福岡オートコレクション2019を撮影してきて思ったこと

2019年2月24日に福岡ヤフオクドームにて福岡オートコレクション2019を撮影してきました。

このオートコレクションにはモデルの友人も参加しているということで、気合を入れて撮影に望みました。

福岡であるモーターショーは久しぶりで、どの機材を持っていくか凄く悩みました。
いつもは、とても人が多く出来るだけ軽い機材で動きやすいほうが良いのでREMOVU K1とInsta360ONE パナの4Kビデオカメラの3台で撮影しようかとも考えましたが、折角モニターまで導入したので、ここは重たくてもBMPCC4Kを使おうと前2機とBMPCC4Kの3台を持っていきました。
そして一番悩んだのがバッテリーです。
いざという時の為に、バイクには積んでおこうと持っていくことにしました。そして三脚は邪魔だろうと思い持っていきませんでした。
そのかわり小型三脚と一脚の組み合わせで持っていきました。

ヤフオクドームへ着いてから、中は暑いだろうと思って着てきたジャンパーをバイクに入れてカメラもバックから出し、少しでも身軽な格好をして会場へ行ったのですが、それが失敗の始まりでした。

会場は、以外にも人が少なく寒い。多少震えながら、友人の待つバイクのハーレーブースに向かいました。
その途中、球場の片隅でカメラのセットアップを始めたのですが、モニターのアームが入ってない。
そんな時のために、コールドシューにつけるアダプターも忘れてきています。
結局モニターは使えずじまい、ガッカリです。


いきなり戦意喪失しましたが、K1やInsta360ONE iPhoneもあるので、気を取り直してブースへ行くと友人が待ってくれていました。
まだ10時にもなってなく人も少なかったので撮影を始めると、流石にニワカカメラマンたちが集まってきて撮影会のようになりました。

撮影を一度切り上げて、他のブースも見て回っている途中でポケシネが珍しいと、写真を撮らせて欲しいと頼まれたり内容を聞かれたりとカメラ談義もしてきました。

私は、車よりバイクのほうが好きなのでバイクのブースで色々物色していると、インディアンと言うメーカーのバイクがあり、全然知らないメーカーだったので話を聞くと、バイク好きのおじさんが丹精込めすぎて高額になったため採算が合わず、2度潰れたメーカーだと説明を受けました。
それでも、買い取った会社が色々と努力した結果、適正価格になり売れるようになったとか。
とても綺麗な出来だったので、多くの時間そこで撮影していました。

このコレクションで一番残念だったのが、キャンギャルが殆どといっていないこと。
カタログを持った女性も、あまり撮影はして欲しくない素振りでした。

コンセプトカーやカスタムカーそしてキャンギャルがいない事もあって、入場者が少ないのだと納得した次第です。

 

さてBMPCC4Kを使って撮影した感想ですが、今回24P/60Pで撮影したので、手ブレもそんなに気にならず、DaVinciでスタビライズもしていません。
出来るだけ、映画のような雰囲気で撮ってあげたいと言う思いもあり、ちゃんとホワイトバランスも合わせてから撮影しました。
わざとライトの逆光の中に被写体を入れたりして撮ってみましたが、EFレンズとアダプターの組み合わせで使っているため、AFが効かずピント合わせに苦労しました。人にはフォーカスアシストが効きにくいのでしょうか?モニターも忘れたためピンぼけの映像も多分にありました。
そして、問題のバッテリーですが、やはり純正バッテリーだと途中で切れることが多々あり不安で仕方なかったのと、寒かったのでバイクまで取りに行きました。
今度は邪魔な一脚を置いて、バッテリーをカバンに入れ、ジャンパーを着て午後からの撮影に望みました。
やはり、バッテリーを気にしなくてよいのは本当に有り難いですね。

ずっとつけっぱなしでしたが、4つあるインジケーター最後まで4つでした。
こうなると、重さも不思議に感じないもので、安心感で軽くなるのか?と不思議な気持ちにもなりました。
メディアがSAMSUNGのT5 500GBになってから、駒落ちするようになりました。
このメディアはDNG3:1に対応しないのですね。買った後に1TBじゃないと駄目と聞いて、カタログと違うじゃないか?って思ったことを忘れてました。仕方がないのでProResで撮影することに。早くBMRAWをと願う次第です。

友人の撮影と、バイクの撮影、車の撮影と次々に行いました。
途中、K1で撮影したり、すこしだけInsta360ONEとiPhoneでも撮影しました。
結果、やっぱりBMPCC4Kの映像が一番好きでした。
私のような下手くそが撮っても、それなりになるのですから凄いですよね。
これからはメインで使っていきたいと思います。

 


新発売のFeelworld F6s 5.7インチIPSモニター届きました。

本日Feelworld F6s 5.7インチIPSモニターが届きましたが、過度な期待をしていた為に少し期待はずれでした。

BMPCC4Kに取り付けてみました。
電池が重すぎて少し斜めになります。
ネジを締めすぎると壊れそうで怖いです。
絵は綺麗ですが、カメラのような表示にはなりません。(これは設定の仕方がわかっていないのかもしれません)
ダミーバッテリーを使ってみると、使うことは可能でしたが、すぐに電圧が下がりカメラが停止することになりました。
カメラに電気を送っている時はモニター側の電池表示が80%になり、カメラ側の電池表示も赤い警告表示となりました。
ダミーバッテリーを外すとモニター側の電池表示は100%に戻ります。
XC10やEOS7Dでは上手く動くのかもしれません。


グリッド線は、モニター本体が出力してくれます。


モニターを取り付けると、コードでグリップが握りづらくなりました。
モニターとグリップの配置を考え直す必要があるようです。
付属のコードではBMPCC4Kと接続することが出来ません。
その時のために、カールコードを予め用意していました。

レンズ側から見ると、バッテリーが大きいことがわかります。
このバッテリーの重さのためにネジの取り付け部分が不安です。
自作で作り変える必要性も感じております。
アーム自体は良い出来だと思います。

XC10では撮影時のモニタリングが出来ませんでした。
再生のみ使用できました。これはカメラ側の問題なんでしょうね。

EOS7Dではライブビューにすること無く画像がモニタリングできるので撮影しやすいのではと感じました。

 

実際は、この価格でこれだけの物が買えるのは大変有り難い事だと思います。
たまたま、SmallHDなどのインプレ映像なんかも見ているので、価格は全然違いますが、ちょっと物足りなさを感じてしまいます。
それはそうですよね。このモニターなら何台も買える価格なんですから。
一番ガッカリしたのは、やはりBMPCC4Kの電源として使えなかったことですね。
一石二鳥を狙っていただけに、失敗だと感じてしまいました。
まあ、最初の計画通り配線の取れるバッテリーをこのモニターに取り付ければ良いことなんですよね。
ダミーバッテリーは他のカメラにも使えるから良しとします。
本来は動画で説明する予定でしたが、途中から、ちょっと雲域が怪しくなりガッカリすると共に動画の編集をする気が起こらなくなりました。
実際に使ってみて、気分が変わってきたら、その映像も付け加えたいと思います。
まだよく設定の仕方もわかっていないので、これから実力を発揮するのかもしれません。
まずはファーストインプレッションと言う事でよろしくおねがいします。

最終的には、この形で三脚に乗せて使うのが一番のような気もします。
ハンドヘルドでは、ちょっと厳しいかな。(勿論出来ないことは無いですが)

 

今後が気になる磁気カメラスタビライザーSteadyCross

久々に面白いスタビライザーのニュースが報じられました。

 

SteadyCrossは「渦電流を使用する最初の3軸ジンバル」を発表しました。

このバランスのとり方を見ると、アナログスタビと同じような感じですが、止める機構などが進化しているようです。
見た感じアナログスタビが出だした頃、棒の一番下におもりを付けて、ハンドルだけを付けた原始的な感じを思い出すのですが
地球ゴマのようにおもりを回転させることで自立させる機能付きのようですね。
電源が入るのかと思いきや、それはなさそうなので、一度回転させると、マグネットの力で回り続ける機能なのかもしれません。
私も同じような発想をしたことはありますが、電源無しで回るおもりを作ることが出来ずに断念したので、とても感心しました。
価格も3万円程度で買えるようなので、スタビ好きな方々はとりあえず手に入れるのかもしれないですね。

SteadyCrossはIndiegogoキャンペーンで、249ドルで予約することができるそうだが、私は2度ほど酷い目にあっているので、ちゃんとした評価がない限りキャンペーンで手にとることは無いです。

SmallRig トップハンドル 1955を導入しました。

SmallRigのハーフケージを導入するときに随分悩んだトップハンドルでしたが邪魔になるかもと導入をためらいました。
しかし実際にハーフケージを導入してみると、バックからの出し入れが以外にやりにくいことに気が付きました。
今回、モニターを導入することになってカメラシューを新しく仕入れることも考えましたが、バランスを考えるとトップハンドルにモニターとLEDライトを取り付けるのが一番効率が良くなるのではと考え、AMAZONから仕入れてみました。


それと一緒にレールを取り付けることでサイドハンドルになることをYouTubeで見つけたのでついでに仕入れました。

シューはトップハンドルにも2つ付いているのでいらないかとい思いましたが、違う場所につけたくなるかもしれないので、一緒に仕入れました。


持ち手のネジを緩めることで形を変えられるのがとても便利です。

サイドにレールを取り付けることでトップハンドルがサイトハンドルにもなります。
これはYouTubeに出ていたアイデアを頂きました。

レールはこんな感じで取り付けました。

 

モニターは20日以降の到着なので、手持ちの7インチモニターを付けたらバランス悪くて使いづらかっらです。日除け代わりになってカメラのモニターはとても良く見えました。
不幸中の幸いです。

一番下のみかん袋に入れているのが外部電源です。
多少熱を持つので、網に入れて使っています。
外部電源のおかげで、バッテリーの心配すること無く使うことが出来ています。

 

使用感は、とても良いです。
軽いし、バックからカメラを取り出すのがとても楽になりました。
サイドハンドルにすることで手持ちの撮影時は安定感も増しました。
トップハンドルにすると、簡易的なスタビにもなりそうです。
モニターの取り付け方でバランスを取れるようにしたいです。

 

BMCC4Kメニューにあって使えない気になる機能 IMAGE STABILIZATION


BMPCC4Kのメニューにはあるのですが動作しない機能があります。

BMPCC4Kが発売されるときに、BMDの太郎さんから、もしかしたらカメラに手ブレ防止機能を付けて出すかもしれないと言う極秘?情報を仕入れていました。
しかし、残念ながら手ブレ防止機能のメニューは有りながら、動作しないものでした。
今後、動作するようになるのだとは思いますが、どういう仕組なのかが気になります。
最近、360度全天球カメラの手ブレ防止機能は、ブレたデーターをソフトで編集する事が出来るようになっているので、BMPCC4KもこのスイッチをONにすることで、データが蓄積されるのではと想像しています。
早く使えるようになると嬉しいですね。

 

不具合の原因はViltroxのバージョン3.0以降でした。

昨日ダウングレードしたBMPCC4Kのファームウエアですが、問題が解決したのでBlackmagic Camera 6.1にアップデートいたしました。

 

先程Blackmagic Desin御中からメールを頂き不具合の出ているViltroxのファームウエアをダウングレードしてみて欲しいと頼まれて、やってみるとアイリスが消える不具合が良くなりました。

ファームウエア3.0以上がBlackmagic Camera 6.1と相性が悪かったようです。
もし同じ現象が出た方は、お試しください。
これで問題なくBlackmagic Camera 6.1が使えて良かったです。

Blackmagic Camera 5.2にダウングレードした訳

Blackmagic Camera6.1から5.2にダウングレードしました。

昨日Blackmagic Camera 6.1にアップデートしましたが、アイリスが消えるというバグが出ました。

Blackmagic Desinに問い合わせてみると、そういう症状が再現されなかったと言うことで、他のレンズをつかってみるか、ダウングレードを試してほしいとの答えを頂きました。

残念ながら、レンズはEFレンズしか持っておらず、マイクロフォーサーズレンズを使うことが出来ないので、これは試すことが出来ませんでした。

ダウングレードでは、ちゃんとアイリスが表示され使うことが出来るようになったので、もう一度アップデートしてみました。

結果的には、アイリスが消える症状が出ました。

私は、安価なスピードブースターを使っているので、それとの相性が悪いのだと思いました。
6.0はSSDのT5を安心して使えるので、変更するのを躊躇いましたが、絞りを使えないほうが困ると言うことで5.2にダウングレードしました。
以前よりT5も認識するようになったような気がします。

今回のアップデートでは目に見える改良が加えられていたので心惜しいのですが、絞りが使えないのは困るので、しばらくこれで使っていこうと思っています。
早く解決すると嬉しいです。


Blackmagic Camera 6.1アップデート公開 

Blackmagic Camera 6.1のアップデートが公開されました。

Viltroxスピードブースターを使用している方は更新後にアイリスの表示が消え絞りが使えなくなる症状が出てしまう可能性もあります。Viltroxのファームウエアバージョンをダウングレードすることで解決しました。

このバージョンでは、ピクセルの再マッピング機能および2:1モニタリングのフレームガイドをBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kに追加、メディアフォーマットのインターフェースを改善、オーディオモニタリングを向上。さらに内蔵マイクからのよりクリーンな収録、よりスピーディな自動フォーカス、バッテリー寿命も改善されたそうです。

ダウンロードは下記から

https://t.co/bF0qI0tQD0 https://t.co/SXz2BkgtF2

 

ダウンロードしたらPCにインストールします。
カメラとPCをUSBケーブルで繋げます
Blackmagic Desain Setupを起動します。

アップデートが終わると下記の表示が出ます。
前回のアップデートの時は、カメラのアップデートの仕方がわからずアップデートしないままでした。
今回アップデートしたことでSAMSUNG T5とのリンクが確実になり心配しなくてすみます。
気がつくのが遅かったですが結果オーライです。
メニュー表示も変わっているところがありますね。
オーディオもイマイチ収録が良くなかったのが改善されたようです。
その点については使ってみてからレポートします。

BMPCC4Kユーザーへ

Pocket Cinema Camera 4Kの新機能

カメラのピクセルリマッピングのサポートを追加しました。
2:1モニタリングフレームガイドを追加しました。
改善されたメディアフォーマットのユーザーインターフェース。
オーディオモニタリングの待ち時間パフォーマンスが向上しました。
オートフォーカス性能を改善しました。
カメラ内蔵マイクのSN比性能が改善されました。
バッテリー寿命を改善するための電力効率の向上。
3.5mmオーディオ入力選択インターフェースを改善しました。
AV同期性能を改善しました。
Blackmagic Camera Setupユーティリティに接続したときにカメラの日時が更新されない問題を修正しました。
3.5mmオーディオ入力レベルが予想より6dB低くなる問題を修正しました。
Lumix 20mm f / 1.7レンズのオートフォーカスの問題を修正しました。
カメラの電源を入れる前に接続したときに一部のUSB-C外付けSSDが検出されなかった問題を修正しました。
一部のバッテリーが予想より早く電源が切れることがある問題を修正しました。
電池残量表示が正しく表示されない問題を修正しました。
特定のUSBポートに接続したときにカメラがホストコンピュータによって検出されない問題を修正しました。
ユーザーマニュアルのダイナミックレンジとISOチャートを更新しました。
メーカーサイトの日本語訳です。

新発売のFeelworld F6s 5.7インチIPSモニターをポチった訳

先日より、BMPCC4Kのバッテリー問題をどうするか、色々な動画を拝見しながら考えてみました。

何度も申していますが、既に外部バッテリーを購入していて、一応の解決策とはしています。

この外部電源を使うことで安心してBMPCC4Kを撮影出来るようにはなったのですが、用意と重さには難点があります

そこで以前紹介した、この映像を参考に考えてみました。

Powerextra 多機能バッテリーパック パワーバンク Sony NP-F970、NP-F975、NP-F960、NP-F950、NP-F930 のバッテリー及びスマートフォン用USB出力付き

そして、この商品を使ってみたいと思いました。

この商品は充電池でありながら、USB出力とDCアウトプット6V-8.4Vのコネクターが付いています。
これなら軽いので、持ち運びや取り付けても重くないかと考えたのですが、取り付けるアダプタが必要となります。

 

SMALLRIG BMPCC/ BMCC/ BMPC用DVバッテリープレート12Vアダプター1765 [並行輸入品]

取り付けにはこれを使って、コードは下記の製品を使おうかと考えました。

 

D DOLITY DCカプラー電源ケーブル Blackmagicポケットシネマカメラ 4K用アクセサリー

 

それともう一つ候補がありました。

 

キヤノンEOS 5D 7D DSLRカメラ用フルデコードLP-E6ダミーバッテリーNP-F970 770マウントプレートアダプター7.4V

この方が場所を取らないかもしれないと思ったのです。

しかしながら、今ひとつ何か足りない気がして、白紙に戻して考えてみました。

 

その映像に写っていたモニターが気になり調べてみると、YouTubeにも沢山の映像が出ていてYouTuberには絶対オススメのモニターと評判でした。

 

検索をかけてみると楽天市場にも新商品が売られていました。

Feelworld F6sという商品名でした。F6との違いはわかりません。同梱品の違いかも。

【新発売&正規品&日本語設定】Feelworld F6s 5.7インチIPSモニター フルHD撮影モニター 1920×1080 オンカメラビデオモニター フィールドモニター  4K HDMI信号入力 カメラに電源供給可能 DSLR デジタル 一眼レフカメラ ビデオカメラ用

新製品の為、YouTubeの動画にもUPされていませんでした。

パッケージ内容:
1 *モニター
1 *マイクロHDMIケーブル
1 *サンシェード
1 *ティルトアーム
1 *マニュアル
1 *ポータブルバッグ
ソニーNP-F960用1 *バッテリーパック
1 * Canon LP-E6ダミーバッテリーアダプター
1 *ミニHDMIケーブル
1 * Pergearクリーニングキット

同梱品を見ると、モニターの価格は幾らなんだろうと思いました。

なんと言ってもバッテリーからカメラに給電出来るのが有り難い。
ソニーのビデオを使っていたので、バッテリーは持っていますし付属品も付いてくるから、わざわざPowerextraを購入する必要もないと考えました。
持っているカメラがEOS7DとXC10にBMPCC4Kなので、どれでも使えるのが本当に有り難いし、BMPCC4Kのモニターが見にくい問題も一挙解決することに気が付きました。
バリアングルで見ることができるし、サンシェードも同梱されているので日が当たったら違う方向で見れば良いですからね。
そして、日本語表記だということが一番印象が良かったです。
そう考えると、いても立ってもいられすポチることになりました。

ただ、問題が無いわけではありませんでした。
春節の間、1週間ストアが休みのため、手に入るのは2月20日以降になるとアナウンスがあったこと。
(1日ポチるのが遅かった。)
しかし、店の配慮としてポイントが倍になるとアナウンスがありました。

私は楽天のダイヤモンド会員でROOMもやっているため、スマホアプリを使えば2000ポイントは頂けます。それが2倍なのかはわかりませんが、300円のクーポンも付いていたので実質1万円台で収まりそう。
私が以前購入したLILIPUTの7インチは3万近くした覚えがあります。
機能は全然良くなっているのですが、7インチ持っているだけに勿体無い気もしました。
いつもの勢いでポチってみましたが、どうなることでしょう。

到着次第、レポートを書いてみたいと思います。

 

 

日本のBMPCC4Kオーナーも工夫されています。

これまでは、海外のBMPCC4Kオーナーの工夫を見てきましたが、日本にも工夫されている方はいらっしゃいます。

yasu mizuさんの動画ではスタビに取り付ける工夫が満載で、とても勉強になります。

皆さんバッテリーには苦戦されているようで、軽くて容量の多いバッテリーを探して導入されています。
こちらでは、パソコン用のモバイルバッテリーを使われているとか、放熱効果なども工夫されているようですね。
スマホの使い方も秀逸で、専用アプリを使ってフォーカスまで合わせていらっしゃいます。
見るからに重そうなのですが、縦ブレもなく綺麗な映像を撮影されていらっしゃいます。

私は目指す所が違うので、真似できるとするとバッテリーなのでしょうね。
モニターフードも欲しいかな。
スタビをもし使うとすれば、昔のアナログスタビを持ち出すと思います。
重いの苦手なので、ベスト使ってアナログスタビ撮影も懐かしくて楽しそうです。
今は、三脚とスライダーが自分にはベストだと思っています。
それでも持ち運びが重たいので、カメラは出来るだけ軽くしたい。
そうすると、前回にやったソニー用のバッテリーを使う方法が一番ベストのような気もします。
皆さんの工夫をこれからも沢山見ていきたいです。

DaVinci Resolve 15トレーニングブック 決定版ガイドが公開中。

DaVinci Resolve 15を使っている人ならご存知と思いますが、無料で決定版ガイドがPDFでダウンロード出来ます。

以前から不可解なメーカーだと思っていましたが太っ腹と言うか何というか?

興味のある方をここをクリック

DaVinci Resolveは、殆どの機能を無料版で使えますしカメラを購入すると無料で付いてきたりもします。
BMPCC4Kにも無料添付されていますが、本来カメラを10万円以内で出す予定が無理となったので、ソフト付けちゃおうとなったらしいです。
BMPCCも半額で売り出されたことがあったり、DaVinci Resolve有償版も半額以下になったりと摩訶不思議なメーカーですね。
だから好きだとも言えるのですが、慌てて買っちゃうと損することもあります。
頑張って勉強しないと^^;