4K HDRを実感出来る映像みつけました。

4K HDRの映像は沢山出ていますが、なんか眩しく感じると思える程度で実感が難しいですね。

4Kのサンプル映像を見ている中で、「Real 4K HDR: Cosmos Laundromat」と云う映像がありました。

3Dアニメーションですが、人工的にライティングされているだけに、HDR感が解りやすいです。

最初、ひつじが自殺に失敗するところから始まりますが、羊の毛のデーティルがとても良く出ていて4Kならではの映像となっています。
また夕日をバックにしていて暗部と明るい部分の階調がHDRらしい映像なのだと思います。

人が羊を助ける場面では、目の輝きや夕日に照らされた感じがよく出ています。
羊の目は充血していて、病んでいる感じも出ていますね。

何と言っても夕日に照らされて一部だけ輝き揺れる草の表情がとても良い感じです。

実写映像では、わかりにくいHDR効果も、3Dアニメーションだと、こんなに解りやすいのかと思いました。

HDR10bitを撮影することが出来るカメラを持ったら、この映像を参考にして撮ってみたいと思いました。

映像の内容は、あんまり良く解りませんが、上手に作るものだと感心する映像です。

目からウロコのチュートリアル「Davinci Resolve 15 グレーディング 基礎の基礎」

 

DaVinci Resolve User Group Japan (DRUG-J)に投稿されていたチュートリアルを紹介します。

このチュートリアルでは、スキントーンのノーマルトーンの作り方を紹介してあります。

これまで沢山のチュートリアルを見てきましたが、ここまでツボを突いたチュートリアルは初めて見ました。
基礎の基礎と言うことで、カラーグレーディングをする前の下準備のやりかたです。

まず、今までスコープを使ったことが無く、お話にもならないと言うことでスコープの使い方を何度も見て勉強させて頂きました。
その上でチャートとの答え合わせが出来ることも知りました。
モノクロのチャートを使ったことが無く、そういう事に使うものなのだと初めて知りました。

自分の環境では、チャートや露出計を使う事が出来ない撮影現場が多いので使えないチュートリアルかと思いましたが、チャートが無くても出来ると言うことで、今度やってみたいと思います。

今までノーマルトーンと云う概念が全然無く、取り敢えず気に入ったカラーにすることだけを考えていました。
ド素人の怖いところと言いますか、いい加減なところですね。

こういう、チュートリアルが沢山出てくれることを期待しています。

 

 

映像製作者向けサイト(VOOK)紹介

もう既に知っていらっしゃる方も多いとは思いますが、映像制作者向けサイトVOOKを紹介します。

VOOKは映像制作者向の集いの場所のようなサイトです。
VOOK NOTE(映像制作のノート)
VOOK PORT(審査制のポートフォリオ共有サービス)などがあります。

こちらの売りは、映像制作者が教えるチュートリアルです。
ブラックマジックデザインは元より、Adobeやファイナル・カットプロのチュートリアルから、撮影に関する事柄他色々な豆知識が散りばめてあります。

一番オススメするのは、ブラックマジックデザインが公式で同社ソフトウェアの使い方を教えていることです。
これは、カラーグレーディングの本が出版されて知ったことなのですが、早くからサイトには参加していながら全然気が付きませんでした。

VOOKにログインするためには、ユーザーになるか、SNSアカウントでログインすることも出来ます。
ちなみにツイッター フェイスブック グーグルアカウントで参加できますよ。

参加することで、興味のある事柄をクリップしたり、審査はありますがポートフォリオを作成することも出来ます。

DaVinciやFusionを使ったことが無い方にも、今さら聞けないチュートリアルがあります。

ちなみにお知らせですが

VOOKでは、5/18(金) 19:30~ 【Blackmagic Design公式】DaVinci Resolve 15のQ&Aセッションを開催します!

DaVinci Resolve 15を使っていて、使い方や教えてほしいことが有る方は参加して見られては如何でしょう。

 

新BABYMETALはそうきたか。

 

今日からBABYMETALが新体制でワールドツアーを始めました。
Fanは色々な憶測で、この瞬間を楽しみにしていたと思いました。
しかしながら、最初は写真の公開しか行われなかった事とYUI METALの不参加にFanはがっかりした投稿が多かったですね。

今日のお昼頃から、少しづつ様子がわかる動画が配信され始めました。

いきなり新曲のディストーションの映像がUPされました。
これを見ると、SU METALと3名のバックダンサーが伺えます。
たまに、前に出てきたのがMOA METALなんでしょう。
ギターリストは誰?
向かって左はギターから見てLeda Metal 右は?ISAO Metal?

大村さんのように見えないのだけれど。

今回のコンサートでは、SU METALとMOA METAL 及びダンサーズのような感じで、前回YUI METALが体調を壊してやったコンサートにダンサーが2人加わった感じになっているようですね。

結局7人になったと言うことは、会場の広さでバックダンサーが増えると言うことではないでしょうか?
YUI METALも体調が回復したら出てくるのかもしれません。それは日本公演かも。
ギブミーチョコレートではMOA METALがYUI METALのパートも歌っていました。
ダンサーズは歌を歌っていないのかな?
それは、YUI METALが帰ってくることを表しているのかもしれませんね。

取り敢えず幕開けしたワールドツアー。
Fanとしては、がっかりするのではなく、大いに盛り上げていかなければいけないのでは。

はやくオフィシャルの映像が出ることを願っています。
ディストーションのライブの感想は、やっぱりライブのほうがダンスも見られるので良いですね。

それでは、今UPされている映像をリンクしておきます。

 

 

 

 

 

もっともっと人気がでるようになって欲しいです。

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 本日キックオフdeath

2018.05.08 [Tue]ミズーリ州カンザスシティ/アップタウンシアターにてキックオフdeath

キックオフ直前に新曲が発表されました。

We delivered our new song “Distortion” as a surprise digital single just before the kick off of our WORLD TOUR 2018!

WORLD TOUR 2018のキックオフの直前に、新しい曲 “Distortion”を驚きのデジタルシングルとしてお届けしました!

 

いよいよ、新BABYMETALのワールドツアーが今日始まります。
色々謎だったベールが剥がされる日がやってきました。
どんな新メンバーが現れるのかが本当に楽しみです。

そんな中、公開された曲は「Distortion」歪
ファーストインプレッションは、うーん?でした。
まあ、BABYMETALの曲って、毎回そう思っちゃうのですけど
彼女たちの曲はライブパフォーマンスありきの曲ですからライブ見た方が良いのでしょうね。
ディストーションと言うだけに、バスドラでしょうか?歪んだ音がききづらい。
年齢を重ねてきたせいか、ノイズが受け入れられづらくなってきました。
ワールドツアーと言うことで、全編英語かと思いきや日本語でベビメタカラーを押し出していますね。
デスボイスが入ったと言うことは、この辺に新しいメンバーが参加してくるのでしょうか?
MoaMetalとYuiMetalも、学校を卒業したということで本格的な活動が出来るようになり、多くのパフォーマンスが見られるようになるのでしょうね。
今日ライブを撮影した映像が、どんどん出てくることを楽しみにしています。

写真をクリックすると文字が出てきました?
メンバーの名前かと思いきや・・・・・

DaVinci Resolve 15マニュアルを日本語化しているサイト紹介。

DaVinci Resolve 15マニュアルを日本語化しているサイト紹介します。

当ページもFusionマニュアルを日本語化しておりましたが、DaVinci Resolve 15マニュアルを日本語化しているサイトが有りました。

MotionWorks.JP

流石に、本職とあって日本語化されたマニュアルも理解しやすいです。
こちらの管理人様は、Feicebookでも

DaVinci Resolve User Group Japan (DRUG-J)

 と言うサイトを公開されています。
こちらで勉強させてもらおうと、参加させていただきました。
本職の方が集まるサイトだけあって、質問や答えが、かなり専門的で私には解りかねる事柄が沢山ありますが、とても興味が沸く事例が色々と出てきています。

DaVinci Resolveに興味が有る方は、どうぞ一度御覧ください。

福岡ソフトバンクホークス内川の2千本安打を見にヤフオクドームへ行ってきた。

福岡ソフトバンクホークス内川の2千本安打を見にヤフオクドームへ行ってきました。

福岡は昼から生憎の大雨となり、バイクを諦めバスでヤフオクドームへ行ってきました。
ピッチャーの中田は三振を数多く取りながらも、ホームランを打たれ降板。
その後打ち返すも及ばず、最後の最後に打順が回ってきた内川も残念な結果に。
内川の勇姿を撮影しようと思っていたのに、勝利の花火も無く泣く泣く帰ってきました。
仕方がないので7回のジェット風船に合わせて、映像を組み合わせてみました。
もっと喜ばしい映像が撮りたかったです。
スタンドで戦っている、物品販売のお姉さんも登場します。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kに使うレンズって何が良いの?追記あり。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが発表されましたが、このカメラに使うレンズは何が良いのだろう。

素人の自分としては、今使っているCanon EFやEF-Sレンズがコストも掛からず一番良いのですが、やはりプロが使うとなるとシネマレンズなのでしょう。
今日は、そういう高級レンズの話ではありません。
コスパを重視する私としては、レンタルでもシネマレンズを使うことは出来ません。
そこで、今考えている事を書いてみました。

まず、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは、マイクロフォーサーズマウントなので、そのままEFレンズを装着することは出来ません。
そこで必要なのはアダプターです。
これが結構ピンキリです。

一番お気に入りなのはコレ

 

電子接点付きでEF&EF-S対応です。

そして、一番有名なのはこれ

 

焦点距離が0.64倍になってF値も一段以上明るくなるそうで絶対的なパフォーマンスを持っていますが高価です。

そして こんな物もあります。

 

焦点距離が0.7倍になるそうですがEF-Sレンズは使えないと言うことです。

最後は、ただ取り付けるだけのアダプターです。全手動になります。

 

さてどれを選ぶべきでしょう。

予算があればこれですが私には、ちょっと敷居が高いです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

それならこれ?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

流石に接点が無いのも使い勝手が悪いでしょう。

とりあえず、これは置いといて、レンズの話をしましょう。

スピードブースターが10万以上するのだから、最初からマイクロフォーサーズマウントのレンズを買ったほうが良いのだろうかとも考えました。
そこで色々見てみたのですが、あまり触手が伸びるものがありません。
色んな話を読んでいると、ある一本のレンズにたどり着きました。

シグマの18-35mm F1.8 DC HSM EF-Sレンズです。

 

 

YouTubeで見ても大変評判が良いようです。

 

そしてこのレンズとスピードブースターを組み合わせると神レンズになるとか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

何故神レンズになるかと言うと、前に話したように倍率とF値の向上で、F値に関してはf1.1になるそうで勿論、画角もレンズ以上の広角になるのです。
マイクロフォーサーズレンズは周辺の光量が足りなくなることがあるそうで、その辺の問題も解決してくれるそうです。

そう聞くと、この組み合わせで欲しいですよね。
しかしながら、20万近くになることを考えると、やっぱり躊躇します。
とりあえず、お気に入りのアダプターを買うか?
最初からスピードブースターを買うか?
その分で、マイクロフォーサーズの高級レンズを買うか?
色々な選択を余儀なくされます。
どちらにしても、カメラが発売されてから悩めば良いことなのですが
この悩みが楽しくもあるのですよね。

さて、皆様はどんなレンズでこのカメラをお使いになるのでしょうね。
多くの方に聞いてみて、今後考えて行きたいとおもいます。

追記 平成30年10月19日

最近の噂ではM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO ED 12-100mm F4.0 IS PROが使いやすいとの話が出てきています。

高画質・高倍率と小型化を、高い次元で両立する光学設計

特殊レンズを贅沢に使用。高画質・高倍率と小型化を両立しました。

  1. DSAレンズ(Dual – super Aspheric Lens)
  2. 非球面レンズ
  3. EDレンズ(Extra-low Dispersion Lens)
  4. スーパーHRレンズ(Super High Refractive Index Lens)
  5. HRレンズ(High Refractive Index Lens)
  6. レンズIS用レンズ
  7. フォーカス用に駆動するレンズ

高画質化のために

DSAレンズを含む非球面レンズ4枚を効果的に配置することで、ズーム変動による収差の発生を効果的に補正。また、EDレンズを5枚用いることで、望遠側で課題となる色にじみを抑え、ズーム全域で中心から画面周辺まで高い画質を維持します。

小型軽量化のために

DSAレンズや、スーパーHRレンズを用いることで、レンズ構成枚数を最少にしました。また、DSAレンズは、従来よりも高屈折率の硝材を用いることで小型化を実現しました。

全域F4.0、開放F値が変わらない高倍率ズームを実現

高倍率ズームの望遠側のF値は暗いという常識を覆し、広角から望遠までズーム全域で開放F4.0を実現しました。

高速・高精度「FAST AF」を実現するMSC[*]機構

オリンパス独自の高精度レンズ加工技術が、ピントを合わせるためのフォーカスレンズを軽量化。駆動の高速・高精度化や、フォーカスレンズユニットの小型化を実現。また、オリンパス一眼カメラだからできる顔優先AFや瞳優先AF機能と合わせて、さらに高精度なAFを実現します。

  • MSC:Movie and Still Compatible

クリアな描写を実現するレンズコーティング「Z Coating Nano」

ゴースト、フレアを大幅に低減し、ヌケの良いクリアな描写を実現する新コーティング技術「Z Coating Nano」を採用。中心に空気の層を持つナノサイズの粒子を、レンズ表面に敷き詰めることで空気に近い屈折率のコーティング層を形成し、表面の反射を抑えます。
  1. 空気層
  2. ナノ粒子
  3. 入射光
  4. 反射光
  5. 蒸着膜
  6. レンズ

「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」は、レンズ内手ぶれ補正機構を搭載し、オリンパスカメラ[2]のボディー内5軸手ぶれ補正機構と協調することで、5軸シンクロ手ぶれ補正に対応しました。

世界最強6.5段[3]の補正効果

5軸シンクロ手ぶれ補正で、6.5段[3]の補正性能を実現します。レンズ単独の手ぶれ補正時は、5段[4]の手ぶれ補正を実現します。

ぶれを抑えた動画撮影が可能

「5軸シンクロ手振れ補正」を使うことで、動画撮影時に発生しやすいぶれを抑えます。


レンズ先端から1.5cmの近接撮影を実現

高倍率ズームレンズでありながら、レンズ先端から(ワーキングディスタンス)1.5cmの近接能力を実現しました。

画角 ワーキングディスタンス 最短撮影距離 撮影倍率(カッコ内は35mm判換算)
広角時 1.5cm 15cm 0.30倍(0.60倍)
望遠時 27cm 45cm 0.21倍(0.42倍)

安心の「防塵・防滴」

ほこり、水滴の進入を強固にガードする12箇所の密封シーリングが、高い防塵・防滴性能を実現。どんな時でも安心して使えます。

PROレンズシリーズの上質感と操作性を踏襲

オリンパスの「PROレンズシリーズ」は、デザイン性と操作性を高いレベルで実現します。

上質なデザイン

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」は、金属ボディーならではの上質感を実現しました。

優れた操作性

  1. マニュアルフォーカスクラッチ機構
  2. IS切り替えスイッチ
  3. L-Fnボタン

マニュアルフォーカスクラッチ機構

オートフォーカスからマニュアルへ、瞬時に切り替えできる「MF(マニュアルフォーカス)クラッチ機構」。フォーカスリングを手前に引くことで、オートフォーカスからマニュアルフォーカスへ切り替えでき、置きピンでのすばやい撮影が可能です。

IS(レンズ手ぶれ補正)切り替え(ON/OFF)スイッチ

手ぶれ補正機構を使用するかしないかを、瞬時に設定できます。

L-Fnボタン

各種機能を割り当てできるボタンを鏡筒部側面に搭載。オートフォーカス停止をはじめ、カメラボディーのカスタム設定に応じた機能の割り付けが可能。撮影スタイルに応じた機能を楽しめます。

 

<img src=”https://www13.a8.net/0.gi

f?a8mat=2C2H5C+9W18J6+2HOM+BWGDT” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

ZOOM H2nハンディレコーダーの使い方を考える。

今年の春、購入したZOOM H2nハンディレコーダーですが、出番が無く箱に入ったままの状態です。その使いみちを考えました。

今年の春、何気なく立ち寄った楽器屋で見つけたZOOM H2n。
今まで使っていたZOOM H1nの後継に良い機種は無いかと見ていました。
何を勘違いしたか、動画が撮れる機種だと思い込んだのです。
反対側にレンズがあるのだと思っていました。
空間録音が出来るとのことで、昨年注文した360°全天球カメラ
VRLDと一緒に使おうと思い購入しました。

悲劇はこの頃から始まっていて、昨年9月にクラウドファンディングで注文したVRLDが企画倒れになり倒産。
メンバーは金を持って逃げたようです。

このレコーダーの購入意味も半分無くなってしまいました。
そして箱を開けてビックリ、動画は撮れませんでした。

それでも何かに使えないかと思ったのですが、H1nと同じで、筐体が音を拾いやすい機種となっていて、手で持っただけでも摩擦音が記録されてしまいます。
たとえば、マイクスタンドに取り付けて録音中に床でリズムをとると、その音を拾ってしまうほどです。
こうなると、ハンディーやマイクスタンドで使うわけにもいかず、使いみちがなく箱に入れたままの状態で置いていました。

そうこうしているうちに、別件で問題を抱えていて、ローランドのV-Studio100をサウンドインターフェイスとして使っていたのですが、DAWをやるぶんには問題ないのに、画面をキャプチャーし同時にアフレコを入れると、音が凄く悪いのです。
そしてディレイをかけたように、声が二重になったりします。
以前はこれを解消するためにインターフェイスの前にミキサーを置いて使ったりしていたのですが、それはとても面倒くさいです。

そこで、なにかオーディオインターフェースとして使えないかと、持ち物を探しているとTASCAMのDR-70Dがあったことを思い出しました。
ミキサーも付いているのでバッチリかなと思ったのですが、オーディオインターフェースとしては使えませんでした。
このレコーダーも電池の消費量がとても多く、フィールドで使うには別電源が必要となり、なかなか出番がありません。

そんな時に、ZOOM H2nの存在を思い出したのです。
説明書を見てみると、USBマイクとして使えるとのこと。
試しに使ってみると、良い音でアフレコできるし、ヘッドホンを装着することでモニターも出来る事が解りました。
結構良い音でモニターできるのです。

ただレイテンシーは相変わらずあって、少し遅れてくる音が邪魔な気もしたので、ZOOMのサイトを見ていると、専用のASIOドライバーがありました。
これをインストールすることで、大分レイテンシーも解消されました。(無いわけではありません。)

いままで机の上にドンと乗っていたミキサーが無くなったので、広く使えるようになり、とても良い使いみちとなりました。

Optaneメモリーとはなんぞや?

YouTubeを見ているとOptaneメモリーなるものの組み込み動画をみつけました。

全く知らないパーツでしたが、見た目にはM.2SSDのようです。
ただ、使いみちが違うらしく、CドライブのHDDを爆速化するキャッシュメモリーなんだそうです。

ユーチューバーの女性が、ドスパラとのコラボで作られた動画のようですね。(この女性の名前で売り出すそうです)

詳しい内容は、PC Watchの記事を御覧ください。

パソコン工房でも導入してみたがありました。

私が考えるに、OSが入っているドライブがHDDで、SSDが良かったかな?って思った人向けのパーツだと思います。

ただ、色々条件があるらしく、そのへんをクリアーにしないと導入できないそうです。

また、そのパーツを取り付けただけでは、スピード遅めのSSDにしかならないそうで、意味のないものになりそうですね。

SSDは容量が小さくて嫌だと言う方向けのパーツだそうですよ。

ひとつ賢くなりましたね。

 

すみすさんのギターリペア動画が面白い。

YouTubeでギターリペア動画を公開しているすみすさん。
動画の作り方が独特でユーモアも有り、最後の試奏がとても上手で最後まで見てしまいます。

この動画が最新版だと思います。
以前は、ハードオフでジャンクギターを買ってきたものを、リペアしていらっしゃいました。
しかし最近ではフォロワーさんから、安く提供受けたり企業からの提供された物をリペアしていらっしゃいます。

キットを組み立てて、ちゃんとチューニングしたのに音が気持ち悪いと言うことでフレット間を計ってみると
0フレットの位置がズレているということで、フレットを外し新しく切込みを入れて打ち直すのですが、隙間が大きいとの事でプラバンをスペーサーとして使い、元々付いていたように綺麗に仕上げられました。
全くの行き当たりばったりだそうですが、これはセンスですね。

また、3ピックアップが気に入らないとのことで埋めて慣らす所で、凄く丁寧な作業に驚きました。
私なら、とっとと塗ってしまって、あれーっとなるところですが、しっかり分からなくなるまで作業される所がお手本になります。

塗装も、見たことが無いような塗料で、刷毛目を叩いて付けてメタル感をだすなんて、アイデアだなと感心しました。

最後に演奏もあるのですが、最初に下手だと公言されていますが、凄く上手に弾きこなされます。

私も以前やっていただけに、興味津々で見ていますが、やっぱり丁寧さが違いますね。
あと大胆な変更や機転を利かせたアイデアには驚かされます。

いくつか彼の映像を紹介します。
まず、最初に見た映像のパート2組み立て編

ついでにレビュー編も

アンプをリペアしてみると、以外に簡単に出来てこの価格は随分得されたようです。

8年近く、続けられているそうですが、その割には手持ちのギターが少ないと思いました。
それはフォロワーさんに提供したりもしているそうです。

演奏が上手い人は、どんなギターでも上手に音を出しますね。

 

METAL RESISTANCE EP VII・WORLD TOUR 2018の幕開け

今月からワールド・ツアーが始まるBABY METAL 狐様のお告げが聞こえてきた。

このお告げと同時に、新しい動きも見えてきた。

BABYMETALがBABYMETAL RECORDSの創業を発表
なんとアメリカで新しいレコードレーベルBABY METALを作るらしいのだ。

この2つの記事を見て、私は推理した。
これから新しいメンバーが7人増えるとの お告げがあったが、一緒に出るとは言っていない。
そう考えると、今までにもあったように、有名所のメタルバンドメンバーが飛び入り参加するのではないだろうか?

新しいレーベルを作ったということは、今までのレコードレーベルを超えてBABY METALブランドでMETALを広めようとしているのではないかと考えるのである。
私は最初、三姫にプラスのダンスメンバーが増えるのではと予想したが、こうなってくると三姫は変わらずにバンドメンバーが、コンサート毎に変わって加わってくるのではないかと思う。
レッチリやメタリカ、メガデス、アンスラックスのメンバーも加わってくるのではないかと予想する。
また、ドラゴンフォースも参加する気がする。
音楽業界ではメタルが古きものとされ、若者に支持されなくなってきている今、三姫の力を借りて復活させようとしているのではないだろうか?

どちらにしても8日から始まるワールドツアーが本当に楽しみになってきた。

今までのような、和洋折衷のメタルばかりではなく、本格的なメタルにも挑戦していくのではと筆者は凄く期待している。

これからのBABY METALから目が離せない。