Fusion入門

Fusionを使い始めるには、再生ヘッドをタイムライン上の任意のクリップの上に置き、[Fusion]タブをクリックしてFusionページを開きます。 「Fusion」ページでは、クリップは「MediaIn」というメディア入力ノードですぐに利用できます。すべてのコンポジションは、「mediain」と「mediaout」ノードで始まります。このメディアノードは、再生ヘッドでのタイムラインの最上部のクリップを表し、その下のクリップは無視します。変換ツールやクロップ変更など、編集ページのクリップに適用された調整も含まれます。

MediaOutという名前のメディア出力ノードは、DaVinci Resolveの編集ページでタイムラインに出力を戻すノードです。

ヒント 編集ページのクリップに適用されるResolveFXまたはOFXプラグインは、Fusionページには適用されません。これは、色補正とOFX / ResolveFX処理の前に融合効果が発生するためです。フュージョンエフェクトの前にOFXを適用したい場合は、編集ページのクリップを右クリックし、「フュージョンクリップ」を選択してから、フュージョンページをクリックします。

ノードの理解

各ノードを単一のツールまたはエフェクトを表す視覚的なアイコンと考えることは有益です。ノードは、ケーキの成分と同様に、全体の構成を構築するために他のノードに接続されています。各ノードの入力と出力を理解することは重要です。これは、詳細な視覚効果を構築しながら構図の流れをナビゲートするのに役立ちます。いくつかのツールには、他のノードに接続できる複数の入力と出力があります。たとえば、マージノードでは、前景入力、背景入力、およびマットやキーのマスク入力をアタッチできます。

ノード上の複数の出力は、単一のノードがコンポジション内の多くの異なるノードに接続できるため、レイヤーベースのソフトウェアと同じようにクリップを複製する必要はありません。接続されたノード間の線の矢印は、画像データがどの方向に流れるかを示す視覚的な指標です。

ノードエディタへのノードの追加

エフェクトを追加することは、ノードを「mediain」ノードと「mediaout」ノードの間に配置するのと同じくらい簡単です。

これを行うにはいくつかの方法があります。シフトボタンを押しながらノードを2つのノードの間にドロップするか、エフェクトを接続するノードをクリックして、追加するツールを選択します。新しいノードは、選択したツールに自動的に接続します。また、ノードウィンドウの任意の場所にノードを追加して、ノードの出力を別のノードの入力にドラッグすることによって手動でノードを接続することもできます。

最も一般的に使用されるツールは、2Dまたは3Dマージノードです。このノードは、ノード・エディター上のツールを単一の出力に結合する中央ハブのようなものです。

マージノードには、サイズ、位置、およびブレンドの設定など、入力の管理方法に関するコントロールがあります。これらの設定は、マージノードが選択されているときにインスペクタパネルですべてアクセスできます。

ノードパネルの上にあるツールバーには、最も一般的に使用されるツールがアイコンとして表示されます。このアイコンをクリックすると、ノードを追加するか、ツールをノードパネルにドラッグできます。利用可能なツールをすべて表示するには、左上の「エフェクトライブラリ」をクリックし、「ツール」オプションを展開します。ここではカテゴリごとにソートされたすべてのツールや、レンズのフレア、シェーダー、背景など、使用可能なプリセットされた「テンプレート」のセットがあります。

ヒント ツール名に慣れたら、Shiftキーを押しながらキーボードの「スペースバー」を押すと「選択ツール」メニューが表示されます。ツールを入力すると
メニューには関連するツールが表示されます。これは、あなたが望むツールを選択する非常に速い方法です。

インスペクタパネルを使用したノードの調整

インスペクタパネルを使用してノード設定を調整します。変更したいノードをクリックするだけで、パネルが更新され、その設定とコントロールが表示されます。

フュージョンでは、編集中のノードを表示する必要はありません。ノード内のノードを変更したり、ノードを変更したりすることができます。たとえば、マージノードがビューア内にあるときに ‘text +’ノードのサイズと中心位置を変更して、背景を基準にテキストを表示できます。

選択されたノードは赤い境界線で表示されます。ここでインスペクタパネルには、テキストノードのレイアウトタブコントロールが表示されます。

サイジングと中心の位置から、エミッタノードのパーティクルの数の変更まで、タスクに応じてノードごとに調整できるさまざまなパラメータと設定があります。キーフレームを設定し、時間の経過と共に設定を変更すると、エフェクトがアニメートされます。

キーフレームの操作

インスペクタウィンドウで、設定を右クリックし、コンテキストメニューから「アニメーション」を選択して、キーフレームを設定します。設定の右側にあるキーフレームアイコンが赤くなります。これは、キーフレームが現在アクティブであることを意味し、変更は現在のフレームにのみ適用されます。別のフレームで設定パラメータを変更して2つ以上のキーフレームを作成すると、それらの間にトランジションが挿入されます。キーフレームアイコンの両側にある矢印を使用すると、再生ヘッドをタイムライン上の正確な位置に移動できます。

スプラインパネルでは、キーフレームアニメーションをさらに制御できます。キーフレームを選択したり、
「shift」+「s」をタイプするか、またはキーフレームを右クリックして「smooth」を選択して、それらの間のアニメーションをベジェ曲線に滑らかにします。

ここでは、「サイズ」のキーフレームアニメーションがベジェ曲線にスムージングされています。ベジェハンドルをクリックすると、カーブを短くまたは長くするか、キーフレームの四角形のアイコンをクリックしてキーフレームの位置を移動できます。