あなたの編集をマスタリングする

これで、クリップを編集し、オーディオをミックスした後、編集したレンダーを「配信」ページに書き出すことになります。このページでは、エクスポートするクリップの範囲と、必要な形式、コーデック、および解像度を選択できます。 QuickTime、AVI、MXF、DPXなど、8ビットまたは10ビットの非圧縮RGB / YUV、ProRes、DNxHD、H.264などのコーデックを使用して、さまざまな形式で書き出すことができます。

[配信]ページで編集内容をエクスポートします。
さまざまなビデオ形式とコーデックから選択できます

編集した1つのクリップを書き出すには:

1 [配信]タブをクリックして配信ページを開きます。

2ページの左上にある[レンダー設定]ウィンドウに移動します。
たとえば、YouTube、Vimeo、オーディオプリセットなど、いくつかのエクスポートプリセットから選択するか、デフォルトの「カスタム」プリセットに設定して独自のパラメータを入力することで、独自のエクスポート設定を手動で設定できます。
この例では、YouTubeを選択し、プリセットの横にある矢印をクリックして、1080pビデオフォーマットを選択します。
フレームレートはプロジェクトのフレームレート設定に固定されます。

3プリセットの下に、タイムラインのファイル名とエクスポートされたビデオのターゲット位置が表示されます。
[参照]ボタンをクリックして、エクスポートしたファイルを保存する場所を選択し、レンダリングオプションから[シングルクリップ]を選択します

4タイムラインのすぐ上に、[タイムライン全体]が選択されたオプションボックスが表示されます。
これは、タイムライン全体をエクスポートしますが、必要に応じてタイムラインの範囲を選択することもできます。 ‘入力/出力範囲’を選択し、 ‘i’と ‘o’ホットキーのショートカットを使用して、タイムラインのイン点とアウト点を選択します。

5 ‘レンダー設定’の下部に移動し、 ‘レンダリングキューに追加’ボタンをクリックします。
レンダリング設定は、ページの右側のレンダリングキューに追加されます。
これで、 ‘start render’をクリックし、レンダリングキューのレンダーの進行を監視するだけです。
レンダリングが完了したら、フォルダの場所を開き、新しいレンダリングされたクリップをダブルクリックして、完成した編集を見ることができます。