ウィンドウのトラッキング

ショット内のカメラ、オブジェクト、またはエリアが動いている可能性があります。
そのため、ウィンドウが選択したオブジェクトやエリアに確実に留まるように、DaVinci Resolveの強力なトラッキング機能を使用できます。
トラッカーは、クリップ内のカメラやオブジェクトのパン、チルト、ズーム、回転を分析し、ウィンドウをその動きに合わせることができます。
これが行われないと、あなたの訂正は選択されたターゲットから離れることができ、自分自身に注意を喚起することができます。

トラッカー機能を使用してクリップ内のオブジェクトまたは領域を追跡することができ、パワーウィンドウはアクションに従うことができます

ウィンドウを移動オブジェクトに追従させるには:

1新しいシリアルノードを作成し、パワーウィンドウを追加します。

2クリップの先頭に移動し、ウインドウの位置と大きさを調整して、目的のオブジェクトまたはエリアを強調表示します。

3 ‘トラッカー’パレットを開きます。関連する「分析」チェックボックスをオンまたはオフにして、クリップの動きに適したパン、チルト、ズーム、回転、およびパースペクティブ3D設定を選択します。

4チェックボックスの左側にある「進む」矢印をクリックします。 DaVinci Resolveは、クリップにトラッキングポイントのクラスタを適用し、フレームをステップ実行して動きを分析します。トラッキングが完了すると、パワーウインドウはクリップ内の動きのパスに従います。

ほとんどの場合、自動トラッキングは成功しますが、シーンが複雑になることがあります。
また、オブジェクトが選択した領域の前を通過してトラックに影響を与えることがあります。
これは、キーフレームエディタを使用して手動で解決できます。
詳細は、DaVinci Resolveのマニュアルを参照してください。