色を修飾する

しばしば、あなたのクリップ内の特定の色を強調することができます。
たとえば、道路の側の草や空の青など、聴衆の注意を集中するために特定のオブジェクトの色を調整する必要があります 。
HSL修飾子ツールを使用すると簡単にこれを行うことができます。

HSL修飾子を使用してイメージ内の色を選択すると、イメージの領域を「ポップ」させたり、コントラストを追加したり、ショットの特定の領域に聴衆の注意を引くのに役立ちます

色を修飾するには:

1新しいシリアルノードを追加します。

2「修飾子」パレットを開き、「選択範囲」のピッカーツールが選択されていることを確認します。

3影響を与えるクリップ内の色をクリックします。

4通常は、選択範囲の端を柔らかくし、リージョンを目的の色に限定するように調整する必要があります。ビューアーの上にある ‘ハイライト’ボタンをクリックして選択内容を確認します。

5「色相」ウィンドウの「幅」コントロールを調整して、選択範囲を広げたり狭めたりします。

高、低、柔らかさのコントロールを試して、選択範囲を洗練させる方法を見てください。これで、カラーホイールやカスタムカーブを使用して、選択した色を補正することができます。

時には、あなたの選択が影響を与えたくないショットの領域にこぼれ落ちることがあります。
パワーウィンドウを使用して不要な領域を簡単にマスクすることができます。
単に新しいウィンドウを作成し、それをシェイプして、必要な色の領域だけを選択します。
選択した色がショット内を移動する場合は、トラッキング機能を使用してパワーウィンドウを追跡できます。