プラグインの使用

セカンダリ補正を行う際には、ResolveFXまたはOpenFXプラグインを追加して、「カラー」ページ、または「編集」ページのクリップ上の想像的なトランジションとエフェクトを使用して、素早く興味深いルックスとエフェクトを作成することもできます。
ResolveFXはDaVinci Resolveとともにインストールされ、OFXプラグインはサードパーティのサプライヤから購入してダウンロードできます。

OFXプラグインのセットをインストールしたら、「ノードエディタ」の右側にあるOpenFXインスペクタを開いて、カラーページでそれらのプラグインまたはResolveFXプラグインにアクセスできます。
新しいシリアルノードを作成したら、「OpenFX」ボタンをクリックしてFXライブラリを開き、プラグインをドラッグアンドドロップします

新しいノードに追加します。
プラグインに編集可能な設定がある場合は、隣接する[設定]パネルでプラグインを調整できます。

‘edit’ページでは、 ‘Effectsライブラリ’の ‘OpenFX’パネルを開き、選択したプラグインをタイムライン上のクリップの上のビデオクリップまたはトラックにドラッグすることで、プラグインフィルタ、ジェネレータおよびトランジションをクリップに追加できます

OFXプラグインは、想像力豊かで興味深い外観を作成するためのすばやく簡単な方法です