2018 年 1 月 16 日、YouTube はパートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されというもの。
これによってYouTubeの映像が本当に良くなったかを考えました。

 

この資格要件が何故変わったかと云うと

これは収益化の要件を厳格化する取り組みの一環として行われるものです。これにより、YouTube をよりよいプラットフォームにするために貢献したクリエイターに報いるとともに、悪意のあるユーザーがスパムやなりすましなどの行為によって YouTube のエコシステムに損害を与えたり、クリエイターに便乗したりすることができないようにします。

とYouTubeは説明しています。

これによって収益の出ない動画製作者にはペイしないと云うことですね。

私も、収益の出ない動画製作者の一人なので、それはそれで仕方がないと思っています。
その代り、本当に良い動画だけがYouTubeでの広告収入が入るのだろうと思っていましたが、そうでも無さそうです。

いまでもスクロールだけの動画は山程あり、それで収入を得ている人も沢山います。
誹謗中傷の映像も無くなっていません。

結局の所、YouTubeは広告収入が一番なのだろうと感じました。
それはそうなのかもしれません。
無料で動画を配信させているのですから、相当なコストもかかるでしょうし無利益で行えるはずもありませんから。

色々難しいことも多いとは思いますが、私自身はYouTubeファンなので、より良い環境を作って欲しいと願うだけですね。