本日、DaVinci Resolve 15.1.1アップデートが公開されました。
今回のアップデートでは、コンテクストメニューにスルー編集の結合を追加。
また、レンダリング時に出力ファイル名を設定するためのスクリプトAPIを追加、再生パフォーマンスを改善。
さらに、グループグレーディング、出力サイズ調整、ステレオスコピック3D、Blackmagic RAWのホワイトバランス、ResolveFXのキーフレームなど、ユーザー報告に基づく問題点を修正。
全体的なパフォーマンスと安定性も向上したそうです。
DaVinci Resolve 15.1.1の無償ダウンロードと有償版ダウンロードはこちらhttp://bmd.link/jp/su3bXa
私の実感としては515.1から、随分再生が良くなった気がします。
私は、DeckLink Mini Monitor 4Kを装着したからだと思っていましたが、ソフトのアップロードによるものだと知りました。
全体的なパフォーマンスが安定したおかげなんでしょうね。
だいぶ使いやすくなった気がします。