Fusion マニュアル ツールバー

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

Toolbars ツールバー

ビューアには、View Toolbarと呼ばれる水平のツールバーとTool Toolbarという垂直なツールバーという2つのツールバーがあります。

両方とも、選択したコントロールに固有のボタンを表示するために使用されます。

ビューアツールバー

ビューアツールバーはビューアの下部を横断して実行され、最も一般的に使用されるビューア関連の設定の多くにアクセスできます。

このツールバーに表示されるほとんどのボタンについては、この章で詳しく説明しています。

Viewerの下部にあるViewerツールバー

このツールバーは動的です。つまり、表示されるボタンは、ビューアーのタイプによって変わる可能性があります。

たとえば、3Dビューアには、ライトやシャドウの表示を制御するための一連のボタンが表示されますが、2Dビューにはこれらのボタンは不要です。

これは、2Dにライトやシャドウがないためです。任意のボタンの上にカーソルを置くと、ツールチップが表示されます。

ツール固有のツールバー

ビューアツールバーに加えて、垂直ツールツールバーは、選択したツールに応じてビューアの側面に沿って表示されます。

このツールバーを使用するツールには、テキスト、マスク、パス、ペイントストローク、3D環境などがあります。

マスクツールツールバー

このツールバーに表示されるボタンのサイズと種類をカスタマイズするには、ツールバーを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。

 

ツールバーのカスタマイズ

ツールバーのボタンとアイコンのサイズを変更する場合は、コンテキストメニューでこれらの設定を使用できます。


ツールバーのコンテキストメニュー

 

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー

 

Fusion マニュアル プレビューコントロール

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Preview Controls プレビューコントロール

画像の調整に関しては、コントロールパネルでは非常に正確な数値が提供されますが、画面上のコントロールを使用して要素を視覚的に配置することで、調整の必要がない場所に移動できます。

ビューアは、現在選択されているツールのパラメータを操作するためのプレビューコントロールを表示します。

共通のプレビューコントロールには、十字線、アングルインジケータ、ポリライン、ペイントストロークがあります。

これらの各コントロールは、マウスまたはキーボードを使用してViewerで直接操作できます。

角度プレビューコントロール

表示されているコントロールは、ビューアに表示されているツールではなく、選択されているツールによってのみ決定されます。

たとえば、選択したポリゴンマスクまたはマージのコントロールを操作しながら、下流のブラーを簡単に表示できます。

複数のツールが選択されている場合、それらのツールのすべてのコントロールが表示されます。

プレビューコントロールの有効化/無効化

ビューアのプレビューコントロールを無効にして、画像の表示を妨げないようにすることができます。

ViewerツールバーのShow Controlsボタンは、プレビューコントロールの表示と非表示に使用します

プレビューコントロールを無効にするには、次のいずれかの操作を行います。

  • [表示]ツールバーの[コントロールを表示]ボタンをクリックします。
  • ビューアを右クリックし、オプションサブメニューでコントロールを表示を選択します。
  • キーボードのCommand(Mac OS X)またはCtrl(Windows)-Kを押します。

ヒント:マスクなどの一部のツールでは、複数のポリゴンツールを使用してマスクを整理してアニメートすることが多いため、ツールごとにプレビューコントロールを無効にすることができます。

ポリゴンツールのようないくつかのツールは、ツールごとに無効にすることができます。

コントロールの微調整

コントロールパネルの精度でプレビューコントロールの視覚的なガイダンスを希望する場合は、いくつかのキーボードショートカットを使用できます。

矢印キーを使用して、垂直軸または水平軸に沿ったプレビューコントロールの位置を小さなステップで調整できます。

矢印キーを使用しながらCommand(Mac OS X)またはCtrl(Windows)を押し続けると、各ステップのスケールが10分の1に縮小されます。

Shiftを押し続けると、各ステップのスケールが10倍に増加します。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール

 

Fusion マニュアル プレビューを作る

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Making Previews プレビューを作る

ツールの出力を表示するだけでなく、視聴者はフリップブックのプレビューを表示したり、ディスクから直接画像シーケンスやAVIまたはMOVムービーファイルを再生することもできます。

RAM Flipbookプレビュー

ビューアでクリップやツールの出力を再生するには、RAMフリップブックを使用できます。 RAM Flipbook Previewは、RAM内に完全に存在するプレビューレンダーで、再生スピードでツールの出力を見ることができます。

Flipbookプレビューは、Option(Mac OS X)またはAlt(Windows)を押しながらツールをViewerにドラッグするか、ツールのコンテキストメニューからCreate / Play Previewを選択することで作成されます。

いずれにしても、フリップブックプレビューを呼び出すと、フリップブックプレビューの画質、解像度、モーションブラーの設定を変更できるプレビューレンダリングダイアログが開きます。


Flipbook Preview Renderダイアログ

ダイアログをバイパスし、デフォルト設定または最後に選択した設定を使用する場合は、ツールをビューアにドラッグしながらShift + Option(Mac OS X)またはShift + Alt(ウィンドウ)を押します。設定ダイアログが表示されず、プレビューのレンダリングがすぐに開始されます。

設定

Preview RenderダイアログのSettingsセクションには、フリップブックプレビューの全体的な品質と外観を決定する3つのボタンがあります。これらのボタンは、レンダリング時間にも大きな影響を与えます。


Flipbook Preview RenderダイアログのSettingsボタン

HiQ

この設定を有効にすると、プレビューは完全な画質でレンダリングされます。ツールの最終出力がどのように表示されるかを確認する必要がある場合は、HiQ設定を有効にします。アニメーションをテストするための粗いプレビューを作成している場合は、この設定を無効にすることで時間を節約できます。

 MB

この設定のMBは、モーションブラーの略です。この設定を有効にすると、ツールがモーションブラーを生成するように設定されている場合、モーションブラーが適用されてレンダリングされます。

大まかなプレビューを生成していて、アニメーション要素のモーションブラーに関心がない場合は、この設定を無効にすることで時間を節約できます。

一部

一部を有効にすると、プレビューしているツールの画像を生成するために特に必要なツールだけがレンダリングされます。

サイズ

RAMフリップブックのプレビューではRAMが使用されるため、メモリが不足する前にRAMにレンダリングできるフレーム数を知ることは非常に役立ちます。

Flipbook Previewダイアログは、現在使用可能なメモリを計算し、RAMに収まるフレームの数を表示します。

コンピュータに少量のRAMがあり、必要なフレームの範囲全体をレンダリングできない場合は、プレビューで最高の品質/継続時間の比率を提供する設定に解像度を下げることを選択できます。

RAMに収まるフレーム数によるサイズ設定

ネットワーク

Fusion Studioはネットワークレンダリングノードを使用して、プレビューをレンダリングするプロセスを分散できます。第18章ではネットワークレンダリングの設定について説明します。

ネットワークグループペインには、レンダリングに使用できる追加のコンピュータが表示されます

シュートオン

時には、1フレームごとにレンダリングしたくない場合もありますが、レンダリング時間を節約してより速いフィードバックを得るために、2番目、3番目または4番目ごとにレンダリングしたいことがあります。

Stepパラメーターを使用して、フレームがレンダリングされる間隔を決定できます。

Shoot Onパラメータは、レンダリング中にフレームをスキップするために使用されます。

フレーム範囲このフィールドは、レンダリングの開始フレームと終了フレームを決定するために、タイムルーラの現在のレンダリングイン/アウト範囲を使用します。範囲を変更して、より多くのフレームまたはより少ないフレームをレンダリングすることができます。

フレーム範囲は、フリップブックプレビューの開始フレームと終了フレームを決定します

構成

個人プレビューの設定が完了したら、後で使用するために[追加]をクリックして個人設定の新しい名前を入力して永久保存することができます。

設定領域は、将来のフリップブックプレビュー用の設定を保存するために使用できます

プレビューを再生する

プレビューがレンダリングされると、フリップブックがビューアにロードされます。ビューアの隅にフレームカウンタが表示され、ビューアの下部ツールバーの右側に再生/一時停止ボタンが追加されます。コントロールパネルの下のFusionウインドウの右下隅に、より完全な再生コントロールのセットが表示されます。

フリップブックプレビューは、ビューアのツールバーの再生/一時停止ボタンを使用してプレビューします。

フリップブックを見たら、ビューアから削除して、ビューアを右クリックして、コンテキストメニューからプレビューを削除することで、RAMを解放することができます。

ビューアのコンテキストメニューのFlipbook Previewのオプション

フリップブックのプレビューをビューアに読み込んだままにすると、ビューアのコンテキストメニューにループまたはピンポンの再生を有効にするオプションがあります.Fusionのインターフェイスの残りの部分を使わずにクリップにフォーカスするフルスクリーンモードに入ることもできます。

クリップを見た後、フルスクリーンモードを終了するには、コンテキストメニューからフルスクリーンの選択を解除するか、Escキーを押します。

最初または最後の数フレームの再生をスキップするために、フリップブックを「トリム」することも可能です。

これは、Fusionのウィンドウの右下に表示されるトランスポートコントロールのスクラブバーを使用して行うことができます。

コマンド(Mac OS X)またはCtrlキー(Windows)を押しながら、スクラブバーの開始または終了をドラッグして、再生するフレームを設定または変更します。

スクラブバーを右クリックすると、イン点とアウト点をリセットできるコンテキストメニューが表示されます。

トランスポートコントロールを使用して、フリップブックの最初と最後からフレームをトリムすることができます

 

プレビューの更新

Rotocopingとペイントのフレームごとのインタラクティブフレーム用に設計されたオプションは、そのコンテキストメニューからPreview to Updateを設定することです。アクティブにすると、プレビューされたツールで変更されたフレームは、プレビューの再生時に自動的に更新されます。これにより、RAMを予約して再生することができます。別のビューアで作業している間は、ループやピンポンで再生を続けられます。

マウスとキーボードのショートカット

フリップブックプレビューがビューアにロードされている間、マウスまたはキーボードのみを使用して再生またはスクラブできます。

マウスでフリップブックを再生するには、次の手順を実行します。

  •  Viewerをダブルクリックして再生を開始します。

マウスを使用してフリップブックをスクラブするには、次の手順を実行します。

  • マウスの右ボタンを押しながらマウスを左右にドラッグすると、フレームをスクラブできます。

キーボードを使用してフリップブックを再生するには、次のいずれかの操作を行います。

  • スペースバーを押して、再生を開始または停止します。
  • Shiftキーを押しながらスペースバーを押して、逆方向に再生します。

キーボードを使用してフリップブックフレームをスクラブするには、次のいずれかの操作を行います。

  • 左または右の矢印キーを押すと、前または次のフレームに移動します。
  • Shiftキーを押しながら左右の矢印キーを押すと、10フレーム前後にジャンプできます。
  • Command(Mac OS X)またはCtrl(Windows)の左矢印キーを押すと、最初のフレームにジャンプします。
  • Command(Mac OS X)またはCtrl(Windows)の右矢印キーを押すと、最後のフレームにジャンプします。

ヒント:マウスとキーボードのショートカットは、フルスクリーンモードでも機能します。

ファイルシーケンスプレビュー

ローダーツールで読み込んだファイルシーケンスまたはムービーファイルを再生する場合は、フリップブックプレビューを作成する必要はありません。コントロールパネルの下部に表示されるトランスポートコントロールを使用できます。

再生ボタンを押すと、画像はできるだけ早くビューアに表示されます。

デフォルトでは、左側のビューアが使用されますが、そのデフォルトはプレビュー環境設定を使用して変更できます。

これらの設定を変更することで、インストールされたビデオハードウェアにファイルシーケンスを再生することもできますが、再生のパフォーマンスが低下する可能性があります。

フリップブックの場合と同様に、トランスポートコントロールのスクラブバーを使用して、イメージシーケンスプレビューのイン点とアウト点をトリムすることができます。

デフォルトでは、ローダーツールが選択されている間にスクラブバーでトリミングが行われると、ローダーのトリムイン/アウトコントロールに反映されます。

これは、スクラブバーのコンテキストメニューを使用して無効にすることができます。

ファイルシーケンスのプレビューが有効な間、そのビューアへのツールの通常の表示は無効になります。

ビューアにツールを表示する準備が整ったら、フローノードエディタの別のツールまたは空の領域を選択します。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る

 

Fusion マニュアル ビューアでのスケーリング

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Scaling in the Viewer ビューアでのスケーリング

 

画像や3Dシーンがビューアに表示されたら、拡大縮小するにはいくつかの方法があります。

マウス、キーボード、コンテキストメニュー、またはビューアツールバーを使用できます。

ヒント:3Dシーンの縮尺には下限があります。 この限度を超えてズームインし続けると、視点が前方に移動(「ドリー」)します。 マウスホイールがゆっくりと前に移動し、キーボードがより早く移動します。

マウスの使い方

マウスをドラッグしてビューアで画像を拡大/縮小するには、次の手順を実行します。

  1. ビューアにカーソルを合わせます。
  2. 中央のマウスボタンを押したままにします。
  3. マウスを左右にドラッグします。

画像は、カーソルの開始位置を中心として円滑に拡大/縮小されます。
右にドラッグするとズームインし、左にドラッグするとズームアウトします。

マウスをクリックしてビューアで画像を拡大/縮小するには、次の手順を実行します。

  1. ビューアにカーソルを合わせます。
  2. マウスの中央ボタンを押したままにします。
  3. マウスの左ボタンをクリックしてズームインするか、右ボタンをクリックしてズームインします。

スケーリングは、カーソルの位置を中心とした固定量を使用します。

マウスホイールを回転してビューアで画像を拡大/縮小するには、次の操作を行います。

  1. 1ビューアにカーソルを合わせます。
  2. 2 Commandキー(Mac OS X)またはCtrlキー(Windows)を押しながら、マウスホイールを上下に動かします。

ホイール上の各ステップは、カーソルを中心として一定量だけスケールを増減します。

キーボードの使用

キーボードを使用すると、ビューア内のスケールを固定値で変更できます。

テンキーパッドの+または – キーをアクティブビューアで使用してズームイン/ズームアウトすることができます。

Command-1(Mac OS X)またはCtrl-1(Windows)を押すと、イメージまたはシーンがデフォルトの100%スケールに戻され、それも再センタリングされます。イメージがビューアよりも大きい場合(ほとんどの場合)、Command-F(Mac OS X)またはCtrl-F(Windows)を押すと、イメージまたはシーンがビューアのフレームに収まります。

コンテキストメニューの使用

ビューアーのコンテキストメニューを使用してスケーリングを行う利点は、ビューアーを特定の量だけスケーリングするために選択できるプリセットスケール設定の数です。 Viewerのフレームに合わせて画像を素早く拡大/縮小することもできます。


ビューアのコンテキストメニューの「スケール」サブメニュー

ビューアツールバーの使用

ビューアツールバーには、コンテキストメニューにあるものと同様のスケールメニューがあります。

「スケール」メニューをクリックすると、いくつかのプリセットスケールのリストが表示され、その横にある「フィット」ボタンをクリックすると、画像またはシーンがビューアウィンドウに収まるようになります。


ビューアツールバーの[スケール]メニューと[フィット]ボタン

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング

 

REMOVU K1がようやくやってきました。

昨年の10月の終わりにINDIEGOGO にてREMOVU K1と言う商品を作るための資金を集めていたので投資をしました。

この商品の詳細はこちらでご覧ください。

REMOVU K1はカメラ付きスタビライザーです。
以前にも同じようなROXORという商品を購入したことがあります。


この商品は、なかなか思うように使えず断念しました。
そんなこんなで、昨年10月終わりに投資したのですが、なかなか製品が出来上がらず本日送られてまいりました。
そこで早速開封動画を撮影しました。

 

今現在は、充電が終わってファームウエアの更新を終えたばかりで、このブログを書いています。

開封動画でもありますように、思っていたよりは良い感じの製品でした。

今回キックスターター製品と言うことで多少安く換えるのではと購入を決意したのですが、完成が伸び伸びになり
その都度、撮影計画も伸び伸びになり ウンザリしていました。

この商品とは別に360°カメラにも投資したのですが、商品が200個出来た時点で不具合が見つかり資金が底をついたようで企画倒れになりました。
結局は資金も戻らずじまい、そんな事があったので余計にイライラして待つ事となりました。

最終的には、アマゾンで売り出す1週間前に届く事となり、支払いも輸入消費税と建て替え手数料で別途2780円払わないといけなくなり
これなら最初からアマゾンで購入したほうが気分的にも良かったと思いました。

もう二度とキックスターター製品に手を出すことは無いでしょう。

話がそれましたが、このカメラはブログカメラとして売られているようです。
付属品が少なく簡単に撮影できるのが売りになっていて、これから使ってみてインプレしていきたいと思います。

関連の動画をリンクしておきます。

開封編

設定編

Fusion マニュアル ビューアでのパンニング

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Panning in the Viewer ビューアでのパンニング

 

ビューア内の画像をパンすることで、フレームの特定の領域に作業を集中させることができます。

パンするには、ビューアにカーソルを置き、マウスの中ボタンを押したまま、パンする方向にマウスをドラッグします。

マウスに中マウスボタンが含まれていない場合は、ドラッグしながらCommand-Shift(Mac OS X)またはCtrl-Shift(Windows)を押したままにします。

3Dシーンを見るとき、パンニングは視点を変更し、スケーリングと回転の中心点も変更します。

パンと回転を組み合わせることで、シーン内の任意の場所で視点を動かすことができます。

ヒント:3Dシーンを表示している間は、ズームインするとパンの感度が低下し、小さな画像やシーンをナビゲートするときの細かい制御が可能になります。 したがって、ズームアウトするとパンの感度が高くなります。 視点をより速く動かす必要がある場合は、Command-1(Mac OS X)またはCtrl-1(Windows)を使用して最初にズームアウトするか、スケールをリセットします。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング

 

Fusion マニュアル 位置とレイアウト

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Position and Layout 位置とレイアウト

compのビューアのサイズを変更してレイアウトを変更すると、その設定は常にcompで保存されます。

だからあなたがコンプを開くたびに、サイズとレイアウトが記憶されます。

グローバルレイアウトの環境設定で[リコールレイアウト]チェックボックスを無効にすると、この現象を防ぐことができます。

すべての新しいコンポジションを特定のビューアレイアウトで開く場合は、2つのプライマリビューアのレイアウトを設定し、グローバルレイアウトプリファレンスのグラブレイアウトボタンを使用して、新しいコンポジションのレイアウトを覚えてください。

フローティングビューアの位置とサイズを保存するには、グラブプログラムレイアウトボタンを使用します。

最後に、Fusionを開いたときにフローティングビューアを自動的に開くには、[フローティングビューの作成]チェックボックスをオンにします。

レイアウトツールバー

Fusionウインドウの上部にあるレイアウトツールバーを使用して、4つのプリセットレイアウトを使用してビューアとパネルを設定できます。

レイアウトツールバー

一番目ののボタン

このオプションを使用すると、単一のビューア(Viewer 1)を最大化し、コントロールパネルを画面の一番上に合わせることができます。

2番目のボタン

このオプションは、コントロールパネルを画面の上部に合わせて、2人の視聴者に使用します。これがデフォルトレイアウトです。

3番目のボタン

このオプションを使用すると、コントロールパネルをフローノードエディタの上部に合わせて、単一のビューア(Viewer 1)を最大にすることができます。

4番目のボタン

このオプションは、コントロールパネルをフローノードエディタの上部に合わせて、デュアルビューアに使用します。

 

Splitter Bars スプリッターバー

 

左右のビューアの相対的なサイズは、それらの間にある水平スプリッタバーを使用して変更できます。

スプリッターをドラッグして、1人の視聴者が使用するスペースの量を増減します。隣接するビューアは、新しいレイアウトに合わせて調整されます。

両方の視聴者に利用できる垂直方向のスペースの量は、ビューワとその下の作業領域の間で水平スクロールバーをドラッグすることで調整できます。


ビューアスプリッタバー

ヒント:コントロールパネルの上にある高さボタンを使用してコントロールパネルを半分の高さに縮小すると、ビューアに追加の水平方向のスペースが与えられます。コントロールパネルの詳細については、第4章を参照してください。

フルスクリーンビューア

フローティングビューアは、レイアウトツールバーのボタンの影響を受けません。

ビューアウィンドウの任意の角をドラッグするか、ビューアのタイトルバーをダブルクリックして、フローティングビューアのサイズを調整します。

さらに、ビューアを右クリックし、コンテキストメニューから[グローバルオプション]> [フルスクリーン]を選択すると、フローティングビューアをフルスクリーンに拡大縮小できます。

ビューアにカーソルを合わせ、F4キーを押すと、固定ビューアの1つをフルスクリーンに最大化できます。

フルスクリーンビューアを元のレイアウト位置に戻すには、もう一度F4キーを押します。

このショートカットを使用して、ビューアの下のワークエリアを最大化することもできます。

ヒント:フルスクリーンオプションは、Fusion Studioでのみ使用できます。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト

 

Fusion マニュアル ビューアへのツールの表示

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)

Displaying a Tool in the Viewer  ビューアへのツールの表示

ビューアにツールを表示するには、ツールタイルビューインジケータから始めて、さまざまな方法があります。

ビューインジケータは各タイルの下に表示されます。

デフォルトでは、Fusionウィンドウに2つのビューアを表す2つのインジケータがあります。

左側のビューインジケータは左側のビューアに使用され、右側のビューインジケータは右側のビューアに使用されます。

新しいビューアを追加すると、各タイルに追加のインジケータが表示されます。

インジケータをクリックすると白くなり、そのツールが適切なビューアに表示されます。

再度クリックすると、ビューアから削除され、白いハイライトが削除されます。

ビューアインジケータは左側のビューアで有効になり、右側のビューアでは無効になります

ヒントツールが現在表示インジケータを表示していない場合は、インジケータをクリックして表示できるようにカーソルをタイルの上に置きます。

現在表示されているツールの名前は、ビューアの下部にある水平ツールバーに表示されます。

現在表示されているツールの名前は、ビューアの一番下にあります

キーボードショートカットを使用して、選択したツールをビューアに表示できます。

各視聴者には、1-9の数字のキーボードショートカットが割り当てられています。

キーボードでその番号を押すと、選択したツールが適切なビューアに表示されます。

キーボードショートカットを使用してツールを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  1. フローノードエディタでツールを選択し、1を押すと左側のビューアに表示されます。
  2. フローノードエディタでツールを選択し、2を押すと、右側のビューアに表示されます。ツールをフローノードエディタからビューアにドラッグすることもできます。

このツールは、最初は移動したように見えますが、カーソルがフローノードエディタの領域を離れると元の位置に戻ります。

ドラッグしてツールを表示するには、次の手順を実行します。

  1. ツールをビューアにドラッグします。
  2. マウスボタンをビューア上で離します。

コントロールパネルを使用してツールを表示するには、次の操作を行います。

  • ツールのコントロールヘッダーをコントロールパネルからビューアにドラッグします。

コンピュータのハードドライブに保存されている画像がある場合は、ビューアを使用して、フローに追加する前にクイックプレビューを行うことができます

ファイルブラウザに保存されている画像を表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  • オペレーティングシステムのファイルブラウザからビューアに画像をドラッグします。
  • ビューアを右クリックして、「ロードプレビュー」を選択します。

このコンテキストメニューでは、コントロールパネルの下部にあるトランスポートコントロールを使用してクリップをプレビューとして読み込み、シーケンスの再生、レビュー、ループを行います。


コントロールパネルの下部にあるトランスポートコントロール

コントロールパネル、フローノードエディタ、ファイルブラウザのいずれであっても、画像をビューアにドラッグするとOption(Mac OS X)またはAlt(Windows)を押しながらドラッグすると、そのビューアでFlipbook Previewが作成されます。

[レンダリング設定]ダイアログが表示され、設定を受け入れると、ツールがレンダリングされ、結果のフレームがRAMに保存され、そのビューアですばやく再生されます。

これは、ツールのコンテキストメニューから「プレビューを作成」を選択するのと同様です。

Shift + Option(Mac OS X)またはShift + Alt(Windows)を押しながらダイアログをスキップし、直前に使用した設定でプレビューのレンダリングを開始することもできます。

ツールは、さまざまなコンテキストメニューを使用してビューアにロードすることもできます。

ツールのコンテキストメニューを使用してツールをビューアに読み込むには、次のようにします。

  1. フローノードエディタでツールのタイルを右クリックします。
  2. 「表示」を選択し、サブメニューで使用するビューアを選択します。                                                                                      ツールのコンテキストメニュー

コントロールヘッダーのコンテキストメニューを使用してツールをビューアにロードするには、次の手順を実行します。

1コントロールパネルのツールのコントロールヘッダーを右クリックします。

2「表示」を選択し、サブメニューで使用するビューアを選択します。


コントロールヘッダーのコンテキストメニュー

タイムラインヘッダーのコンテキストメニューを使用してツールをビューアにロードするには、次の手順を実行します。

  1. タイムラインの左側にあるタイムラインヘッダー領域のツール名を右クリックします。
  2. コンテキストメニューからView Onを選択し、サブメニューからビューアを選択します。

Removing Images from the Viewer ビューからのイメージの削除

ビューアから画像をクリアするには、ビューアをクリックしてアクティブにします。

明るいパープルの輪郭がアクティブパネルの周りに表示されます。

ビューアがアクティブの状態でチルド(〜)キーを押します。 このキーは、通常、米国のキーボードの1キーの左側に表示されます。

すべてのビューアからすべての画像を削除する最速の方法は、視聴者がアクティブなパネルでないことを確認してから、チルドキーを押すことです。

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示