2018.06.09 [Sat] イギリスのDonington Parkにてダウンロード・フェスティバルが行われました。

このフェスティバルでは、船をこぐ動作をするバイキングモッシュで盛り上がったようです。
今までのヨーロッパツアーでは、味わえないほどの人の多さだったそうで、最終日としては最高の盛り上がりだったとか。
今年のツアーが始まる前は色んな不安材料もあり、ファンが去っていくのではとの心配も多々ありましたが、全ステージ大盛り上がりで終わることが出来て、一ベビメタファンとしては、大変良かったと喜んでいます。

長いツアー中には、SUMETALの声が怪しい時もあり、心配しましたが何とか乗り越えることが出来ましたね。
MOAMETALにおいては、ダンサー兼サブボーカルとして遺憾なく実力を発揮。
これがオリジナルメンバーだと言わんばかりのイタズラまでする余裕のダンスを見せてくれました。
彼女自身も、かなりの自信を着けたツアーになったのではないかと思います。
バックダンサーも、ダンサーとしては有名な方々だそうですが、ベビメタダンスの激しさに肩で息をする場面もみられました。
それを見ると、SU・MOAMETALの凄さが良くわかりましたね。
毎回変わるSU・MOAMETALのメイクにも色々な意見がありました。
最後は元に戻った感じでしたね。
ギターも、大村さん LEDAさんの連携がありましたが、私としては大村さん押しと云うかオリジナルメンバーだなと思わせる実力でした。
これから、色々な神バンドが見られるのかなぁと期待しています。
次は10月ですかね。
日本公演ではYUIMETALの登場を期待しています。
これからも頑張って欲しいです。