パワーウィンドウの追加

パワーウィンドウは、クリップの特定の領域を分離するのに使用できる非常に効果的なセカンダリ補正ツールです。
これらの領域は静的である必要はなく、カメラのパン、チルトまたは回転、および領域自体の動きとともに移動するように追跡することができます。

パワーウィンドウを使用してHSL修飾子のセカンダリ調整の影響を受けたくない領域をマスクする

たとえば、周囲の人に影響を与えずに、その人だけに色とコントラストを変更させるために、ある人のウィンドウを追跡することができます。
このような修正を加えることで、あなたが見たいと思っている領域で視聴者の注意を引くことができます。

クリップにパワーウィンドウを追加するには:

 1新しいシリアルノードを追加します。

2 ‘ウィンドウ’パレットを開き、シェイプアイコンをクリックしてウィンドウシェイプを選択します。
選択したウィンドウシェイプがノードに表示されます。

3図形の周りの青い点をクリックしてドラッグして、図形のサイズを変更します。
赤い点は、エッジの柔らかさを調整します。
中心点をクリックして、分離したい領域に移動すると、図形を配置できます。
中心に接続されたポイントを使用してウィンドウを回転させます。

これで、必要な領域だけで画像に色補正を行うことができます。

パワーウィンドウを使用すると、画像の特定の部分に二次的な修正を加えることができます