Fusion マニュアル LUT処理命令

Fusion9のマニュアルをGoogle翻訳にて翻訳したものを転載。(多少、わかりやすいように書き換えています)
大事なところなので是非御覧くださいね。

LUT Processing Order LUT処理命令

精巧なワークフローでは、施設では、画像が表示される前に複数のLUTを連続して適用できます。

各LUTは異なる出力を提供するので、これらの順序は重要です。

たとえば、ログカラースペースのCineonファイルの場合、3つのLUTを適用することがよくあります。

最初にLog-> Lin変換を行い、次にFusion View LUTを適用してカラーキャリブレーションを適用し、3つ目をsRGBモニタに表示するか、プロジェクタで表示する場合は3D DCP LUTに置き換えます。

表示するツールを選択すると、作成されたイメージは、ビューアに表示される前に処理されます。

処理順序は2D画像と3Dシーンでは若干異なります。

2D画像には最初に画像LUTが適用され、結果はチェッカーアンダーレイに合成されます。代わりに3DシーンがOpenGLでレンダリングされます。


2D画像と3Dシーンの処理順序。

2Dまたは3Dの場合、結果をオフスクリーンバッファに描画し、ディザリング、フルビューチェッカーアンダーレイ、および任意のステレオ処理と共に、バッファLUTを適用することができる。最終的な結果はビューアに描画され、プレビューコントロールが上に描画されます。

複数のLUTを適用する

ビューアのコンテキストメニューを使用して、複数の画像LUTを処理チェーンに適用することができます。

追加のLUTを適用するには、次の手順を実行します。

  1. ビューアを右クリックします。
  2. ビューアのコンテキストメニューから、LUT – > Add Newを選択します。
  3.  Add Newサブメニューから、追加するLUTを選択します。

最初のLUT以外のLUTを削除するには、次の手順を実行します。

  1. ビューアを右クリックします。
  2. ビューアのコンテキストメニューから、LUT – > Deleteを選択します。
  3. 削除サブメニューから削除するLUTを選択します。

以下に説明するように、完全なスタック型LUT構成を.viewlutファイルに保存し、読み込むことができます。

 

 

  1. ビューアの概要
  2. ビューアの種類
  3. HD、超HDおよびDCI 4Kモニター
  4. ビューアへのツールの表示
  5. 位置とレイアウト
  6. ビューアでのパンニング
  7. ビューアでのスケーリング
  8. プレビューを作る
  9. プレビューコントロール
  10. ツールバー
  11. A / Bバッファ
  12. サブビュー
  13. カラーチャンネルの選択
  14. 3Dビューア
  15. 3D視点の変更
  16. クワッドビュー
  17. エフェクトマスク
  18. ガイド
  19. ガイドフレームのアスペクト
  20. ルックアップテーブル(LUT)の管理
  21. バッファLUTの適用
  22. LUT処理命令

トラックバック URL

http://eishya-jin.link/2018/04/06/fusion%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%80%80lut%e5%87%a6%e7%90%86%e5%91%bd%e4%bb%a4/trackback/

Share
PAGE TOP
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。