カラークリップの修正

一連のクリップを編集してVFXを追加したら、色補正を開始できます。
これは、一貫した外観を維持できるようにシーケンスの編集が完了した後に始まりますが、DaVinci Resolveの楽しみの一部は、編集、フュージョン、カラーページ間を移動して微調整を行い、新しいクリエイティブの選択肢を発見することができます。

「カラー」ページを使用すると、クリップの外観を完全に制御できます

まず、「カラー」タブをクリックして「カラー」ページを開きます。

カラーホイール、カーブパレット、一般的な色補正ツール、およびプレビューとノードウィンドウが表示されます。 あなたの目の前にある膨大な数の機能に圧倒されてはいけません。
彼らはあなたが最も驚くような写真を手に入れるのに役立ちます。
DaVinci Resolveのマニュアルには、そのツールがどんなものなのか、それに簡単な手順でそれらを使用する方法が表示されます。
専門家がハイエンドの色補正機能で使用するのと同じテクニックを学びます。

一般的に、まずクリップ内のシャドウ、中間色、ハイライトを最適化することをお勧めします。
つまり、「リフト」、「ガンマ」、「ゲイン」の設定を調整します。
これは、あなたの映画の「見た目」のグレーディングを始めることができる、きれいでバランスの取れた出発点で、あなたの写真を最も明るく、最高に見せるのに役立ちます。